絵葉書のような景色を見に行こう!町全体が一色に染まった絶景5選

今回は、世界に存在する町全体が一色に染まった絶景スポット5つご紹介します。世界のこれらの町にふれると、まるで時が止まったかような、不思議な魅力を感じるかもしれません。ぜひ皆さんも、この雰囲気を感じてください。

Compathy Magazine編集部が送る
\ 今月のおすすめ記事! /

こんにちは、Compathy MagazineライターのMayumiです。
町全体が同じ色で統一されていると、まるで時が止まったかような、不思議な魅力を感じませんか? 日本でいえば、京の町家が有名。今回は、世界に存在する、町全体が一色に染まった絶景スポット5つご紹介します。

青の町:シャオエン(モロッコ)

シャオエンの迷宮都市 Photo Credit by Mayumi「目が覚めるような青の迷宮!町全体が青に染まるシャウエン」[

目の覚めるような青に包まれた町、モロッコのシャオエン。青一色の由来は、かつてこの地に住んだユダヤ教徒による宗教的な意味合いや、殺虫効果のためなど諸説言われています。迷路のように複雑に入り組んだ路地裏は、迷宮に迷い込んだような錯覚に陥ります。

白の町:フリヒリアナ(スペイン)

フリヒリアナ Photo Credit by Azusa「街や村の可愛いさに癒されるスペイン女子旅♡

白い町が多い印象のスペインの中でも、「スペイン一美しい村」に選ばれたアンダルシア地方にあるフリヒリアナ。降り注ぐ強烈な日差しを遮るためというこの地特有の事情が由来のようです。情緒ある路地裏とかわいらしい町並みから、絵葉書にしたい美しさだと人気急上昇です。

ピンクの町:ピンク・シティ(インド)

風の宮殿ハワー・マハル Photo Credit by 安田 咲「インド女子旅♪~ピンクの町とタージ・マハルと~

西インド・ラジャスタン州の州都ジャイプール。別名「ピンク・シティ」と呼ばれる旧市街は、サーモンピンクの砂岩で出来た城壁や建造物に囲まれています。時の王様マハラジャが好んだ色であり、19世紀後半、英国王室の皇太子招待を機にピンクに統一してしまったとか。王様の豪気がうかがえる町です。

黄金の町:ゴールデン・シティ(インド)

アンベール城 Photo Credit by tabitabi parsley「2012.11 濃いするインド ~Jaipur~

ピンク・シティからさらに西の果てにあるジャイメルサールは別名「ゴールデン・シティ」。砂岩でできた要塞都市で、西日を受けると黄金のように輝くことからこの名がつけられました。これもマハラジャ王の趣味であり、ジュドプールの「ブルー・シティ」と「ピンク・シティ」はセットで有名です。

アースカラーの町:ヒヴァ(ウズベキスタン)

ヒヴァの城塞都市 Photo Credit by Kishigami Tetsuya「城壁に囲われた街 ヒヴァ!!ウズベキスタンで外せない観光地です!!

シルクロードの隊商都市の一つ、ウズベキスタンのヒヴァ。この町は二重の城壁に囲まれており、内側は「イチャン・カラ」と呼ばれ、世界遺産にも登録されています。日干しレンガに覆われた町は、とてもあたたかみのあるアースカラー一色。この城壁は「進撃の巨人」を彷彿とさせるとも言われています。

おわりに

日本の町は、その多くが色も高さも無秩序で、ゴミゴミと窮屈な印象を受けます。だからこそ、世界のこれらの町にふれると、秩序だった安定感と閉塞感から解放されるような空気を感じるのかもしれないですね。

町全体が一色の絶景を旅する前に、実名制の旅行記Compathyで「行ってみたい!」ところをチェック! (「行ってみたい!」の使い方はこちら

ライター:Mayumi

関連旅行記

■シャオエン: Mayumi「目が覚めるような青の迷宮!町全体が青に染まるシャウエン
■ピンク・シティ: 安田 咲「インド女子旅♪~ピンクの町とタージ・マハルと~
■フリヒリアナ:Azusa「街や村の可愛いさに癒されるスペイン女子旅♡
■ゴールデン・シティ: tabitabi parsley「2012.11 濃いするインド ~Jaipur~
■ヒヴァ: Kishigami Tetsuya「城壁に囲われた街 ヒヴァ!!ウズベキスタンで外せない観光地です!!

Mayumi

Mayumi

自称ミステリーハンター。ガイドブックに乗っていないマニアックな秘境を訪ね歩くのが好き。地球上にある心震える絶景をお届けします!!



関連する旅行カテゴリ

# 世界遺産 # 大自然・絶景 # 世界の旅行記・海外旅行ブログ # 観光

関連する旅行記事