内陸なのに海の幸まで揃う?モンゴルのおすすめお土産まとめ10選と旅行記ブログ

日本でもモンゴル出身力士が活躍し、注目を集める国モンゴル。お隣ロシアや中国の文化も混在し、街中は多様性に満ちています。今回は、広大な面積を誇るモンゴルを巡りながら購入できるおすすめのお土産をご紹介します。

大自然に囲まれた生活が魅力的なモンゴルのおすすめ旅行記ブログ

ゲルを巡り廻る自由なモンゴル旅をしたEika Akasakiさんの旅行記ブログ

こちらの旅行記ブログは、ツアー会社「風の旅行社」を利用し、日本から直行便で旅立ったところからスタートしています。4日間の滞在は、首都ウランバートルを離れ、草原で暮らす遊牧民のみなさんとの交流がメイン。馬乳酒などの乳製品をごちそうになったり、ゲルの室内を紹介する様子が写真付きで綴られているので、現地のイメージがわきやすいブログとなっています。

2日目には初日とは異なる遊牧民への交流も試み、現地の方々とのふれあいを垣間見ることができます。味わった料理についても、女性ならでは視点で紹介されているため、モンゴルをより良く知ることができそうですね。

【モンゴル】突撃!隣の遊牧民。近所のゲルを馬に乗って尋ねてみた。

 

モンゴルで現地の人々と同じような生活を体験!Eika Akasakiさんの旅行記ブログ

こちらの旅行記ブログでは、食肉を得るための作業「屠殺(とさつ)」というテーマを掲げ、遊牧生活を体験した内容が綴られています。首都ウランバートルからは車で約2時間弱かけて、目的の草原に向かいます。到着後、ほどなくして食材となる羊の捕獲を見学し、そこからゲルでの屠殺作業に移ります。

シリアスな内容ではありますが、食に対するありがたみや命を頂く大切さは充分に伝わってきます。最後には、感謝と共にできあがった料理を噛みしめる様子を紹介。多くの写真が掲載され、閲覧には注意が必要かもしれません。ただし、モンゴルの知られざる一面が丁寧に描かれ、知識が広がるブログともいえるでしょう。

【モンゴル】その場で屠殺!新鮮なホルホグ(羊の石蒸し焼き)の作り方。

 

おわりに

日本の約4倍もの国土を誇るモンゴルには、自然と都会的なスポットが混在し、何度足を運んでも飽きることがありません。また、隣国文化の影響もほど良く受け、モンゴルは多様性に満ちた国といえるでしょう。

今回は魅力溢れるモンゴルを巡りながら、観光途中でも購入できる、おすすめのお土産をご紹介しました。この記事を参考に、モンゴルならではのお土産を探してみてくださいね!

ライター:斉藤ゆか
photo by:compathyCompathyログブック(旅行記)

1 ... 3 4
斎藤ゆか

斎藤ゆか

Compathy Magazineライターの斎藤ゆかです。



関連する旅行カテゴリ

# お土産 # モンゴルの観光 # モンゴルのお土産 # 観光 # モンゴル

関連する旅行記事