東洋のパリ!カンボジア首都・プノンペンでスローライフ旅のすすめ

カンボジアではアンコールワットなどが注目されがちですが、今アツいのは首都・プノンペン!“東洋のパリ”とも称される美しい街は、日々新しい発見のある魅力的なエリアです。今回は、プノンペンでのスローライフ旅行のすすめについて紹介します。

今ならおトクなキャンペーン実施中!
\ CompathyGOバーチャル旅行、はじまりました! /


こんにちは。Compathy Magazineの赤崎えいかです。

「カンボジアといえばアンコールワット」そんなイメージだけなのは大間違い!いまカンボジアで熱いのは首都・プノンペン。直行便も就航し、プノンペンの人気はどんどん上昇中です。
今回は、そんなプノンペンの魅力について紹介します。

こだわり抜いたカフェでコーヒータイム

プノンペンは、フランス領地時代のオシャレな街並みが残るなど、“東洋のパリ”との呼び名もある都市。
なかでも人気のバンコン地区は、強い日差しのなかで、目に飛び込んでくる美しい街並みのなか、ショッピングやカフェ巡りを楽しめます。

ブティックホテルや、カフェ、オーガニックコスメショップ、スパなども続々とオープンしているおり、変わりゆく街の新しい発見に出会うことも。
歩き疲れたら、スパで癒してもらうもよし、香りのよいラテを片手に街並みをながめるもよし。気軽で贅沢な時間を過ごすのがおすすめです。

カンボジアの若手起業家が手がけたカフェは店内デザインだけでなく、コーヒーの味も格別。
ほかにも、新鮮なフルーツジュースでビタミンチャージするのも良いですね。

お土産に人気のオーガニックアイテム

スパイスで有名なカンボジアには、ハーブもたくさん。最近はオーガニックハーブなどを使用したスキンケアアイテムも充実しており、ハンドクリームやソープ、入用剤など、ナチュラル志向の海外ブロガーや駐在している人がまとめ買いしていくことも多いんだとか。
日本では数千円するアイテムが、ぐっとお得なプライスなので、お土産だけでなくセルフメンテナンス用に購入してみてはいかがでしょうか?

体にやさしいクメール料理と、たっぷりフルーツ

東西をタイとベトナムに挟まれたカンボジアのクメール料理は、ざっくりと一言で表せば日本人の舌に合うお味。
タイとベトナムの良いところを合わせているので、唐辛子やパクチーが大量に入ることがなく、マイルドで栄養も満点です。

野菜もたっぷり使っているので、旅行中の食事バランスが崩れる心配もないのが嬉しいですね。
果物の王様・ドリアンをはじめ、マンゴスチン、マンゴーなど日本ではなかなか目にすることのできないフルーツをたくさん食べることができるのも魅力。市場でお願いすれば、少量で購入もできるのでぜひいろんなフルーツを味わってみてくださいね。

心に残るのは優しいふれあい

カンボジアの人たちは、とっても穏やかでシャイ。こちらから話しかけると、はにかんだ笑顔で答えてくれるのが印象的。
旅行中はどうしても構えてしまう部分があるかもしれないけど、値段交渉などもプノンペンなら心配しすぎないでも大丈夫。
プノンペンでのんびりとしたアジアライフを堪能してみるのはいかが?

ライター・Photo by:赤崎えいか

関連記事
日本の「イオン」が、カンボジアのプノンペンに出現!その中身と反応は?
カンボジアの平均年齢は24歳!その裏側にある知っておくべき事実

カンボジアについて書かれた旅行記ブログ
【プノンペン】カンボジア紙幣に描かれた「日の丸」の舞台ーキズナ橋とその周辺の観光ポイント 」
【カンボジア・プノンペン】イオンモールはすごかった!! 」
【プノンペン】カフェにナチュラルコスメにマッサージ⭐︎女子旅プノンペン
【カンボジア】ジェノサイドのキリングフィールドへー

今ならおトクなキャンペーン実施中!
\ CompathyGOバーチャル旅行、はじまりました! /


Eika Akasaki

Eika Akasaki

トラベルフォトライター。 世界中をカメラとMacを持って飛び回る。 宗教や文化、各国の女性やファッションに興味をもち追い続けており、著名人へのインタビュー記事も多く扱う。ウエブサイト:Eika Akasaki Photographer



関連する旅行カテゴリ

# プノンペン # プノンペンの観光 # カンボジアの観光 # カンボジア

関連する旅行記事