【ロンドン現地情報】現地で大人気のロンドン・ヴィレッジへ行こう

ロンドンの観光地と言えばロンドン・アイ、ロンドン塔、セント・ポール大聖堂、バッキンガム宮殿、タワーブリッジなど見所がたくさんありますが、今回はもう少し現地に密着した週末に賑わっているブリグストン駅から徒歩5分のブリグストン・ビレッジをご紹介します。

AfterコロナのNewスタンダード?
\ CompathyGOバーチャル旅行、はじまりました! /


こんにちはCompathy MagazineのMari.kです。
ブリグストンは数年前まで治安が悪いと言われ、あまり観光地としては人気がなかった場所でしたが、最近では現地に住む人からも人気のエリアで週末は街全体が昼間から盛り上がっています。

観光で行っても楽しいブリグストン・ビレッジをご紹介


ブリグストンと言えばアフリカ系カリビアンの人が住む場所として有名ですが、ここ最近はヨーロッパ圏内出身の人やアジア系の人も住んでいます。ブリグストン・ビレッジとはレストラン、八百屋、肉屋、魚屋、金物屋などの個人店が集結する商店街で平日にも関わらず多くの人が訪れている場所。週末は昼間から賑わっていてブリグストン・ビレッジ内を散歩するだけでも楽しいですよ。

ブリグストン・ビレッジまでの行き方

Victoria Libe(ビクトリア線)のBrixton駅下車で徒歩200mの場所にあります。駅を出て左に曲がると左手にErectric Aveとカラフルな看板がビルの上に表示されています。そこを左に曲がり歩くとブリグストン・ビレッジへ到着します。

Brixton駅と通るバスの番号一覧

バスの番号は、「P4 P5 2 3 35 36 37 45 59 109 118 133 159 196 250 322 333 345 415 432 689 690」(2017年4月時点)。下車するバス停はBrixton駅で降りましょう。

車でお越しの方

サイトにある青い部分が1時間無料の駐車場です。グレーの部分がお金を支払って止められる駐車場。黒い丸の部分はバイクのみの駐車場です。

駐車場がわからない場合は下記の電話番号かメールにで確認してください。

カスタマーセンター
住所:Olive Morris House 18 Brixton Hill SW2 1RL
電話:020 7926 9000
メール:ParkingEnquiries@ lambeth.gov.uk

ブリグストン・ブレッジ内のレストラン


アジア料理、南米料理、ヨーロッパ料理など世界中の料理が楽しめます。また値段もピンキリですがランチで7ポンド〜15ポンド。夜は飲み物を含めて15ポンド〜になります。どのお店も美味しそうでしたが、私はコロンビア料理に挑戦しました。

ベジタリアンプレートから肉メインのプレート料理が揃っていて、味も素材の味を生かした体に良い料理なので日本人好みの味かなと思いました。その他にもタイ料理屋さんも野菜たっぷりな汁物があったり、ビレッジの外にはジャマイカを代表する料理ジャークチキン屋さんなどがあります。ビレッジ内を友達と食べ歩&飲み歩き(様々な国の飲み物も販売している)などの楽しみ方もできます。

新鮮野菜を買いに行こうと


毎週日曜日にファーマーズマーケットが行われていて、多くの観光客や現地に住む人たちで賑わいます。新鮮な野菜を購入したい人は日曜日を狙って行ってみましょう。購入しなくても観光として遊びに行っても活気溢れたブリグストンを見れるので楽しいですよ。
ファーマーズマーケット:http://brixtonmarket.net/farmers-market/

レトロビンテージマーケット

毎週開催されているイベントではないので、カレンダーを確認して見に行きましょう。とっておきの掘り出し物が手に入るかもしれません。

自分でお店を開けちゃう?


実は就労ビザがあれば自分でマーケットにお店も出店できます。値段は月〜木曜日は1日10ポンド〜で週末は出店するものによって値段は異なります。
サイトで確認してください。
お店出店情報:http://brixtonmarket.net/for-traders/stall-prices/

おわりに

ロンドンの中心部と街の感じが全く違うので観光の中にもっと現地感を感じてみたい! 新しいロンドンを発見したい人にはおすすめです。また、週末の夜はクラブやバーが集結しているので中心に住む現地の人もブリグストンへ遊びに繰り出さす姿をよく見ます。是非ブリグストンも堪能してください。


Photo by:Mari Torochacha
ライター:MARI KANEKO from Island Stage Japan

*Mari Torochacha「イギリス西部黒ひげ海賊団のティーチが育ったブリストルで過ごした年末年始
*Mari Torochacha「大英博物館で国宝発見
*Mari Torochacha「ハリー・ポッターが好きなんです!行きたかったキングスクロス駅!

AfterコロナのNewスタンダード?
\ CompathyGOバーチャル旅行、はじまりました! /


Mari. K

Mari. K

ダンサー・ヘアーメイクアップアーティスト・フォトグラファーなどのフリーランスを紹介するISLAND STAGEを2017年に設立。 自身もダンサーやヘアメイクとして国内外で活動していました。(主に中南米やアメリカ) カリブ海トリニダード・トバゴではソカのコンテストでチームリーダーとして活躍し、グループのメンバーと協力し世界ランキングベスト16位に入賞。国内ではダンスショーレストランの立ち上げ、ダンスプロデュース、CMアクトコンサルト、イベント主催、アーティストバックダンサーなどの実績があります。 現在は拠点をイギリスに移し、Compathy Magazineを通じて世界の音楽や文化を日本の皆さんに伝える活動もしています。



関連する旅行カテゴリ

# ロンドン # ロンドンの観光 # イギリスの観光 # ロンドンの料理・グルメ # ロンドンのエンターテイメント # イギリス

関連する旅行記事