おしゃれでレトロな雰囲気の中に自然が調和する街、国立市の人気おすすめお土産10選

東京都のほぼ中心に位置する国立市。「大学大通り」といった桜の名所がある反面、周辺にはおしゃれなショップも同居する魅力的なエリアです。今回は、自然との調和も美しい街、国立で購入できる人気おすすめのお土産をご紹介します。

こんにちは。Compathy Magazineライターの斎藤ゆかです。
国立といえば三角屋根のレトロな「旧国立駅舎」を思い浮かべる方も多いのではないでしょうか?かつて中央線の利用者に愛され続け、惜しまれながらもその姿を消した駅舎ですが、2020年に向けて復元の計画が進んでおり、このニュースは地元のみならず全国の鉄道ファンを心待ちにさせています。

JR中央線と南武線が通り、都心からのアクセスも良好なエリアだけに、1度は足を運んでみたい国立市。今回は、穏やかな雰囲気に心癒される街、国立で購入できる人気おすすめのお土産をご紹介します。

 

■目次

1ページ目: お土産 その1 (日々是 くろどら、ほか)

2ページ目: お土産 その2 (ユニコーンベーカリーのパン、ほか)

3ページ目: 立川・国分寺のショッピングモール・買い物スポット・お土産の情報まとめ

 

日々是 くろどら(青木屋 国立大学通り店):カフェ風のお土産店で定番のどら焼き

Photo by rakuten

和菓子を作り続けて100余年。1893年創業の「青木屋」は、職人こだわりの自家製餡を堪能できる老舗店です。

“百年製餡”と銘打つ餡子は、北海道産の厳選小豆を原料に用いたもの。お店自慢のどら焼き“日々是 くろどら”にも、もちろん使用されています!毎朝焼き上げられるフワフワの生地にはコク深い沖縄産黒糖が用いられ、上質な餡子との相性も抜群です。

おしゃれなカフェを思わせる店内では、お茶のおもてなしを受けながらおすすめ商品の試食をすることが可能。気になる和菓子に出会えたら、どら焼きと組み合わせてお土産に選んでみてはいかが?

■スポット情報:青木屋(国立大学通り店)
住所:日本、〒186-0003 東京都国立市富士見台1丁目4−3 カシミエール・国立 1F
電話番号:042-577-9988
営業時間: 9時30分~19時00分
定休日: なし
公式・参考サイト:青木屋
Googleマップ:青木屋(国立大学通り店)

 

あわ大福(紀の国屋 国立北口駅前店):雑穀ならではの素朴な風味が堪らない和菓子名物

Photo by flickr

日々のおやつから贈答品まで、豊富な品揃えが魅力の「紀の国屋」は、多摩地域を中心に長年地元で愛され続ける和菓子店です。

安全安心なお菓子作りをモットーに、丹精込めて生みだされた和菓子の中でも、特におすすめなのが1番人気の“あわ大福”。栗(あわ)を加えた餅生地は穀物の風味が穏やかに香り、中に包まれた大納言の粒餡とも良く合います。

添加物を一切使用していないので、残念ながら賞味期限は当日のみ。遠方へのお土産には適さないかもしれませんが、1度はぜひ味わって頂きたい国立おすすめの銘菓です。

■スポット情報:紀の国屋(国立駅北口店)
住所:日本、〒186-0001 東京都国立市北1丁目6−5
電話番号:042-577-3488
営業時間: 9時00分~19時00分
定休日: なし
公式・参考サイト:紀の国屋
Googleマップ:紀の国屋(国立駅北口店)

 

豆腐ドーナツ(豆腐ドーナツ専門店 ゆうゆう):国立市谷保駅近くで買える「豆腐」を原料としたスイーツをお土産に

ヘルシーなスイーツをお探しならば、こちらの1品はいかがでしょうか?「豆腐ドーナツ専門店 ゆうゆう」では甘さを抑え、豆腐を素材に用いたドーナツを販売しています。通常のドーナツに比べ、カロリーも約40%抑えられているので、健康志向の女性やダイエット中の方にも大好評です。

原料の絹豆腐には新潟産の大豆を選ぶことで、まろやかさを演出。また、揚げ油にもこだわり、オレイン酸の含有率が高いピュアひまわり油を使用しています。

定番のプレーンのほか、シナモンシュガー、抹茶などバリエーションも豊富に揃っているので、まとめ買いをしてお友達と食べ比べしてみても良いかもしれませんね。

■スポット情報:豆腐ドーナツ専門店 ゆうゆう
住所:日本、〒186-0003 東京都国立市富士見台2丁目23−5
電話番号:042-572-8020
営業時間: 10時00分~19時00分
定休日: 水曜日
公式・参考サイト:豆腐ドーナツ専門店 ゆうゆう
Googleマップ:豆腐ドーナツ専門店 ゆうゆう

 

白十字のケーキ(白十字):大学通り沿いに佇む国立をモチーフにしたレトロなケーキをお土産に

Provided by foursquare-icon-16x16

Provided by foursquare-icon-16x16

銀座の「白十字」で修行を重ねたご主人が、1955年に創業した老舗洋菓子店です。こちらでは国立大学通りの桜並木をモチーフにした“櫻サブレ”や“くにたちショコラ”ほか、音楽文化が盛んな国立の街にふさわしく“ノクターン”や“アンダンテ”と名付けた商品も販売しています。

アニメーション映画『おおかみこどもの雨と雪』では、国立を舞台にした1シーンに実際の店舗が登場しました。全国的に知られる存在となった白十字は喫茶店も併設しているので、聖地巡礼中の憩いのスポットとしてもおすすめ!

ケーキ以外にも、持ち運びしやすい焼き菓子メニューが充実しているので、お土産にぴったりな1品がきっと見付かるはずですよ。

■スポット情報:白十字(南口店)
住所:日本、〒186-0004 東京都国立市中1丁目1−9−43 国立ビル一橋ハイム 1F
電話番号:042-572-0416
定休日: なし
公式・参考サイト:白十字
Googleマップ:白十字(南口店)

 

桔梗信玄餅(桔梗屋 nonowa国立WEST店):nonowa国立WEST内で買える山梨名物のお菓子

Photo by amazon

全国に広くその名が知られる“桔梗信玄餅”。「nonowa国立WEST」に足を運べば山梨の郷土銘菓、信玄餅を購入することができますよ!

明治から続く老舗和菓子店の看板商品は、これまで“モンドセレクション 3年連続金賞受賞”や、“2017年 JR東日本おみやげグランプリ お菓子部門 金賞受賞”といった数々の実績を重ねてきました。

近年、本社で開催される工場見学でも話題を集め、抜群の知名度を誇る桔梗屋の逸品だけに、幅広い世代の方に喜ばれるお土産になること間違いなしです。

nonowa国立WEST店舗内では、比較的新顔の“桔梗信玄生プリン”なども扱っているので、こちらもぜひお試しください。

■スポット情報:nonowa国立(WEST店)
住所:日本、〒186-0001 東京都国立市北1丁目14 北1丁目14 -1
電話番号:042-316-4417
営業時間: 7時00分~22時00分
定休日: なし
公式・参考サイト:nonowa国立
Googleマップ:nonowa国立(WEST店)

 

1 23 »
斎藤ゆか

斎藤ゆか

Compathy Magazineライターの斎藤ゆかです。



関連する旅行カテゴリ

# 国分寺・国立の観光 # 国分寺・国立のショッピング・買い物 # 東京のお土産 # 東京の観光 # 東京のショッピング・買い物 # 日本

その他のオススメ記事

関連する旅行記事