世界のご当地ビールで乾杯!海外で味わえる人気おすすめビールまとめ

海外で味わうビールをお目当てに、各国を旅する方も多いのではないでしょうか?ヨーロッパ・アメリカをはじめ、世界には魅力的なご当地ビールが満載です!今回は海外で人気の高いおすすめのビールをたっぷりご紹介します。

今ならおトクなキャンペーン実施中!
\ CompathyGOバーチャル旅行、はじまりました! /


31. トゥーイーズエクストラドライ (Tooheys Extra Dry)

シドニーを代表するブルワリー、トゥーイーズが手掛ける「エクストラドライ」。

長期発酵をすることで甘みを抑え、なおかつ飲み応えのある高アルコール度数5.0%のビールを造り上げました。
ほのかに香る麦芽の香りと穏やかに訪れる苦味が特徴。冷蔵庫でよく冷やし、気分をリフレッシュするときに飲みたくなるビールです。

生産国:オーストラリア

絶対に喜ばれる!オーストラリアで人気の定番おすすめお土産まとめ
 

32. カールトン(CARLTON)

出典: amazon

オーストラリア最大のブルワリー、カールトン&ユナイテッドブルワリーズは、個性豊かなラインナップが魅力的です。

麦芽を感じるモルティーな味わいの“ドラフト”に、クリーンな辛口テイストの“ドライ”、そして苦味のあとにフルーティーな香りが広がる“クラウンラガー”など、シチュエーションに合わせて楽しめるフレーバーが勢揃い!人気の高いドラフトは、オーストラリア内にある多くのパブで飲むことができます。

生産国:オーストラリア
 

33. フォーエックスゴールド (XXXX GOLD)

オーストラリア北東部・クイーンズランドを代表する「フォーエックスゴールド」。

巨大メーカーが手掛けるプレミアム系のビールは、ナチュラルな麦芽の香りと、苦味のバランスがほど良くマッチしています。
淡いブロンドカラーが美しく輝き、夏の暑い日にぴったりな1品です。

生産国:オーストラリア

Compathy旅行記の口コミ

安定のXXXX GOLD

旅行記ブログのページ
Pika「現地の過ごし方を心得ているオーストラリア旅行記
 

34. クローネンブルグ(Kronenbourg)

By Marcelo Costa (Kronenbourg 1664 @ França) [CC BY 2.0], via Wikimedia Commons

フランスのアルザス地方発祥の「クローネンブルグ」。1664年の誕生にちなみ、ラベルにはその数字が刻まれています。

ふくよかな泡と穏やかな濁りが特徴の美しいビールからは、柑橘系のさっぱりとした香りが漂います。強い苦味はそれほど感じず、丸みを帯びた味わいは、食前酒としてもおすすめ!

生産国:フランス

Compathy旅行記の口コミ

個人的にはKronenbourg押し

旅行記ブログのページ
Shuta Kanasaka「ビールのリサーチを怠らないブラジル旅行記
 

35. コロナ(Corona)

Corona beer at Island of Langkawi.

世界各国で販売され、日本でも人気の高い「コロナ」。カットライムをトッピングし、瓶のまま味わうスタイルでお馴染みのメキシカンビールです。

キンキンに冷やして飲むのはもはや当たり前ですが、本場メキシコではソルティードッグのように塩を加えて楽しむ方が多いそう!爽快感が増して、更にすっきり頂けますよ。

生産国:メキシコ
 

36. タイガービール(Tiger Beer)

Tiger Beer

シンガポールをはじめアジア各国に醸造所を構える「タイガービール」。トロピカルな雰囲気にぴったりな、さっぱりとした味わいが特徴のビールです。

原産地シンガポールでは、青ラベルの“タイガーオリジナル(ラガータイプ)”と“タイガークリスタル(ライトタイプ)”のみの扱いですが、なんとマレーシアでは“タイガーホワイト”なるものが販売されているんです!
残念ながら現時点では、マレーシアにある醸造所だけで製造されているとのこと。渡航予定がある方は、ぜひチェックしてみてくださいね。

生産国:シンガポール

Compathy旅行記の口コミ

レモンフレーバーはビールが苦手な人でもこれなら平気な人もいそうな味なのでおすすめです

旅行記ブログのページ
Tkya K「観光するならココ!シンガポールのおすすめスポット
 

37. キリマンジャロ(Kilimanjaro)

Felt obliged to try the local beer #beer #kilimanjaro #tanzania #arusha

キリマンジャロ」は、タンザニアでポピュラーなビールの1つ。ラベルには、アフリカの最高峰キリマンジャロの姿が描かれています。

軽やかで後味はさっぱり、飲みやすいタイプのラガービールです。日本では珍しいビールだけに、お土産として持ち帰りたくなる1品です。

生産国:タンザニア
 

38. ピルスナー・ウルケル(Pilsner Urquell)

Pilsner Urquell

ドイツと並び、ビール大国として知られるチェコ。「ピルスナー・ウルケル」は、ピルスナービール発祥の地、チェコ西部のプルゼニ(ピルゼン)で造られた正統派ピルスナーです。

口に含めば香ばしさと、ホップが生み出す苦味を存分に感じることができるでしょう。淡い黄金色も美しく、グラスを覆う真っ白な泡からもキメの細かさが伺えます。

生産国:チェコ

Compathy旅行記の口コミ

チェコは一人あたりのビール消費量が世界一で有名です。そして、そんなチェコを代表するビールが「ピルスナー」。

旅行記ブログのページ
作者名「ビールを「ガソリン」だと思っている方は必見「ピルスナー」発祥の地、プルゼニュ
 

39. キルメス(Quilmes)

Quilmes

アルゼンチンでビールといえば「キルメス」で決まりでしょう!国内シェアは75%を占め、アルゼンチンを象徴するほどの存在感を放っています。

定番のラガービール“クリスタル”は、日本のラガーにもよく似た印象を持つさっぱりとした味わい。海外のビールに抵抗がある方も、違和感なく頂くことができるでしょう。
そのほか、黒ビールの“スタウト”にアルコール分高めの“ボック”など、フレーバーのバリエーションも豊富です。

生産国:アルゼンチン
 

40. マンダレービール(Mandalay Beer)

マンダレービール」は、ヤンゴンに次ぐミャンマー第2の都市、マンダレー産のビールです。産業省により国有醸造所で生産されており、その歴史は100年を超えています。

青ラベルの“ラガー”は、香り高くコク深い味わい。赤ラベルの“ストロングエール”は、アルコール度数が7.5度とかなりの飲み応えがあります。ミャンマー伝統の味をぜひ両方とも試してみてくださいね。

生産国:ミャンマー
 

1 ... 3 4 5
今ならおトクなキャンペーン実施中!
\ CompathyGOバーチャル旅行、はじまりました! /


斎藤ゆか

斎藤ゆか

Compathy Magazineライターの斎藤ゆかです。



関連する旅行カテゴリ

# 海外旅行のおすすめ・準備・ランキング # アルコール・ドリンク # 世界の料理・グルメ・ごはん # 観光

関連する旅行記事