歴史ある老舗店も豊富!日光のおすすめお土産と購入スポットまとめ

日光東照宮や華厳の滝、中禅寺湖などが有名で魅力溢れる栃木県日光。食べ物も美味しく、お土産も忘れてはいけません!今回は、日光のおすすめ人気お土産をスイーツ菓子から絶品グルメ、雑貨までたっぷり紹介します。

Compathy Magazine編集部が送る
\ 今月のおすすめ記事! /

どこで買う?日光のおすすめお土産屋さん・購入スポット

1. 日光江戸村

Provided by foursquare-icon-16x16

日光駅から車で30分、東武鬼怒川線「鬼怒川温泉」駅よりバスで行ける、江戸時代の文化や生活を再現した人気のテーマパーク「日光江戸村」。江戸時代の殿方や奥方に変身できたり、武士の生活をリアルに体験することもでき、江戸時代にタイムスリップすることができます。

園内のお土産屋さんには、メインキャラクターのちょんまげの猫「ニャンまげ」をデザインした土産物がたくさん売られています。男の子のお土産には忍者が使う手裏剣や、刀、小判などもありますよ!

住所:栃木県日光市柄倉470-2
電話番号:0288771777
営業時間:9:00~17:00(12月1日~3月19日は9:30~16:00)
定休日:水曜日
公式サイト:日光江戸村

 

2. 冨士屋観光センター

Provided by foursquare-icon-16x16

日光東照宮の入口にある「冨士屋観光センター」は、団体客・グループ客向けのお食事処、休憩所、お土産物屋が入っています。駐車場には大型観光バスも停めることができるので、日光東照宮や輪王寺を見学・参拝した観光客で賑わっています。

1階にはお土産物屋があり、ゆば、たまり漬け、東照宮カステラ、日光の羊羹、日光甚五郎煎餅など日光のお土産をはじめ、下野かんぴょう、あけびなど県内の名産品も売られています。1階の喫茶コーナーで販売されている「生ゆばソフト」(350円)は、豆乳を使ったクリームにゆばの歯ごたえが絶妙なソフトクリームです。

住所:栃木県日光市安川町4-9
電話番号:0288540272
営業時間:8:00~17:00
公式サイト:冨士屋観光センター

 

3. 東観荘

Provided by foursquare-icon-16x16

JR・東武「日光」駅より車で5分のところにある「東観荘」。日光東照宮をはじめ、二荒山神社、輪王寺、輪王寺大猷院のある日光山内に位置するので、観光客の宿泊先としてはアクセスしやすくとても便利な場所です。また「東観荘」の場所は、その昔伊達政宗の別邸跡地だったというだけあって絶好のロケーションです。館内の大浴場・露天風呂はリニューアルしたばかり!

売店ではおまんじゅうから提灯までたくさんの日光土産が売っています。また、その近くにロボット「Pepper」君がいますので、興味ある人はぜひ話しかけてみては?

住所:栃木県日光市山内2335
電話番号:0288540611
公式サイト:東観荘

 

4. 日光甚五郎煎餅本舗 石田屋

Provided by foursquare-icon-16x16

日光甚五郎煎餅本舗「石田屋」は、創業100年以上の老舗のおせんべい屋です。「日光甚五郎煎餅」は、日光東照宮の「眠り猫」を彫った『左甚五郎』氏の名にちなんで付けられました。創業以来、日光銘菓として地元民からも親しまれています。

「日光甚五郎煎餅」とは、正方形の塩バター風味のおせんべいで、軽い歯ごたえが特徴。口に入れた瞬間バターの香りが口いっぱいに広がります。バターとはいっても、しつこくないのでいくらでも食べられてしまうおいしさ!缶入りもあるので、お土産にしても割れることなく持ち運びができます。

住所:栃木県日光市本町4-18
電話番号:0288531195
営業時間:8:30~17:00
公式サイト:日光甚五郎煎餅本舗 石田屋

 

5. 金谷ホテルベーカリー 神橋店

Provided by foursquare-icon-16x16

金谷ホテルベーカリー」は、もともと創業100年以上の名門「日光金谷ホテル」で出されているパンを一般の人も買いやすいようにと、ホテル外につくられて始まりました。「金谷ホテルベーカリー 神橋店」は、同ホテルの入口にあります。リニューアルオープンした明るい店内では、パンをはじめとし、クッキーやスイーツなども買うことができます。

パンの種類は50種類以上!お店のおすすめは、ホテルの朝食でも使われている食パン「ロイヤルブレッド」。どんな食材とも相性がよく、シンプルだけど飽きのこない美味しさです。またホテルパンの生地に、チーズを混ぜ筒状に焼き上げた「チーズロード」はお子さまにおすすめです。

住所:日光市上鉢石町1024
電話番号:0288541108
営業時間:9:00~18:00(季節によって変動あり)
公式サイト:金谷ホテルベーカリー

 

6. 竹内物産店

日光東照宮まで徒歩10分ほどのところにある、お土産物屋「竹内物産店」。こちらのお店では日光の山中で獲れた山椒の若芽を煮たお店の自慢の品「山椒の若葉煮」や、トチノキやホウノキ、カツラに彫刻を施した「日光彫」、お菓子、キーホルダーなどを購入することができます。

上記でご紹介した、キーホルダーや民芸品もこちらで買うことができるかもしれません!お探しの方は、「竹内物産店」を覗いてみてはいかがでしょうか。

住所:栃木県日光市上鉢石町1022
電話番号:0288540648
営業時間:9:00~18:00

 

7.日光のおみやげ屋さん(株式会社ダイエー)

日光のおみやげ屋さん 株式会社ダイエー」は、日光たまり漬け、とちおとめを使ったお菓子、日光ゆば、餃子風味のスナック菓子、お漬物など、日光市内のお土産で一度は目にしたことのあるような商品を一同に扱う会社です。

「日光濃旨チーズケーキ」で紹介した直営菓子工房ベリーツも株式会社ダイエーの直営店です。お土産を買い忘れてしまった場合や、電車移動で荷物になってしまう場合は、直営のネットショップでも注文することができます。

住所:栃木県日光市 森友1515-20
電話番号:0288212272
営業時間:8:30~17:00
定休日:日曜日
公式サイト:株式会社ダイエー

 

8. 道の駅日光 日光街道ニコニコ本陣

Provided by foursquare-icon-16x16

JR日光線「今市」駅、東武日光線「下今市」駅より、それぞれ徒歩5分のところにある「道の駅日光 日光街道ニコニコ本陣」。こちらは日光の市街地にあり、電車で行くことのできる全国でも珍しいアクセスの良い道の駅です。

日光の名産品の他にも、栃木の特産品、栃木の地酒、お惣菜、農産物など、栃木県内のお土産を買うことができます。施設内には、お食事処や全面彫刻を施した伝統の「彫刻屋台」(お祭りの山車)も展示されているので帰り道に立ち寄るのもおすすめです。

住所:栃木県日光市今市719-1
電話番号:0288257771
営業時間:9:00~18:00
定休日:火曜日
公式サイト:道の駅日光 日光街道ニコニコ本陣

 

9. ひしや

日光で和菓子といえば「羊羹」というほど、この界隈は羊羹の激戦区。そんな中で、昔ながらの手作り羊羹を造り続けている「ひしや」は明治創業の練り羊羹一筋のお店です。種類も練り羊羹1種類だけ。手作りのため、1日に作れる羊羹はひと釜分のみ。そのため、早いときはお昼過ぎには売り切れてしまうそう。

竹の皮に包まれた羊羹は、ずっしりとしていてちょっと甘めの昔ながらの味。渋めのお茶がよく合いそうです。2~3日経つと表面にお砂糖が浮いてきて、また違った食感を楽しむことができますよ。年配の方のお土産に喜ばれそうです。

住所:栃木県日光市上鉢石町1040
電話番号:0288540623
営業時間:9:00~不定

 

10. 落合商店

Provided by foursquare-icon-16x16

日光土産といえば、もう一つ外せないのが「落合商店」の「元祖志そ巻とうがらし」です。塩漬けにしたしそに、塩漬けの唐辛子を巻いたもので、日光修験の際、体を温めるために作られたものだそうです。今でも一本一本手作業で丁寧に仕上げられています。

細かく刻んで、ご飯にのせたり、パスタ、おにぎり、お茶漬けの具材にしてもおいしくいただけます。辛いものが好きな方へのおみやげにいかがでしょうか。

住所:栃木県日光市下鉢石町938
電話番号:0288542813
公式サイト:落合商店

 

11. けっこう漬本舗 森友バイパス店

Provided by foursquare-icon-16x16

日光東照宮から車で20分ほどのところにある「けっこう漬本舗 森友バイパス店」。店頭にある機関車が目印です。お店の看板商品である「けっこう漬け」は、塩漬けにした、らっきょう、しょうが、きゅうりなどをたまり醤油で漬け込んだお漬物です。

たまり醤油にワインやハチミツを加えて漬け込んでいるので、風味がとっても豊か。ご飯にも、お酒のお供にもぴったりです。1袋500~600円からもありますので、何種類か組み合わせてお土産にしてはいかがでしょう。

住所:栃木県日光市森友838-1
電話番号:0288229191
休業日:元旦のみ
公式サイト:けっこう漬本舗

 

12. 日光練羊羹 吉田屋羊かん本舗

日光東照宮から徒歩10分ほど、お土産屋さんが建ち並ぶメイン通りにある「日光練羊羹 吉田屋羊かん本舗」。こちらのお店の羊羹は、大正時代に皇室に献上されていた逸品です。定番のひと口羊羹は、練、塩、大納言の3種類どれも1個130円とお手頃価格なのも嬉しいですね。

さっぱりしていて夏におすすめなのが「水羊羹」。さらりとした舌触りで、小豆の風味がふんわり香り甘さ控えめなのが特徴です。冷蔵庫でよく冷やして食べましょう。

住所:栃木県日光市中鉢石町903-1
電話番号:0288540009
営業時間:9:00~18:00
定休日:水曜日
公式サイト:日光練羊羹 吉田屋羊かん本舗

 

おわりに

日光東照宮や日光輪王寺など歴史ある寺社仏閣が建ち並ぶ「日光」は、一年を通して多くの人で賑わっています。観光客も多いため、お土産屋も充実しています。特産品、日光銘菓、民芸品、キーホルダーなどその種類も豊富なので、ぜひ日光観光の最後に立ち寄ってみてはいかがでしょうか?

ライター:chatoranta
Photo by: foursquare-icon-16x16

栃木県の関連旅行記ブログ

*Kimishigure「2013.10 日光

*Satorin Sumitomo「初☆日光東照宮!初☆日光!!

*Fujisawa Mayuko「日光、宇都宮日帰り

12 3
chatoranta

chatoranta

Compathy Magazineライターのchatorantaです。



関連する旅行カテゴリ

# お土産 # 栃木の観光 # 栃木のお土産 # 日光の観光 # 日光のお土産 # 関東地方 # 関東地方のお土産 # 関東地方の観光 # 日本のお土産 # 日光 # 栃木 # 観光 # 日本の観光 # 日本

関連する旅行記事