エストニアの首都タリン、中世へ迷い混む最短ルート・観光スポットをご紹介!

タリンってどこ? たしかフィンランドの首都ヘルシンキから船で行ったような・・・という方も多いかと思います。 タリンはバルト三国、エストニアの首都です。私が世界中を旅した中で最も中世の色が濃い観光地の一つとして記憶に残り、中世の世界観を味わうのにおすすめです。今回はそんなタリンで中世へ迷い込む最短ルートをご紹介します。

Compathy Magazine編集部が送る
\ 今月のおすすめ記事! /

こんにちは。Compathy Magazineライターyuichiです。
今回は以前私が旅したバルト三国のタリンを紹介いたします。
タリンってどこ?あれ?なんとなくだけど行った記憶がある。たしか、フィンランドの首都ヘルシンキから船で行ったような・・・という方が現在も圧倒的に多いかと思います。
タリンはバルト三国、エストニアの首都です。私が世界中を旅した中で最も中世の色が濃い観光地の一つとして記憶に残るのがタリンです。

 

中世に迷い込む。タリンの旧市街の観光

タリンの旧市街は徒歩での散策にはちょうど良い広さで、城壁に囲まれているため歩く範囲も明確です。
旧市街のおしゃれなブティック、レストラン等ではスタッフ達は民族衣装を身にまといおもてなしをしてくれるため、中世に迷い込んだかのような錯覚に捕らわれます。私がここまで錯覚したのはタリン以外にないと思いますし、それくらい雰囲気たっぷりのタリンです。
どうせ行くからには中世の世界、男性の趣向でいうと「ドラゴンクエストの世界」を楽しんでみてはいかがでしょうか。
今回はタリンで中世の世界の迷い込むための、最短ルート・観光スポットをご紹介します。

 

トームペアからの旧市街の景色

まずはタリンの代表的な景色を堪能してみましょう。タリンと言えば真っ赤な屋根の家屋が特徴的で、これがとても絵になるのですよ。
このような写真は、タリン旧市街の山の手地区から撮影することができます。

城壁に囲まれた旧市街の内、山の手地区はトームペアと呼ばれ、支配者や貴族達の館があったのです。下町とは違う雰囲気があり、現在も「トームペア城=現国会議事堂」があり、国の中心拠点となっているんですよ!
「長い足」、「短い足」という2つの古い道がタリンの山の手から下町まで通っています。ここを歩くのがタリン旧市街の醍醐味で外せません!かつてはこの「長い足」と「短い足」が、唯一タリン旧市街の下町から「山の手」へ通じる道だったようです。

 

1 23
KudoYuichi

KudoYuichi

かつては海外添乗員として働き60カ国以上を訪問しました。 その時の経験をもとにいろいろな情報を皆様にご提供できればと考えております。 現在は地元北海道で外国人向け英語ガイドとして働いております。



関連する旅行カテゴリ

# エストニアの観光 # エストニアの旅行記・ブログ

関連する旅行記事