歴史ある老舗店も豊富!日光のおすすめお土産と購入スポットまとめ

日光東照宮や華厳の滝、中禅寺湖などが有名で魅力溢れる栃木県日光。食べ物も美味しく、お土産も忘れてはいけません!今回は、日光のおすすめ人気お土産をスイーツ菓子から絶品グルメ、雑貨までたっぷり紹介します。

こんにちは。Compathy Magazineライターのchatorantaです。関東の北に位置する栃木県・日光は、世界遺産に登録された日光東照宮などの歴史観光や、滝・湖と豊かな自然を感じる事ができたりと幅広い年代層から人気の観光地です。都内から電車で2時間程度と気軽に行くことができ、日帰りも可能な場所です。

そんな日光は、見所もたくさんですが食べ物も忘れてはいけません。女性が喜ぶスイーツやお菓子はもちろん、湯葉や餃子などの絶品グルメも豊富です。日光にはこだわり抜かれた歴史ある老舗菓子店が多く軒を連ねています。食べ歩きを楽しみつつ、お土産もたっぷり買って帰りましょう!今回は、日光の人気なお土産とおすすめ購入スポットを紹介します。

Provided by foursquare-icon-16x16

日光のおすすめ人気お土産~お菓子・スイーツ~

1. きぬの清流(虎彦製菓):鬼怒川の銘菓!和風クッキー

出典: 楽天

きぬの清流」は余計な油などは使わず、卵と小麦だけでつくられた和風クッキーです。
その爽やかな香りとさっくりと、またしっとりとした食感は和菓子好きを虜にし、50年以上も愛され続けています。
クッキーに挟まれた餡は小豆・栗・とちおとめの3種類があります。3種類全部試したい方にも、3種類詰め合わせ6袋入りも648円で販売しているのでおすすめです。

価格:486円(税込み)/5個入り

お土産屋・取扱い店舗:公式サイトを確認
商品ページ:きぬの清流

 

2. ふる里のあけび

出典: 楽天

全国菓子大博覧会大臣賞を受賞した日光銘菓の「ふる里のあけび」。シュー生地で国産の餡を包み込んだ上質な味わいの和菓子です。シュークリームのような見た目なのに、北海道産の小豆とシュー生地の一風変わったコラボレーションが楽しめます。半世紀以上変わらない秘伝の製法で、熟練の職人さんにより作りだされる老舗こだわりの味は、安定の美味しさ。

過去には、昭和天皇にも献上したことのある歴史・実績ありの「ふる里のあけび」は県内各地のホテル、お土産屋、ドライブインなどで購入できます。

価格:864円(税込み)/9個入り

お土産屋・取扱い店舗:ふるさとのあけび
住所:栃木県日光市和泉758-2
電話番号:0288502630
営業時間:9:00~17:00
定休日:日曜日・水曜日

 

3. 日の輪(日光羊羹 綿半)

Provided by foursquare-icon-16x16

創業天明7年(1787年)の「綿半」は、日光で初めて羊羹をつくったお店です。お店の庭に湧いていた綺麗な水をつかって羊羹をつくったため、味が長持ちしたそうです。江戸時代から、日光の羊羹は江戸のものより美味しいと評判だったとか。

練羊羹も人気ある商品ですが、今回おすすめするのは練羊羹とも並ぶ人気の「日の輪」。「日の輪」は、綿半の二代目店主が作り出した、こし餡を小麦粉の皮で包んだ上品な味のおまんじゅうです。なお名前の由来は、輪王寺に献上した所、気に入られ、日光の「日」と輪王寺の「輪」からきているそうです。
賞味期限は常温で3日間ですので、お早めにお召し上がりください。

価格:1,150円/6個入り

お土産屋・取扱い店舗:綿半 本店
住所:栃木県日光市安川町7-9
電話番号:0288531511
営業時間:8:30~17:30
定休日:火曜日
商品ページ:日の輪

 

4. 揚げゆばまんじゅう(さかえや)

Provided by foursquare-icon-16x16

東武日光駅前正面に店舗を構える日光銘菓「揚げゆばまんじゅう」は、さかえやオリジナルの和菓子です。サクサクの衣にモチモチのこし餡はファンが多くいます。店頭で揚げたてを食べたいがためにわざわざ寄る人もいるほど。おつまみにもちょうどよく、少し塩をつけるとより美味しく感じられます。
テレビでも多数紹介され、芸能人にもファンが多い有名店の味、ぜひ味わってみてはいかがでしょうか。

価格:1,200円(税込み)/6個入り

お土産屋・取扱い店舗:さかえや
住所:栃木県日光市松原町10-1
電話番号:0288541528
営業時間:9:30~18:30
商品ページ:揚げゆばまんじゅう

 

5. 一口羊羹(三ツ山羊羹本舗)

Provided by foursquare-icon-16x16

添加物なし、昔ながらの製法だけでつくる三ツ山羊羹本舗の「一口羊羹」は、素材そのものの美味しさを存分に引き出したこれぞ羊羹といった味です。
一口大に切られているので食べやすく、味はもちろん、香りも大切にしていつくられています。厳選されたお砂糖も国産小豆をしっかり引き立たせています。お店ではいろいろな種類の羊羹の味見もできるので、「一口」羊羹以外もぜひ食べてみてください。

お土産用の化粧箱入り「一口羊羹」も10個折から100個折までバリエーションがあり、バラマキ用にも良いでしょう。

価格:120円(税込み)/1個

お土産屋・取扱い店舗:三ツ山羊羹本舗
住所:栃木県日光市中鉢石町914
電話番号:0288540068
営業時間:8:00~18:30
定休日:元日
商品ページ:一口羊羹

 

6. 酒饅頭(湯沢屋まんじゅう本舗)

出典: 楽天

湯沢屋まんじゅう本舗は1804年創業、実に200年以上の長きに渡り代々受け継がれてきた老舗饅頭店です。「酒饅頭」は糀を利用して皮を膨らますことから、同じく糀を使う酒ににているとしてその名前がつきました。湯沢屋では自分のところでもち米を発酵させ、糀づくりからはじめます。ベテランの職人によって丁寧に作り上げられ、「酒饅頭」が完成するまで実に7日間もかかるそうです。

お店では飲食スペースも併設されており、「酒饅頭」はもちろん、水羊羹など出来たての和菓子を味わうことができます。無添加のため賞味期限は3日間と短めですが冷凍保存も可能で、通販にも対応しています。

価格:1,200円(税込み)/8個入り

お土産屋・取扱い店舗:湯沢屋まんじゅう本舗
住所:栃木県日光市下鉢石町946
電話番号:0288540038
営業時間:8:00~18:00
商品ページ:酒饅頭

 

7. 日光ラスク(日昇堂)

絶品の羊羹で知られた老舗和菓子屋・日昇堂が、「伝統とは革新の連続である」との創業者の言葉のもとに作り出したのが、この「日光ラスク」です。
キューブ状のラスクは一口サイズで食べやすく、年齢を選びません。
お手頃な値段でプチギフトにもおすすめで、実に100万個以上を売りあげました。

サクッとした軽い食感のラスクにシュガーをまぶした定番の甘いシュガー味をはじめ、メープル味・苺チョコ味・抹茶味・ビターチョコ味・黒糖味もあります。また、日光東照宮の三猿や眠り猫などのイラストが書かれたパッケージは、とてもかわいくお土産にも喜ばれそうです。
お店の裏に和モダンな茶寮もあり、こちらもぜひ利用してみてください。

価格:380円/テトラタイプ 80g

お土産屋・取扱い店舗:元祖日昇堂 日光本店
住所:栃木県日光市上鉢石町1038-1
電話番号:0288530534
営業時間:11:00~16:00 
定休日:不定休
商品ページ:日光ラスク

 

8. チーズケーキ日瑠華(明治の館)

日光東照宮近くにあるレストラン、「明治の館」。
日本コロムビアの前身の会社を作ったアメリカ人の別荘だったこの明治時代の建物は、戦時中に当時の重光外相が疎開し、降伏文書の調印にはここから出向いたという歴史ある洋館です。

ここ「明治の館」で販売している「チーズケーキ日瑠華(ニルバーナ)」は、日光に訪れた際にはぜひ食べて欲しいスイーツです。レストランで食事をした人のほとんどが注文するというチーズケーキは、デンマークの最高級チーズを使用したコクのある濃厚レアチーズケーキです。

価格:1,800円~(税抜き)/化粧箱入り(小)

お土産屋・取扱い店舗:日光・明治の館
住所:栃木県日光市山内2339-1
電話番号:0288533751
営業時間:11:00~19:30
商品ページ:チーズケーキ日瑠華

 

9. 金箔入日光カステラ(日光カステラ本舗)

Provided by foursquare-icon-16x16

日本おみやげアカデミーグランプリを受賞した日光カステラ本舗が販売する「金箔入日光カステラ」は、ご自宅用にはもちろんお土産にもおすすめです。食品添加物を一切使用せず、こだわり抜かれた材料をふんだんに使っています。香り豊かな「アカシア蜂蜜」を使い、しっとりと、それでいてふっくらした仕上がりのカステラです。

人気ナンバー1の「ハニー味」と甘さ控えめの「抹茶味」があり、2つの味がセットになったものも販売しているのでそちらもおすすめです。系列店舗には「磐梯日光店」と「西参道店」もあり、「磐梯日光店」の方には広い駐車場も完備しているので車で出向いた際も安心です。

価格:970円~/250g

お土産屋・取扱い店舗:日光カステラ本舗 本店など
住所:栃木県日光市本町1-8
電話番号:0288536171
営業時間:夏季(4月~11月)9:00~18:00 冬季(12月~3月) 9:00~17:00
商品ページ:金箔入日光カステラ

 

10. 塩羊羹(つるやの塩羊羹本舗)

「つるやの塩羊羹本舗」の「塩羊羹」は、ほんのりとした塩気が感じられ、口あたりが爽やかでさっぱりとしています。甘すぎないけれど小豆の味はしっかりしていて美味しいと、リピートするお客さんも多いとか。表面はつるっとしていて、すこし水羊羹に近いかもしれません。

人気の商品なので、夏から秋のシーズンではお昼くらいには売り切れることもあるとか。確実にほしい方は電話でお願いしておいたほうがいいかもしれません。また、月1~2回ほど不定休なのでこちらも確認の上で行かれることをおすすめします。

お土産屋・取扱い店舗:つるやの塩羊羹本舗
住所:栃木県日光市湯元2549
電話番号:0288622537
営業時間:9:00~16:00
定休日:火曜日
商品ページ:商品名

 

11. 補陀洛まんじゅう(ふだらく本舗)

Provided by foursquare-icon-16x16

日光銘菓ふだらく本舗の和菓子は全て手作りされています。
「ゆばむすび」も人気ですが、今回おすすめするのは「補陀落まんじゅう」。「小倉つぶ餡」「さっぱりこし餡」「きんとん餡」の3種類の味が楽しめます。1個から購入可能でお値段もお求めやすいのもありがたいですね。自由に組み合わせて詰められる箱入りでの販売もあるので、お土産にもおすすめです。

ただし新鮮さを保つため、製造当日に売り切ってしまいますので、売り切れにご注意ください。また「ふだらく本舗」でしか買えませんが、日光駅徒歩5分のところに支店もありますので、ぜひ無くなってしまう前にお求めください。

価格:110円/1個

お土産屋・取扱い店舗: ふだらく本舗 本店
住所:栃木県日光市花石町1935-1
電話番号:0288542385
営業時間:8:30~17:30
商品ページ:補陀洛まんじゅう

 

12. 日光濃旨チーズケーキ(夢菓房 Berreet’s(ベリーツ))

夢菓房Berreet’sがひとつひとつ丁寧に作りあげる「日光濃旨チーズケーキ」は、濃厚な味わいが美味しい人気のチーズケーキです。ナチュラルチーズを35%以上使用、実に3分の1はチーズでできている、まさに濃厚と言うにふわさしいケーキです。そのままでも冷やしてもおいしく、チーズと生クリームのコラボレーションが楽しめます。5号サイズで1つ1,296円とお手軽なのもよいですね。
また、常温保存でお日持ちも45日と長めで旅のお土産にはありがたい商品です。

価格:1,296円/1個

お土産屋・取扱い店舗:夢菓房Berreet's
商品ページ:日光濃旨チーズケーキ

 

13. 生クリーム大福(菓匠おしやま)

創業100年以上の名店「菓匠おしやま」の「生クリーム大福」は、日光を代表するおみやげの一つです。「生大福」と「竹炭ごま生大福」の2つがあり、さらにシーズンになると「とちおとめ」をつかった「いちご生大福」が登場します。

ふわふわもちもちの求肥で、北海道産の特選小豆餡と砂糖等無使用のコクのある生クリームを包み込んだ贅沢な一品です。餡と生クリームの組み合わせが絶妙で、あえて半解凍で食べてもアイスのようでまた違った美味しさがたのしめます。

価格:450円(税込み)/3個

お土産屋・取扱い店舗:菓匠おしやま
住所:栃木県日光市御幸町614-1
電話番号:0288541597
営業時間:8:30~18:30
定休日:水曜日

 

14. 三猿(日光人形焼みしまや)

日光東照宮の「見猿・言わ猿・聞か猿」の三猿の形をした人形焼は、その見た目からも日光土産におすすめです。その可愛い「三猿」の人形焼は食べるのがもったいないくらいです。「日光人形焼みしまや」は素材にこだわっており、全国各地の一級品ばかりを利用した国内産100%。

日本ロマンチック街道沿いにあるので観光ついでにぜひ立ち寄ってみてはいかがでしょうか。お土産用の箱売りは、様々なバージョンの詰め合わせになっていて、箱を開けただけできっと楽しくなるでしょう。山椒風味もあるのでお好みでどうぞ。

価格:130円(税込み)/1個

お土産屋・取扱い店舗:日光人形焼みしまや
住所:栃木県日光市石屋町440
電話番号:0288540488
営業時間:9:00~17:00
定休日:木曜日
商品ページ:三猿

 

1 23
chatoranta

chatoranta

Compathy Magazineライターのchatorantaです。



関連する旅行カテゴリ

# お土産 # 栃木の観光 # 栃木のお土産 # 日光の観光 # 日光のお土産 # 関東地方 # 関東地方のお土産 # 関東地方の観光 # 日本のお土産 # 日光 # 栃木 # 観光 # 日本の観光 # 日本

関連する旅行記事