豪華絢爛!イスラム文化を象徴する装飾が美しいイランの観光スポットまとめ

古代遺跡や美しい装飾のモスクが点在し、過去と現在を紐解くスポットが魅力的なイラン。街の宗教施設では、文化や伝統の発展を体感することができます。今回は世界遺産巡りが楽しめるイランの観光スポットをご紹介します。

Compathy Magazine編集部が送る
\ 今月のおすすめ記事! /

マスレー村(ギーラーン)

Masouleh

主要観光スポットから足を延ばし、独特な住居が絶壁に並ぶ「マスレー村」。急斜面に建てられた建物では、生活をする住居だけでなく商店などが立ち並んでいます。イランの伝統的な料理が食べれるカフェや、人形や雑貨などお土産に選びやすい商品が販売されています。

「マスレー村」に訪れるためには、首都テヘランから約6時間ほどの道のりを進むことになります。

■スポット情報:マスレー村(Masouleh Village)
住所:Masuleh, Gilan Province, イラン
Googleマップ:Masuleh

 

ラムサール宮殿博物館(マーザンダラーン)

カスピ海沿岸の都市ラムサールにある「ラムサール宮殿博物館」は、噴水と庭園が美しいスポット。パフレヴィ―朝時代のレザー・シャーによって建設された宮殿で、宮殿内の装飾品や展示品は見ごたえ十分。ヨーロッパ各地から輸入された品々からは、シャーの趣味などを垣間見ることができるでしょう。

■スポット情報:ラムサール宮殿博物館(Ramsar Palace Museum.)
住所:Mazandaran Province, Ramsar, Rajaei St, イラン
公式・参考サイト:ラムサール宮殿博物館
Googleマップ:ラムサール宮殿博物館

 

1 ... 10 11 12
shry

shry

世界の様々な音楽を聴いて、あらゆる時代の絵画や彫刻を鑑賞しながら世界を飛び回るのが夢。芸術作品に触れながら、新たな発見と感性を高めるために日々奔走中。



関連する旅行カテゴリ

# イランの旅行記・ブログ # イランの観光

関連する旅行記事