緑と水の公園都市「三鷹」を味わい尽くそう!三鷹のおすすめ観光スポット22選

東京駅から30分ほどの三鷹市。井の頭恩賜公園や玉川上水など豊かな緑や水に恵まれ、さらに太宰治文学サロンや国立天文台などと学究の香りも漂うエリアです。この記事ではそんな三鷹のおすすめ観光スポットを紹介しています。

八幡大神社:三鷹駅近くの由緒ある神社でパワーをもらおう!

Photo by wikimedia

三鷹駅から徒歩10分ほどの所にある、三鷹のパワースポットの一つです。

徳川将軍家綱の時代、寛文4年に応神天皇(八幡神)を御祭神として、松井治兵衛により創建された神社です。
境内最奥拝殿の門の前には、この神社のシンボルともなる立派なスダジイの巨木が建っており、市の文化財にも指定されています。

できれば、毎月1日あるいは15日に参拝してみませんか。直筆の御朱印をいただけるのは、この両日の時間は9時から14時までだけです。

■スポット情報:三鷹八幡大神社
住所:日本、〒181-0013 東京都三鷹市下連雀4丁目18−23
電話番号:0422-47-6628
定休日: なし
Googleマップ:三鷹八幡大神社

 

三鷹市農業公園:ファミリーで農業体験!農業について学ぼう

Provided by foursquare-icon-16x16

三鷹市農業公園」は、市民が農業に触れ親しむ場として三鷹市が開設した、東八道路沿いに広がる体験型公園です。

園内には、体験農園、実習農園、ガーデニングエリア、自由広場や三鷹緑化センターなどの充実した施設。野菜などの栽培方法、観葉植物などの手入れ方法やガーデニング方法などを学び、体験することが出来ます。

農業やガーデニングには興味が……という方でも、自由広場でバーベキューなどを自由に楽しめますよ。ただし、事前に予約が必要ですよ。

■スポット情報:三鷹市農業公園
住所:〒181-0004, 東京都三鷹市新川6丁目30
公式・参考サイト:三鷹市農業公園
Googleマップ:三鷹市農業公園

 

三鷹中央通り商店会:三鷹駅南口の中央通りにある商店街で買い物を満喫!

JR三鷹駅南口の中央通りにある「三鷹中央通り商店会」。60年以上の時を刻んできた商店街で120店ほどのお店が並びます。お店は、和装店や鞄店など老舗店ばかりで、いつも地元のお客さんで賑わっています。

毎月第4日曜日に開催される「Mマルシェ」も魅力の一つ。食品、スイーツやアクセサリーなどの小物類まで、30店舗以上のブースが並びます。また、「青空のど自慢」などのイベントも楽しいもの。多くのお客様で賑わいます。開催日時は変更される可能性もあるので、HPで確認してどうぞ。

実は、三鷹は「阿波踊り」が盛んな街。三鷹中央通り商店街にも阿波踊り連「みたか連」が結成されています。夏の三鷹駅南口で開催される「阿波踊り」を見に行ってみませんか。

■スポット情報:三鷹中央通り商店会
住所:日本、〒181-0013 東京都三鷹市下連雀3丁目34
定休日: なし
公式・参考サイト:三鷹中央通り商店会
Googleマップ:三鷹中央通り商店会

 

中近東文化センター:多種多様な文化が行き交う中近東の歴史を研究し、公開する施設

Provided by foursquare-icon-16x16

三鷹駅からバスに乗り15分ほどの所にあるバス停「西野」で下車し、歩いて5分の場所にある「中近東文化センター」。

中近東の歴史を研究するために昭和50年に設立された施設で、博物館、図書館と考古学研究所で構成されています。以前は専門家のみの公開でしたが、一般公開されてからは、企画展が行われたりと、子供から大人Mで楽しんでもらえるように工夫さています。

博物館の常設展示は、紀元前エジプトの「書記像頭部」などの中近東の遺物の数々。その時期の企画展や市民ギャラリーを覗くのも魅力です。疲れたら、喫茶室LOTUSCAFEで一休み。ミュージアムショップでここだけのグッズを探すのも悪くありません。

この文化センターは月・火・水・金の10時から17時までの開館で、前日までの予約が必要なのでお気を付けください。

■スポット情報:中近東文化センター
住所:日本、〒181-0015 東京都三鷹市大沢3丁目10−31
電話番号:0422-32-7111
営業時間: 10時00分~17時00分(最終入館 16:00)
定休日: 木曜日、土曜日、日曜日、祝祭日、年末年始
料金: 一般	   1,000円
   高・大生	   500円
   65歳以上	   500円
   中学生以下        無料
公式・参考サイト:中近東文化センター
Googleマップ:中近東文化センター

 

仙川公園:春には仙川の両岸に咲く桜が美しい都市公園!

Provided by foursquare-icon-16x16

仙川公園」は、仙川を挟んだ南北のエリアで構成され、11,000㎡の広さを誇る三鷹市最大の都市公園です。

北側の芝生の広場には噴水池があり、せせらぎが聞こえる。やや下流の天神山青少年広場の樋口取水場からの地下水を汲み上げ、安らぎの水辺空間を創出している。

園内のみどころは北村西望氏の代表作「平和祈念像」の小型版の「平和の像」や「アンネ・フランクのバラ」などでしょうか。
「平和の像」は平成元年に“みたか百周年記念事業”の一環として建立されたもので、「アンネ・フランクのバラ」は「アンネの形見のバラ」と名付けられたものを枝分けしたものです。このバラは、つぼみは濃い赤色をしていますが、花が咲き始めると共に徐々にオレンジやピンク色と変化していくので、何度も訪れたくなります。

仙川両岸の桜も見事の一言。満開の桜が川に覆いかぶさるように咲き誇ります。

■スポット情報:仙川公園
住所:日本、〒181-0004 東京都三鷹市新川6丁目7
電話番号:0422-45-1151
公式・参考サイト:仙川公園
Googleマップ:仙川公園

 

国際基督教大学博物館湯浅八郎記念館:各地の民芸品などを展示している記念館

Provided by foursquare-icon-16x16

国際基督教大学博物館湯浅八郎記念館」は、ICU(国際基督教大学)の初代学長・故湯浅八郎博士の貢献を記念して、1982年にオープンした記念館。

大きく民芸展示と考古展示に分かれ、民芸展示では、博士が収集した“そば猪口”や“行灯”の様な実際に使われた各地の民芸品が約1,000点展示されています。
考古展示では、大学構内の敷地から出土した旧石器時代から、縄文時代の後期までの遺物を中心に展示が行われています。

休館日は日・月・祝、3月と7月の土曜日、夏季休暇及び年末年始とのこと。開館時間は10時から17時までで、入館料が無料というのも嬉しいですね。

■スポット情報:国際基督教大学博物館湯浅八郎記念館
住所:日本、〒181-0015 東京都三鷹市大沢3丁目10 湯浅八郎記念館
電話番号:0422-33-3340
営業時間: 午前10時~午後5時(土曜日は午後4時30分まで)
定休日: 日曜・月曜・祝日・3月、7月の土曜日、夏季休暇及び年末年始
公式・参考サイト:国際基督教大学博物館湯浅八郎記念館
Googleマップ:国際基督教大学博物館湯浅八郎記念館

 

Booking.com
ハナの友達

ハナの友達

愛犬「ハナ」の世話とライティングに明け暮れている「ハナの友達」です。趣味は、ギター音楽。ライティング時に「沖仁」のフラメンコなどを自慢のTANNOYのスピーカーで良く聴いています。旅行も勿論大好きで、国内では北海道や沖縄へ結構な回数、海外では公私合わせて10国以上の国を訪れています。この経験をライティングに活かしたいと意気込んでいます。



関連する旅行カテゴリ

# 日本 # 東京の観光 # 吉祥寺・三鷹の観光

その他のオススメ記事

関連する旅行記事