歴史と自然の街・豊橋を歩く!豊橋のおすすめの観光スポットまとめ

愛知県東部を指す東三河地方に位置する豊橋市。人口約37万3千人と、東三河地方の人口の約半分を占める、同地方の中心都市です。今回は、歴史文化に溢れる豊橋市の魅力ある観光スポットとおすすめのイベントをご紹介します。

今ならおトクなキャンペーン実施中!
\ CompathyGOバーチャル旅行、はじまりました! /


こんにちは。Compathy Magazineライターのイデアイコです。

愛知県と言えば“名古屋市”だと思っていませんか?もちろん名古屋も魅力あふれる街ですが、豊橋だって負けていないんです!戦国時代に尾張、三河の地で数々の武将や大名が活躍したことから、歴史的建造物や由緒ある文化に溢れています。

その他美術館や博物館、子供が遊べる施設やお祭りなどもたくさん。今回は豊橋に来たらぜひとも訪れたいスポットを見ていきましょう。きっと豊橋に行きたくなりますよ!

 
 

豊橋の観光ルートの参考に!モデルコースを紹介

家族で行くなら!2つの大きな公園で遊びつくそう

まずは豊橋市のシンボル吉田城へ。小さいながらも由緒あるお城なので、豊橋市に来たらぜひ見てみてはいかがでしょうか。豊橋公園の敷地内にあり、遊歩道などゆっくり家族の時間を楽しむこともできますよ。

豊橋総合動植物公園には動物園、植物園、遊園地が集まった広大な公園。子どもが楽しめるアトラクションや展示もたくさんあります。恐竜好きのお子さんがいるなら公園敷地内の豊橋市自然史博物館へ。とてもリアルなレプリカや化石が展示されており、興奮すること間違いなし。豊橋総合動植物公園だけでも1日楽しめる場所です。

■家族で行くのにおすすめの観光スポット
・吉田城
・豊橋総合動植物公園
・豊橋市自然史博物館

 

友だちと行くなら!アクティブに豊橋の自然を楽しもう

友だちとアクティブに楽しむことができるなら、葦毛湿原へ足を運んで見えはいかがでしょう。東海のミニ尾瀬とも呼ばれ、四季折々の景色や珍しい植物も楽しめます。尾瀬ほど歩くのも大変ではないので、体力にそこまで自信がない方でもぜひ。

まだ体力が残っているなら、岩屋緑地へ。自然の中の散策路やアスレチックが揃っており、豊橋の自然をアクティブに楽しめます。山頂まで登ると岩屋観音が立っており、そこから見える景色は360°の絶景パノラマビュー。豊橋を一望でき、天気が良ければ鈴鹿山脈も見ることができます。

■友だちで行くのにおすすめの観光スポット
・葦毛湿原
・岩屋緑地

 

恋人と行くなら!ゆっくり教会やお寺を巡るのもいいかも

豊橋には教会やお寺がいくつかあり、どこも貴重な場所として親しまれているので、そういったスポットを巡ってパワーをもらうのはいかがでしょう。県内最古の正教会、豊橋ハリストス正教会は豊橋公園のすぐ横にあり、真っ白な壁と緑の屋根が美しい建物。日曜日にはミサも行われているので、時間があえばぜひ。

源頼朝公ゆかりのお寺でもある普門寺は御朱印帳作りや寺ヨガなどワークショップが行われることでも知られます。もし秋に観光に行くのなら、普門寺は絶好の紅葉スポットにもなるので外せない場所です!最後は伊古部海岸でロマンチックな時間を過ごしてみてはいかがでしょうか。ウミガメの産卵場所としても知られ、非常に綺麗な砂浜は心が洗われること間違いありません。

■恋人で行くのにおすすめの観光スポット
・豊橋ハリストス正教会
・普門寺
・伊古部海岸

 

豊橋に来たらココは行きたい!豊橋の定番観光スポット


吉田城(豊橋公園内):豊橋のシンボル!春には桜の花見も楽しめる観光スポット

Provided by foursquare-icon-16x16

豊橋のシンボル的スポット・豊橋公園は広大な敷地が自慢。その中に経っているのが「吉田城」です。吉田城は小さいながらも由緒あるお城で、石垣には大名家の家紋が刻まれています。

敷地内には遊歩道もあり、そこから見上げる「吉田城」はなんとも貫禄があり歴史を感じさせられます!春には桜が咲き乱れ、花見スポットとして豊橋っ子の定番の場所になります。「吉田城」をバックに見る桜は最高!歴史と自然のコラボにウットリしてしまいます。

駐車場もあるほか、市電停留所「豊橋公園前」下車3分なので、電車でも来やすい位置にある好アクセスなスポットです。

住所:愛知県豊橋市今橋町3
電話番号:0532-51-2430(豊橋市観光振興課)
営業時間:吉田城鉄櫓の内部公開(無料)水~日 10:00~15:00 外観見学 随時
参考サイト:吉田城

 

1 2 ... 16
今ならおトクなキャンペーン実施中!
\ CompathyGOバーチャル旅行、はじまりました! /


イデアイコ

イデアイコ

趣味は料理と食べること。食いしん坊が取り柄の2児の母です。学生時代にオーストラリア留学の経験があり、グアムや上海、韓国などを旅しました。旅行の楽しみはやっぱり食事!地元スーパーで食料品を買い漁り、スーツケースが閉まらなくなるのは毎回のことです。



関連する旅行カテゴリ

# 豊橋の観光 # 愛知の観光 # 日本

関連する旅行記事