フォトジェニックな国・シンガポールのユニークな建築物<大妻女子大×旅工房 第2弾>

東京23区ほどの広さのシンガポールは、地理的にも民族的にもアジアの交差地点といえる国。マレー系、中国系、西欧系など、その狭さからは考えられないほど、国際性豊かです。
そんなシンガポールには、個性的な建築物もたくさんあり、それらからも文化の違いを感じることができます。
今回は実際にシンガポールを訪れた大妻女子大学、住文化研究室のユキさん、アキさん、ミサキさん、マイカさんに行ってみた感想を聞いてみました。

 

マリーナのユニークな建築物

シンガポールで最も有名な5つ星ホテル、マリーナベイ・サンズがあるエリアが、マリーナ地区。シンガポール最大の植物園である「ガーデンズ・バイ・ザ・ベイ」やマーライオンパークなど見逃せない観光スポットのほか、個性的な建築物もたくさん。
マリーナベイ・サンズは世界最上空にあるプールが世界的に有名で、上空に浮かんだ船のようなプールは特徴的な形をしています。

「えいっとプールを持ち上げてみました!こんな面白い写真も撮れますよ。」

 
2012年にオープンしたガーデンズ・バイ・ザ・ベイで注目なのが未来都市のツリーをイメージしたこちらのスーパーツリー。高さは25~50mほどもあり、ツリーの間にかけられた吊り橋からはマリーナ地区を一望することができます。

「夜になると、スーパーツリーがライトアップされます。幻想的なショーに感動!」

 
また、シアターやコンサートホール、レストランなどが集まった施設「エスプラネード・シアターズ・オン・ザ・ベイ」は大きなドームが2つ連なったデザイン。外観が果物のドリアンに似ていることから「ドリアン」という愛称で親しまれているそうです。

「エスプラネード・シアターズ・オン・ザ・ベイ」

 

オーチャード・ロードのガラス建築

シンガポールが誇るショッピングエリアである、オーチャード・ロード。若者に人気のファストファッションのお店から高級ブティックまで幅広いジャンルのお店が立ち並びます。
シンボル的な存在のアイオン・オーチャードは、ガラス張りでとても華やかな印象。高級ブランドや人気のファッションブランド、ローカルフードショップが入っている総合ショッピングモールです。

アイオン・オーチャード

 
ガラス張りで三角の形をした、とてもユニークなつくりのウィーロック・プレイスはオーチャード・ロードの中心地にあります。ウィーロック・プレイスにはイギリスや韓国、日本それぞれで有名なブランドのショップが入っていたり、シンガポール国外から進出したカフェがあったりと外国人にも人気のスポット。おしゃれなショッピングが楽しめそうですね。

ウィーロック・プレイス

まだまだユニークな建築がたくさんあるシンガポール。訪れた際には、観光だけでなく周りの建築物にも注目してみてくださいね。

 
ライター:旅工房

TABIKOBO

TABIKOBO

海外・国内旅行を取り扱う旅行会社。 各地域専門のトラベル・コンシェルジュがお客様のご要望にそう旅行をアレンジし、オーダーメイドの旅をご提案します。



関連する旅行カテゴリ

# シンガポールの観光

その他のオススメ記事

関連する旅行記事