いつか行きたいアフガニスタン!バーミヤン渓谷の見どころを紹介

アフガニスタンは現在は紛争が続き、旅行者の入国が制限されています。そういった状況もあり、なかなか現地に行くことができません。今回は、いつの日か皆さんがこの桃源郷を訪ねることができることを祈りつつ、 バーミヤン渓谷とその周辺の見どころを紹介します。

Compathy Magazine編集部が送る
\ 今月のおすすめ記事! /

Compathy Magazineライターの阿佐智です。
アフガニスタンと言えば、やっぱりバーミヤン。一面の青い空に伸びる岩壁にいくつもの穴が掘られ、最大の岩壁の中に大きな仏様が立っています。

その幻想的な風景を写真などで目にしたことのある人もいるでしょう。しかし現在は紛争が続き、旅行者の入国が制限されています。そういった状況もあり、なかなか現地に行くことができません。

バーミヤン

バーミヤン渓谷の風景

今回は、いつの日か皆さんがこの桃源郷を訪ねることができることを祈りつつ、 バーミヤン渓谷とその周辺の見どころを紹介します。

バーミヤン遺跡

石窟

バーミヤン遺跡

バーミヤン渓谷にある遺跡は一番の見所といっても過言ではありません。街道沿いに東西に伸びるバーミヤン村の北側にそびえる岩山の断崖に彫られた無数の石窟。

このうち、東西にある縦長の大きな穴にあったのが石の大仏でしたが、残念ながらこれら大仏は2001年に当時アフガニスタンを支配していたタリバン政権によって破壊されてしまい、現在は岩壁に大きな穴が空しく空いている風景が広がるだけです。

遺跡を見ると少々がっくりするかもしれませんが、バーミヤンの魅力は、その風景にあります。石窟のある北側の岩壁の反対側、空港のある南側からの遺跡全体の風景は、この世のものと思えないくらい美しいものです。

シャーリ・ゴルゴラ

シャーリゴルゴラ

シャーリゴルゴラ

シャーリ・ゴルゴラはバーミヤン村の背後にある城塞跡。9世紀にバーミヤン渓谷に侵入してきたイスラム教徒によって建てられたそうです。その後13世紀にチンギス・ハーンの侵略によってこの砦も陥落し、バーミヤンの住民は全滅したのだとか。場所は、村の中心から東、シャーリ・ゾハク方面へ行った、南側の丘の上です。

シャーリ・ゾハク

シャーリゾハク

シャーリゾハク

シャーリ・ゾハクはバーミヤン渓谷を守るために築かれた城塞跡で、6世紀からあったのではと言われています。バーミヤン村から東へ15キロの場所にあり、村からはミリバスと呼ばれる市バスが出ています。金額は20アフガニー(35円)。帰りは午後4時ごろが最終なので注意しましょう。ちなみに私はヒッチハイクで帰りました。
 
バス

ミリバス

なお、バーミヤン周辺の遺跡を巡るには、バーミヤン村の遺跡の事務所で共通1日券7ドル(770円)を購入する必要があります。
このバスは日本が援助したもので、カブール市内でも走っています。カブールからの山道との合流点が終点。ここからバーミヤン川を渡って南へ向かう山道を登っていきます。遺跡の範囲内には内戦時に埋められた地雷が残っているそうなので、あまりウロウロするのは控えたほうがいいそうです。

城塞跡

アフガニスタンには至る所に古い城塞の跡があります。ここバーミヤン渓谷にも、村から石窟の間にひとつ、シャーリ・ゾハクからバーミヤン方面に2キロくらい行ったところにひとつありました。

ともに現役時代そのままに残っており、紛争地アフガニスタンでなければ、それ自体が十分観光資源になると思えるほどのものです。

バンデアミール

バンデアミール

バンデアミール

バーミヤンに来たならバンデアミールを見ていきましょう。バーミヤン村から西へ75キロほど行くと、荒涼とした地に突如として現れる湖です。「砂漠の真珠」の異名をもち、アフガニスタン初の国立公園に指定されました。

周囲から流れる川の水を集めた湖は紺碧色に輝いています。この水に含まれている鉱物がこの色を作り出しているようです。また、この湖には魚が多く生息し、かつては獲れたての魚のフライが名物だったのですが、現在は獲ってはいけなくなったようです。

バーミヤンからは週末に直通バスがあるらしいですが、これがない日は、タクシーをチャーターしていくしかありません。チャーターはかなり値切って往復で2500アフガニー(約3750円)。少々お高いですが、その価値は絶対にあります。バーミヤンから湖までの道路は整備されているので、1時間ほどの快適なドライブで到着することができます。

紛争の中ではありますが、現在、首都カブールからバーミヤンへの舗装道路の建設が進んでいます。これが開通すると3時間弱ほどで移動が可能になります。快適な観光ができる日を願う一方、この道のりの遠さが、この渓谷を桃源郷足らしめているような気もしています。皆さんもぜひ、行ってみてください!

ライター:阿佐智

この記事の関連ログブック
*阿佐智「シルクロードの旅8 バーミヤンとバンデアミール

阿佐智

阿佐智

188か国を渡り歩いた放浪人。残りは非承認国家含めて11か国。かなり入国困難なところが残っているのが悩み。



関連する旅行カテゴリ

# アフガニスタンの観光 # アフガニスタン # アジアの旅行記・ブログ # アジアの観光

関連する旅行記事