ボレスワビエツ陶器の見分け方とは?三大会社の特徴徹底紹介!

ポーランド食器の名産地として有名な都市、ボレスワビエツ。ボレスワビエツ陶器は同じ形・柄に見えても、製作した会社によって少しずつ特徴があります。今回は、ボレスワビエツ陶器の三大会社の特徴について紹介します!

Compathy Magazine編集部が送る
\ 今月のおすすめ記事! /

こんにちは。Compathy Magazine ライターのKazumiです。

日本でも大人気のポーランド食器は、ドイツとの国境に近いポーランド南西部のボレスワビエツという街で作られています。その為、ポーランド国内ではボレスワビエツ陶器の呼び名が一般的です。
意外と知られていないのですが、ポーランド食器(ボレスワビエツ陶器)は、1社のブランド名ではなく、その名の通りボレスワビエツ市にある複数の会社の工房で作られている陶器の総称です。その為、同じ柄・同じ形の食器で同じように見えても、よく比べてみると各社によって少しずつ違いがあります。

そこで、今回はボレスワビエツ陶器を作っている主な会社と、その製品の特徴をご紹介します。
ポーランド食器選びに役立つこと間違いなしです!

筆者撮影

食器の裏側を確認!ボレスワビエツ陶器の三大会社を紹介

それでは、ボレスワビエツ陶器を作っている三大会社をご紹介します。ボレスワビエツ陶器を裏向きにひっくり返してみると、各社のスタンプが押してあります。どのスタンプかによってどの会社の製品かを見分けることができますよ。

1. Zakłady Ceramiczne “BOLESŁAWIEC”:ザクワディ・ツェラミチネ・ボレスワヴィエツ(ボレスワビエツ陶器製造会社)

筆者撮影

筆者撮影

Zakłady Ceramiczne “BOLESŁAWIEC”」は他社の陶工所を1947年に受け継いだ、地域で最も古く伝統ある会社。ボレスワビエツ陶器の二大製造元の1つです。
社名に「ボレスワビエツ」という地名を入れることが許されているのは老舗のこの会社ならでは。歴史と伝統を感じますね。

同社のボレスワビエツ陶器は、約2,000種の豊富な形、2,000パターン以上の絵柄があるそう。なかでもピーコックやトンボ柄などの伝統的な形やデザインは、歴史と伝統のある同社の最も魅力的な製品の1つだと思います。
伝統的なポーランドの漬物用の壺など、茶色の釉薬掛けのみの陶器も製造しているのも特徴。陶器裏面のスタンプは写真の2種類の内どちらかが押されているので、ぜひチェックしてみてくださいね。

住所:Kościuszki 11, 59-700 Bolesławiec
公式サイト:Zakłady Ceramiczne "BOLESŁAWIEC"

 

2. Ceramika Artystyczna:ツェラミカ・アルティスティチナ(芸術陶器)

筆者撮影

Ceramika Artystyczna」は、上で紹介したZakłady Ceramiczne”Bolesławiec”と並ぶ、ボレスワビエツの二大製造元のもう1つです。1950年にドイツの陶工がポーランドの手に渡り、陶器製造を再開したところから同社の歴史が始まりました。

伝統を大切に継承しつつ、アーティスティックなデザインも積極的に作っている同社の製品。柄は何と約5,000種類もあるのだとか。独特のシェイプとデコレーションを誇るこの会社の製品は、世界でも数々の賞を受賞する美しさが最大の特徴と言えるでしょう。

住所:Kościuszki 23, 59-700 Bolesławiec
公式サイト:Ceramika Artystyczna

 

3. Ceramika Artystyczna WIZA:ツェラミカ・アルティスティチナ・ヴィザ(ヴィザ芸術陶器)

筆者撮影

Ceramika Artystyczna WIZA」は、ボレスワビエツの街から西へ13kmほど行ったところにある、Parowa(パロヴァ)という場所に工房があります。1963年設立の会社でザクワディ、ツエラミカ・アルティスティチナ、に次ぎ3番目に古い陶器工場です。

同社の製品は他社と比べると少しぽってりとしていて厚みがあり、昔ながらの素朴な風合いがあります。スタンプの押し方1つにも、手作りの味わいがより感じられるのが特徴です。
青いイメージのボレスワビエツ陶器の世界で、同社を代表する人気の絵柄は緑の花柄(カモミール柄)というのもツウなところ。ほかにも黄色や赤をメインの色にしたシリーズも展開しているので、要チェックですよ。

住所:61, 59-723 Parowa
公式サイト:Ceramika Artystyczna WIZA

 

おわりに

いかがでしたか。余談ですが、私は以前既に持っているお皿と同じものを買い足したかったのですが、会社が違うと微妙にサイズや形が違うとは思っていなかったので、サイズだけ確認して別の会社のお皿を購入したことがありました。

後で買ったお皿と手持ちのお皿と比べてみると、厚みやカーブの角度が微妙に違って あれっと思ったことがあります。今ではそれぞれの会社の商品の特徴として少しの違いを楽しんで使っていますけどね。
別々の会社が作る陶器ですので、例えば同じ柄、同じ形のお皿でも、各社によって少しずつ特徴があるということは、お買い物の際には覚えておいた方が良いでしょう。今回の記事が、みなさんのお買い物に役立つ情報であれば幸いです!

ライター・Photo by Kazumi



関連する旅行カテゴリ

# ヨーロッパ # お土産 # ショッピング・買い物 # ヨーロッパのお土産 # ポーランドの観光 # ポーランドのお土産 # 観光 # ヨーロッパのショッピング・買い物 # ポーランド # ヨーロッパの観光

関連する旅行記事