老舗店の銘菓からゆるキャラグッズまで!三重県・桑名市のお土産をご紹介

木曽三川の河口に位置する三重県桑名市は、蛤料理などの食文化がある歴史の深い町。老舗店の名物も多数ありますよ。今回は、そんな桑名市の魅力あふれるお土産の数々を紹介します。

こんにちは。Compathy Magazineライターのnoteです。三重県桑名市は、江戸時代に宿場町・城下町・港町として栄えた歴史のある町です。そんな桑名のお土産は、銘菓や伝統工芸品、ゆるキャラグッズなどバラエティに富んでいますよ!ぜひ参考になさってくださいね。

 
 

志ぐれ蛤(総本家新之助貝新):貝の旨味と生姜の風味がギュッと詰まっている三重県桑名市の特産品!

Photo by wikimedia

三重県桑名市の名産品の”時雨蛤”は、たまりで煮しめて作られた佃煮の一種。10月の時雨時には、産卵前の大きな蛤を獲ることができます。俳人の各務 支考(かがみ しこう)は、このようなことから”時雨蛤”と命名をしました。

この時雨蛤でおすすめなのは、「総本家新之助貝新」の”志ぐれ蛤”です。浮かし煮という佃煮製造方法を行い、豊かな生姜の風味と一緒に蛤が煮しめられています。しっかりと味付けがされているので、ご飯が進むこと間違いなし!贈答品にもおすすめなので、ぜひ手に取ってみてはいかがでしょうか。

■スポット情報:総本家新之助貝新 駅前店
住所:日本、〒511-0079 三重県桑名市有楽町59
電話番号:0594-22-0490
定休日: なし
公式・参考サイト:総本家新之助貝新
Googleマップ:総本家新之助貝新 駅前店

 

しぐれ煮:伝統製法で煮しめた逸品

Photo by rakuten

しぐれ煮”は、蛤や牛肉などを”たれ”で煮しめる料理。蛤と同様におすすめなのは、牛肉を”たれ”で柔らかく炊き上げたものです。ご飯のお供としても親しまれており、改まった席でのお持たせとしても喜ばれる逸品です。

お土産としておすすめなのは、三重県に本店を構える「柿安」の”料亭しぐれ煮詰め合わせ”。牛肉やきゃら蕗をはじめ、6種類のしぐれ煮が味わえるセットとなっています。それぞれが素材の味を十分に活かしているため、一口噛み締めるごとに味わいを楽しむことができるでしょう。

■スポット情報:柿安 料亭本店
住所:日本、〒511-0022 三重県桑名市江戸町 江戸町36
電話番号:0594-22-5555
営業時間: 10時00分~19時00分
定休日: なし
公式・参考サイト:柿安 しぐれ煮
Googleマップ:柿安 料亭本店

 

1 2 ... 8


関連する旅行カテゴリ

# 三重のお土産 # 三重の観光 # 三重のショッピング・買い物 # 桑名 # 日本

関連する旅行記事