豪華絢爛!イスラム文化を象徴する装飾が美しいイランの観光スポットまとめ

古代遺跡や美しい装飾のモスクが点在し、過去と現在を紐解くスポットが魅力的なイラン。街の宗教施設では、文化や伝統の発展を体感することができます。今回は世界遺産巡りが楽しめるイランの観光スポットをご紹介します。

今ならおトクなキャンペーン実施中!
\ CompathyGOバーチャル旅行、はじまりました! /


こんにちは。Compathy Magazineライターのshryです。
中東の国イランは、古代アケメネス朝時代の遺跡が数多く点在している世界遺産に溢れた国。日本からの直行便の発着はしておらず、約12~13時間という長時間フライトを経て訪れることができます。訪れる街で出会うモノやコトは新鮮に感じることでしょう。

各観光スポットでは、撮影禁止や服装に注意を払う必要がある場所が多数あります。事前にチェックをして楽しいイラン観光をしましょう。

 

■目次

1ページ目: イランのおすすめの観光スポット①: イマーム広場、イマーム・モスク

2ページ目: イランのおすすめの観光スポット②: ペルセポリス、バムとその文化的景観

3ページ目: イランのおすすめの観光スポット③: カーペット博物館/絨毯博物館、マスジェデ・ナスィーロル・モスク/ピンクモスク

4ページ目: イランのおすすめの観光スポット④: ハージュ橋、沈黙の塔

5ページ目: イランのおすすめの観光スポット⑤: タフテ・ソレイマーン、エスファハーンのマスジェデ・ジャーメ

6ページ目: イランのおすすめの観光スポット⑥: ビストゥーンの碑文、タブリーズのバザール

7ページ目: イランのおすすめの観光スポット⑦: フィン庭園、スィー・オ・セ橋

8ページ目: イランのおすすめの観光スポット⑧: ジャメモスク、ゴレスターン宮殿

9ページ目: イランのおすすめの観光スポット⑨: 国立宝石博物館、パサルガダエ

10ページ目: イランのおすすめの観光スポット⑩: エマーム・レザー廟、イランのアルメニア修道院群

11ページ目: イランのおすすめの観光スポット⑪: マスレー村、ラムサール宮殿博物館

12ページ目: あわせて読みたい!イラン観光の旅行記ブログ

 

イランのおすすめ観光スポットマップ(Googleマップ)

マップを拡大して表示

イマーム広場(イスファハン):イスラム社会の発展を象徴する美しい広場

Esfahan, Masjed-e Sheikh Lotfallah

 

1979年に世界遺産に登録された「イマーム広場」。16世紀末には、サファヴィー朝アッバース1世が首都をイスファハンに置きました。”イスファハーンは世界の半分”と言われるように、街の繁栄はバザールやイスラム芸術によって彩られた寺院等から垣間見ることができます。

広場内には、「マスジェデ・イマーム」や「アリー・カプー宮殿」など美しい建築物が立ち並びます。また、イマーム広場にはバザール(市場)があるため、食材を求めて地元の人々が集います。イランらしさを感じるお土産の購入時には、人との交流の温かさに触れることができます。

■スポット情報:イマーム広場(Meidan Emam)
住所:Isfahan Province, Esfahan, نقش جهان، イラン
公式・参考サイト:イマーム広場
Googleマップ:イマーム広場

 

イマーム・モスク(イスファハン):華麗な文様に言葉を失う”王のモスク”

イマーム広場の南側に位置する「イマーム・モスク」は、精緻で華麗な文様が美しい巨大モスクです。建設当時に繁栄をしていたサファヴィー朝アッバース1世に由来し、”マスジデ・シャー(王のモスク)”と呼ばれていました。

モスク内部の装飾は、鍾乳洞を彷彿とさせるようなムカルナス(蜂の巣状装飾)が施されています。モスク全体が印象的な青色と黄色で装飾されており、天井を見上げると思わず言葉を失ってしまうことでしょう。内部の見学時には、肌を露出しないようにカーディガンやストールの準備がしてあると安心です。

■スポット情報:イマーム・モスク
住所:Isfahan Province, Isfahan, イラン

 

1 2 ... 12
今ならおトクなキャンペーン実施中!
\ CompathyGOバーチャル旅行、はじまりました! /


shry

shry

世界の様々な音楽を聴いて、あらゆる時代の絵画や彫刻を鑑賞しながら世界を飛び回るのが夢。芸術作品に触れながら、新たな発見と感性を高めるために日々奔走中。



関連する旅行カテゴリ

# イランの旅行記・ブログ # イランの観光

関連する旅行記事