ポーランド初の水族館「アフリカリウム」に行ってみよう!

今ならおトクなキャンペーン実施中!
\ CompathyGOバーチャル旅行、はじまりました! /


こんにちは。Compathy MagazineライターのKazumiです。
今回はポーランドで夏休みのお出かけとして家族連れに大人気の、ヴロツワフの水族館「アフリカリウム」の様子をご紹介します!

筆者撮影

 

ヴロツワフの水族館: Afrykarium(アフリカリウム)

 

筆者撮影

アフリカリウムという名前の水族館が、ヴロツワフの動物園の敷地内に2014年の秋に増設されました。ここには海の動物・魚用の21個のプールと水槽があり、約250種類の魚たちを見ることができます。
総水量は1500万リットルだそうです。ポーランド初の水族館ということで注目されており、特に私が訪れた時は夏休みの週末でしたので、動物園兼水族館を訪れる家族連れでとても賑わっていました。

 

アフリカリウムの入場

筆者撮影

建物内が混雑しすぎないようにという配慮なのか、アフリカリウムには入場制限があって少しずつしか入場できなかったので、建物内には長蛇の列でした。しかし、待ち時間もアフリカリウムの前にはキリンやダチョウ、シマウマが広々とした場所でのんびりとしているので、それらの動物を眺めながら待つことができます。
そして、入場待ちの長蛇の列の為1時間くらい待つのを覚悟した割にはサクサク進んで、結局20分程で入場できました。

 

どんな動物がいるの?

Provided by foursquare-icon-16x16

アフリカリウム内には、カバ、ペンギン、マナティ、エイ、ワニ、サメ、亀、アザラシ、アリクイ、そして沢山の魚達。アフリカリウムという割にペンギンがいたりしますが、水族館だからでしょうね、様々な海の動物たちがいました。
私は家族と一緒に行ったので、小さい子供2人+ベビーカーを押しながら行ったのですが、館内はバリアフリーになっており、エレベーターも設置されているので、見学中に特に不便を感じることはありませんでした。

 

どんなエリアがあるの?

Provided by foursquare-icon-16x16

紅海エリアには色鮮やかな沢山の魚たち、東アフリカエリアにはカバや小さな鹿、モザンビークの海底トンネルでは透明なチューブの中を歩きながら頭上や左右に泳ぐ魚を眺められます。スケルトンコーストではペンギンやアザラシ、コンゴ川のジャングルエリアではマナティやワニが見られます。

 

アフリカリウム館内のレストラン情報

筆者撮影

見学が終わったら、アフリカリウム館内のレストランもお勧めです。
ここは、船の中みたいなデザイン設計になっており、軽食や飲み物で休憩できるカフェテリアになっています。カフェテリアの左右にはテラスがあり、そこからアザラシやペンギンのエリアが見られます。
私が行った時は丁度アザラシのランチタイムだったようで、餌を貰いながら芸を見せてくれるアザラシを上から特等席で眺めることができました。

■レストラン情報 
Laguna Bistro & Cafe & Restaurant
Zygmunta Wróblewskiego 1-5

 

動物園の基本情報とまわり方

筆者撮影

動物園の面積は33haと広大で、かなり広々としたスペースに動物たちがゆったりと住んでいます。動物の住んでいる場所はコンクリートの地面ではない場所も多く、沢山木が植えられて自然に近い環境になっていると感じました。
動物は、約1100種類、14000匹いるそうです。1日で隅から隅まで見るのは難しいかもしれませんが、水族館と動物園の両方の見たい動物を中心に、のんびり散歩するように見て回ってもいいですね。

■動物園、水族館情報
住所 ZOO Wrocław, Wróblewskiego 1-5, 51-618 Wrocław,
HP http://afrykarium.com.pl/
時間 月曜日~木曜日  9:00~18:00
   金曜日~日曜日   9:00~19:00
料金 動物園と水族館共用。片方のみのチケットはなし。
大人45ズオチ、子供35ズオチ、ファミリー割引(大人2人と子供3人以上)150ズオチ

 

さいごに

いかがでしたか。洋の東西を問わず、動物園は親子連れやカップルの夏のお出かけ人気スポットですね。異国の動物園を見てみるのも興味深いものです。機会があれば是非一度訪れてみてください!

ライター・Photo: Kazumi

今ならおトクなキャンペーン実施中!
\ CompathyGOバーチャル旅行、はじまりました! /




関連する旅行カテゴリ

# ポーランドの美術館・博物館 # ヴロツワフの観光 # ポーランドの観光 # ポーランドの旅行記・ブログ

関連する旅行記事