ベトナム中部の街ホイアン。素朴な旧市街が人々を魅了する理由とは?

こんにちは。Compathy Magazineライターのyuichiです。
ホイアンはかつて朱印船貿易で栄えた町で、旧市街には日本人街も存在していたベトナム中部の街です。
1999年に旧市街が世界遺産に登録され、世界中から多くの観光客が訪れるようになっています。

筆者は添乗員の仕事柄、何度もホイアンを訪れていますが、不思議と何度行っても飽きることがないのです。
添乗員としてご案内するお客様に聞いても、ホイアンは気に入っていただける確率が高いベトナムの観光地だと認識しています。
それでは、なぜホイアンはそこまで旅行者を魅了し、愛されるのかを分析したいと思います。

 

魅力的な「旧市街」: 文化遺産タンキーハウスと日本・中国の折衷建築様式が数多く残る

写真は文化遺産に登録された「進記家(タンキーハウス)」という築200年の古い家で、ホイアン旧市街の中でも断トツで人気のある観光スポットです。
この家は、かつて栄華を誇った中国人の子孫たちが古い家屋を先祖からの遺産として受け継ぎ、手入れをしながら使い続けてきた歴史的建造物なんです。

装飾や模様などに中華建築の特徴が顕著に表れる一方、支柱の置き方や天井を支える梁の組み方などは日本の建築様式を思わせます。
日中の建築様式が調和した内部の柱や格子にまで彫刻や工夫が凝らされ、じっくり見れば見るほど当時の建築技術のすばらしさを垣間見ることができるのです。
ホイアン旧市街にはこのタンキーハウスのような日中の折衷様式の建物が多く残っています。

 

ベトナム・ホイアンにある「日本橋」

来遠橋(日本橋)という、その名の通り日本人が造ったと言われる橋も存在しています。
食文化についても、日本人がもたらしたとも言われているうどんの文化が今もホイアンに残り、「カオラウ」と呼ばれ現地の名物料理となっているそうです。
このようにホイアンには日本を感じるものが多くあるのも特徴ですね。
我々日本人が街中を歩いていてどこか親近感を覚えるのは、このような歴史的背景が無意識のうちに作用しているのかもしれません。

ベトナム・ホイアンに訪れたCompathy旅行記ブログ
■ Salt Mint「ベトナム縦断旅行 & おすすめスポット! ホーチミン・ダナン・ホイアン・フエ・ハノイ
 

夜の程よい活気と幻想的なランタン達

ベトナムを旅していると人々のエネルギッシュな喧騒とパワーには圧倒されます。
大都会ハノイ、ホーチミンを旅してきた人にとっては、時にその喧騒が鬱陶しいと感じることがあるかもしれません。私も一時期そう思ったことがあります。

しかし、ホイアンではそれら大都会のような喧騒がありません。旧市街の中もバイクは通りますが、バイクの絶対数が少なく、皆クラクションも控えめで観光するにも落ち着いて歩くことができます。
これが都会を歩くとこうはいきません・・ どこを歩いていても、いきなりバイクが突っ込んでくることがあるくらいですから・・!

 

のんびりと幻想的な夜の街を散策できる

ホイアンでは日中、夜いずれものんびりとリラックスして旧市街の散策を楽しむことができます。そして何と言っても旅の印象に残るのは旧市街の夜のライトアップと幻想的なランタンです。
店先ではそれぞれの店が厳選したユニークでカラフルなランタンがライトアップされ、静かな夜のホイアンの街並みに見事に調和します。

治安も良くかわいらしいブティックも夜遅くまで空いているので、ついつい時間を忘れて散策を楽しんでしまいます。
日本人が快適に過ごせるレベルのホテルが旧市街から徒歩圏内にたくさんあるというのも高評価です!

ベトナム・ホイアンに訪れたCompathy旅行記ブログ
■ Takenobu Matsuo「ベトナム ホイアン Hội An 昼と夜
 

外国人にも入りやすいモダンなレストランとカフェ・バーの存在

ホイアンの街には入りやすくてとてもおしゃれなレストランやカフェが多く存在します。我々日本人や他の旅行者が落ち着いてホイアンを満喫できる大きな要因になっているのではないかと思います。
写真のような欧米系のカフェ・バーが旧市街の至る所にあるのです。

ホイアンでは是非2~3連泊し夜の街並みを楽しんでみてもらいたいと考えていますが、海外旅行においていきなり、ザ・ローカルな場所に入るのはなかなか勇気がいるものですよね。
ホイアンでは、そんな旅行客の不安を取り除くレベルのモダンなカフェ・レストランが多くあるのも嬉しいポイント。
まずは入りやすい場所を探し現地人と仲良くなり、翌日ローカルな場所にデビューという流れが良いのではないでしょうか。メニューも地元人が好きなものから洋食、中華等、食べやすいものも揃っていますよ。

ベトナム・ホイアンに訪れたCompathy旅行記ブログ
■ Daisuke Yamazaki「ベトナムホイアンで遅めの夏休み
 

さいごに

ホイアンは上記に挙げた魅力的なスポット以外にも、わたしたち日本人を魅了する要素がたくさんあります。
皆さんも是非、ご自身で体験し分析してみてほしいなと思います。

この記事を書いていると、またホイアンに行きたくなってしまいました。ムシムシして暑い夜に川沿いの欧米系のバーで飲んだタイガービールの味が忘れられません。

KudoYuichi

KudoYuichi

かつては海外添乗員として働き60カ国以上を訪問しました。 その時の経験をもとにいろいろな情報を皆様にご提供できればと考えております。 現在は地元北海道で外国人向け英語ガイドとして働いております。



関連する旅行カテゴリ

# ベトナムの写真 # ベトナムの観光 # ベトナムの旅行記・ブログ # ホイアン

関連する旅行記事