ベトナムの代表的な魚醤(ナンプラー)「ヌックマム」を産む、リゾート地「ファンティエット」をご紹介!

"ヌックマム"をご存知でしょうか。ベトナム南部のリゾート地であるファンティエットの代表的な調味料で、ベトナム料理には欠かせない大事なもの。聞きなれない食材を口にすることが旅の醍醐味でもあります。どのような調味料なのかをお教えします!

こんにちは。Compathy Magazineライターyuichiです。今回の記事では、ベトナムの穴場リゾート地である”ファンティエット”をご紹介します。ベトナムのリゾート地といえば中部ダナン、中南部のニャチャン、また近年ではベトナム中部の高原地帯に位置するダラットが有名です。

ファンティエットは商業都市ホーチミンシティーから南に約200km走ったところに位置しています。ムイネー砂丘という広大な砂丘が広がり、ビーチ沿いには高級リゾートホテルが立ち並びます。そしてファンティエットは観光リゾートという華やかな面もありながら、少し郊外に行くとベトナム人の生活に必要不可欠な塩の一大生産地、そして魚醤(ヌックマム)の工場が存在しています。

リゾートでの贅沢な滞在しつつ、ローカルな漁村、そしてベトナム食文化の根源と言っても過言ではないヌックマム工場、そして塩田の景色を見るのがファンティエットの醍醐味でしょう。

 

ムイネー砂丘

ファンティエットといえば砂丘が広がるムイネー地区です。砂丘と漁村のコントラストがとても美しいですよ。ムイネーにはイエローサンデューン(黄砂の砂丘)とホワイトサンデューン(白砂の砂丘)の2つがあります。

ムイネーでは靴が砂丘に埋まりながらもできるだけ高い砂丘の丘に登りサンセットを楽しむのがおすすめです。砂丘では現地の子供がプラスチックの板を持参し砂丘でそり遊びをしている光景がとても印象的でした。観光客ばかりかと思って訪ねましたが現地人とのふれあいも楽しめて大満足の砂丘見学となりました。

ベトナム・ファンティエット(ムイネー砂丘)を訪ねたCompathy旅行記ブログ
■ Mikan Hana「ちょっと人と違うローカルなリゾートへ!ベトナムホーチミンからムイネービーチへ★
 

塩田の景色

ファンティエットはベトナムを代表するリゾート地ですが、一方でベトナム人の生活にかかせない塩の一大生産地でもあります。高級リゾートホテルから車で10分も走れば多くの塩田があり古くからの伝統的な製法で日々塩の生成が行われております。

プロセスはいたってシンプル。海から塩田に海水を引き天日にさらし塩の結晶を凝縮していくという方法です。手作業で丁寧に進められているというから驚きです。ファンティエットを訪ねたらぜひ塩田を散策してみてください。

私が思うに、ベトナム人は塩好きだと思います。ベトナムの定番お土産にもライム塩があり、魚介類のグリルに絶妙にフィットします。ベトナム料理はフランス、中華の影響を受けながらも独自の食文化を形成しております。味覚も洗練されているため、新鮮な食材は塩でさっぱり食べるという文化が根付いたのかもしれません。

ベトナム・ムイネー砂丘の塩田訪れたCompathy旅行記ブログ
■ Shino Ichimiya「ベトナム縦断1ヶ月/商いの花が咲く国
 

ヌックマムの一大生産地

皆さん、そもそも”ヌックマム”とはご存じですか?
ヌックマムとはイワシなどの小魚を塩漬けにして熟成させて抽出したエキス(魚醤)のことで、東南アジアでは広く使われている調味料のことです。ベトナムではヌックマムですが、タイでは「ナンプラー」と呼ばれています。

フーコックは、ベトナムを代表するヌックマムの産地。しかし、ファンティエットもヌックマムの一大生産地の一つなのです。製造工場の中には、見学が可能な場所もあるので訪れてみるとよいでしょう。
味や香りにちょっとクセがあるヌックマムですが、慣れると癖になる味です。ベトナム料理にとても合います。ベトナム旅行にあたって、ヌックマムの味を受け入れられるかどうかによって旅の満足度は大きく変わると経験上認識しております。

お好きな方は、ファンティエットで工場見学してみてはいかがでしょうか。
強烈な匂いが充満しておりますが、これも本当のベトナム。ヌックマムを制するものはベトナムを制するです。

 

おわりに

有名な観光スポットに訪れるだけでなく、現地ならではの食材を手に取り食すのが旅の醍醐味。「ヌックマムを制するものはベトナムを制する」と思ったように、初めての味や料理は旅をより豊かにします。ベトナム料理を堪能してみてはいかがでしょうか。

KudoYuichi

KudoYuichi

かつては海外添乗員として働き60カ国以上を訪問しました。 その時の経験をもとにいろいろな情報を皆様にご提供できればと考えております。 現在は地元北海道で外国人向け英語ガイドとして働いております。



関連する旅行カテゴリ

# ベトナムの観光 # ベトナムの旅行記・ブログ

関連する旅行記事