絶対に行きたい!浦河に行くなら外したくないおすすめ観光スポットまとめ

北海道にありながらその温暖な気候で、住みやすい場所とされている浦河郡。馬好きにはたまらないスポットや、雄大な自然の風景を楽しむことができる観光スポットがたくさん!今回はそんな魅力あふれる浦河の観光スポットをご紹介します。

今ならおトクなキャンペーン実施中!
\ CompathyGOバーチャル旅行、はじまりました! /


天馬街道:日高と十勝を結ぶ新ルートには見どころがいっぱい!

天馬街道」は、帯広市から浦河に続く国道236号線全長139キロメートルの幹線道路で、浦河から帯広空港に行く際にも使用する街道です。

この街道の途中にある「野塚トンネル」と言われる道内屈指の長いトンネル付近は、紅葉の撮影スポットとしても人気。このトンネルの手前には紅葉と超軟水の湧水で有名な公園「翠明橋公園」もあるので、ドライブの休憩におすすめのスポットです。

その他にも天馬街道沿いにはいくつもの紅葉スポットがありますが、その中でも特に人気なのが「五色渓谷」。浦河町の浦河十景にも選ばれた紅葉スポットで、日高山脈の景観美を楽しむことができます。

■スポット情報:天馬街道
住所:日本、〒057-0171 北海道浦河郡浦河町西舎 浦河町西舎320−1
電話番号:0146-24-8555
定休日: なし
Googleマップ:天馬街道

 

馬事資料館:名馬シンザンなどの資料と迎賓馬車がある競馬ファンにもおすすめの観光スポット

「優駿の門」と呼ばれる32頭のサラブレッドをモチーフにして作られた門をくぐると浦河町郷土資料館と共に「馬事資料館」があります。
「馬事資料館」は、馬の歴史や馬に関する資料の保管と収集などを行なう施設で入場無料。

この史料館では、日本で五冠を達成した名馬シンザンの父、ヒンドスタン号の剥製を見ることができます。さらに、明治31年に制作され、高貴な方々の迎賓に使われていた貴重な迎賓馬車も展示されています。
馬の産地である浦河町で馬について学びましょう。

■スポット情報:馬事資料館
住所:日本、〒057-0002 北海道浦河郡浦河町西幌別273−1
電話番号:0146-28-1342
営業時間: 9時00分~16時30分 (火、 水、 木、 金、 土、 日曜日)
定休日: 月曜日
公式・参考サイト:浦河町
Googleマップ:馬事資料館

 

12 3 4 ... 8
今ならおトクなキャンペーン実施中!
\ CompathyGOバーチャル旅行、はじまりました! /


yuki

yuki

旅とお酒と食べることが大好きです。全国の神社・仏閣めぐり制覇を目指しています!



関連する旅行カテゴリ

# 北海道の観光 # 浦河 # 日本

関連する旅行記事