自然のスポットが豊富!水郷地帯の町・弥富のおすすめ観光スポット20選

豊富な水資源、水郷地帯特有の漁具を使用した漁業、そして特産の金魚養殖と白文鳥発祥の街として有名な弥富市。ハスの花や芝桜の名所などのスポットも見逃せません。今回はそんな弥富のおすすめ観光スポットを紹介します。

今ならおトクなキャンペーン実施中!
\ CompathyGOバーチャル旅行、はじまりました! /


こんにちは。Compathy MagazineライターのKoheiです。
愛知県の西南部に位置し、水郷地帯として有名な弥富市。弥富市は金魚の養殖、白文鳥発祥の地、ハスの花・芝桜の名所など自然に関係する観光スポットがたくさんあります。
また、国の重要文化財に指定されている神社や、ユネスコ無形文化遺産に登録された祭りなど見所が豊富です。弥富市を訪れる際はぜひ参考にしてみてくださいね。

 
 

弥富のおすすめ観光スポット地図 (Googleマップ)

マップを拡大して表示

 

弥富市にあるおすすめの観光スポット


弥富市歴史民俗資料館:新田開発の歴史や弥富特産の金魚・文鳥の展示物など見所たくさん

Provided by foursquare-icon-16x16

近鉄・名鉄・JR弥富駅から歩いて約15分の場所に位置し、水とかかわりの深い弥富市の郷土の歴史、民族、産業、自然などを展示している「弥富市歴史民俗資料館」。
かつて水郷地帯としていたるところに水路が流れ、豊富な水資源、漁業や海苔の養殖、そして特産の金魚養殖といった産業が発達してきました。

館内のロビーに足を踏み入れれば、まず22種類の金魚が泳ぐ姿が目に入ります。江戸時代から続く弥富の金魚養殖、全国の金魚のほとんどの種類がこの地から生産されていることから、金魚との関わりの深さを感じることができるでしょう。
1階展示室では、主に新田開発の歴史と文化財について紹介しており、2階の展示室「シアターやとみ」やビデオコーナーで弥富と金魚の関わりについてさらに楽しく学ぶことができます。

その他にも水郷地帯特有の農具や漁具、また金魚に並び、弥富の特産として有名な文鳥に関する展示もされています。入場無料は無料なので弥富の歴史、金魚・文鳥に興味のある方はぜひ訪れて見てください。

スポット:弥富市歴史民俗資料館
住所:愛知県弥富市前ケ須町野方731-1
電話番号:0567654355
営業時間:午前9時~午後4時30分
休館日:月曜日、火曜日、祝日の翌日、年末年始(12月28日~1月4日)
公式・参考ページ:弥富市歴史民俗資料館
Googleマップ:弥富市歴史民俗資料館

 

1 2 ... 11
今ならおトクなキャンペーン実施中!
\ CompathyGOバーチャル旅行、はじまりました! /


Kohei Saito

Kohei Saito

大学在学中にイギリスのロンドンと台湾の南投に留学してました。皆さんのお役に立てる記事を書いていきたいです。



関連する旅行カテゴリ

# 愛知の観光 # 日本

関連する旅行記事