世界のご当地ビールで乾杯!海外で味わえる人気おすすめビールまとめ

海外で味わうビールをお目当てに、各国を旅する方も多いのではないでしょうか?ヨーロッパ・アメリカをはじめ、世界には魅力的なご当地ビールが満載です!今回は海外で人気の高いおすすめのビールをたっぷりご紹介します。

今ならおトクなキャンペーン実施中!
\ CompathyGOバーチャル旅行、はじまりました! /


11. モレッティ(Moretti)

By Luca Senigallia (Own work) [CC BY-SA 3.0], via Wikimedia Commons

イタリアを代表するクラフトビール「モレッティ」。2006年に開催されたワールド・ビール・カップでは、イタリアのビールメーカーで唯一金メダル・銀メダルを同時に獲得しています。

原料の一部にトウモロコシを用いることで、穀物特有の風味が感じられます。苦味が少なく甘さが引き立ったピルスナービールは、ピザやパスタなどのイタリアンとの相性も抜群です。

生産国:イタリア
 

12. バス ペールエール(Bass Pale Ale)

Bass Pale Ale @ Beer Bar Bliss

バス ペールエール」は、上面発酵で造られたエールタイプのビールです。コクはあるのにクセがなく、苦味も少ないのであっさりと頂けます。

美しい琥珀色の輝きも、バス ペールエールならではの魅力。グラスに注ぎ、その色合いも楽しみながら召し上がってみてください。

生産国:イギリス
 

13. ミーンタイム(MEANTIME)

Meantime Brewery range

ロンドン郊外にある「グリニッジ天文台」。そのほど近くに醸造所を構える「ミーンタイム」は、2000年創業の新しいビールメーカーです。

すっきりとして飲みやすい「ロンドンラガー」に、柑橘系アロマの香りがふくよかな「ロンドンペールエール」。そして5種類のホップを用いて造られたレッドエールの「ヤキマレッド」など、それぞれ違った個性が楽しめるクラフトビールが揃っています。

生産国:イギリス
 

14. ヒューガルデン・ホワイト(Hoegaarden White)

Hoegaarden

ヒューガルデン・ホワイト」は、ベルギー・ブリュッセルの東部に位置するヒューガルデン村発祥の白ビールです。

大麦や小麦を原料に用いたビールは、淡く柔らかなクリーム色をしています。コリアンダーとオレンジピールを加えることにより、ほんのりスパイスが効いたフルーティーな飲み口に。爽やかな味わいは、初めてベルギービールを飲む方にもおすすめの1杯です。

生産国:ベルギー
 

15. シメイ・ホワイト/トリプル(Chimay)

By Riflemann~commonswiki (Own work) [CC BY-SA 3.0], via Wikimedia Commons

シメイ」は、ベルギー・シメイにあるスクールモン修道院で造られている、上面発酵のビールです。

リンゴやアプリコットのようなフルーティーさ、バニラ・カラメルのような甘い香り、苦味の効いたビターでドライな味わいを楽しむことができます。アルコール度数は高めの8.0%、ホップをふんだんに用い、飲み応えがあります。

生産国:ベルギー

Compathy旅行記の口コミ

ここでしか食べられない、修道院で作られているシメイのチーズ&パン。これをシメイビールで流し込むと…サイコー!

旅行記ブログのページ
Kayoko Hayashi「ベルギーのグルメにビールを堪能した一人旅行記
 

16. リーフマンス(Liefmans)

By Gordito1869 (Own work) [GFDL or CC BY 3.0], via Wikimedia Commons

ベルギーで長い歴史を育む1679年創業の「リーフマンス」ブルワリー。基幹となる「リーフマンス」は、さくらんぼをベースに18ヵ月~3年間熟成させた後、新鮮なベリー系のジュースをブレンドしたフルーツビールです。

甘みと酸味のバランスが良くカクテルを思わせるリーフマンスは、オンザロックでも楽しめるよう専用のグラスも売られています。

生産国:ベルギー
 

17. オルヴァル(Orval):トラピストビールの最高峰!

Orval

オルヴァル」も修道院で醸造されるトラピストビールです。1銘柄だけの生産にこだわり、最高峰とまでいわれる銘品を造り上げました。

焙煎具合の異なる麦芽を調合し、氷砂糖を加え発酵することで、苦味の効いた独特のコクを生み出しています。ビール評論家としても知られるマイケル・ジャクソンも、自身の著書の中で最高ランクを付け絶賛しています。

生産国:ベルギー

Compathy旅行記の口コミ

オレンジがかった琥珀色で、独特のスパイシーな力強い味わい。かといってアルコール度数は6.2%と控えめで、コクはあるけど味のバランスはよい。酸味は軽め。飲みごたえあり。

旅行記ブログのページ
Akiyuki Minami「ベルギービールを飲み尽くす旅行記
 

18. ギネス(GUINESS)

waiting time for guinness

アイルランド生まれの「ギネス」は、いまや世界中のあらゆるパブで飲むことができる人気の黒ビールです。

原料の1部にローストした大麦を使用することで、甘みと苦味の絶妙なバランスを醸し出しています。冷蔵庫で3時間ほど冷やしてからグラスに注げば、漆黒のビールに積もるクリーミーな泡も存分に楽しむことができますよ。

生産国:アイルランド(創業)

Compathy旅行記の口コミ

Have the freshest pint (or two) of Guinness in your life in the Guiness Storehouse(アイルランド)

旅行記ブログのページ
Michał Pawłowski「A few pints in Ireland…
 

19. キルケニー (KILKENNY):誰でも気軽に飲める!

出典: フォト蔵

パブ文化が盛んなアイルランドで、ギネスと並び人気の高い「キルケニー」。レッドエールの代表格ともいわれ、赤みを帯びた美しい色合いが印象的です。

飲み口が軽やかで後味もスッキリしているため、お肉料理などにも良く合います。グラスに注いだときに分かるキメ細かな泡立ちにも、ぜひ注目してください。

生産国:アイルランド
 

20. シンハービール(Singha):タイ王室にも認められたプレミアムビール

By MOs810 (Own work) [CC BY-SA 3.0], via Wikimedia Commons

シンハ-ビール」は、タイ王室に唯一認められたプレミアムビール。その証拠に、ラベルにはシンボルである獅子(シン)のイラストとともに、タイ王室の象徴「神鳥ガルーダ」が描かれています。

モルトの香りが高くホップの苦味が効いたピルスナータイプのビールは、タイ料理などのエスニックにもぴったり!現地では氷を入れて飲むことも珍しくないそうです。

生産国:タイ

Compathy旅行記の口コミ

やっとありつけたシンハービール

旅行記ブログのページ
Harumi Kobayakawa「初めてのタイ旅行を飲食共に充実させた旅行記
 

1 2 3 ... 5
今ならおトクなキャンペーン実施中!
\ CompathyGOバーチャル旅行、はじまりました! /


斎藤ゆか

斎藤ゆか

Compathy Magazineライターの斎藤ゆかです。



関連する旅行カテゴリ

# 海外旅行のおすすめ・準備・ランキング # アルコール・ドリンク # 世界の料理・グルメ・ごはん # 観光

関連する旅行記事