東南アジアの穴場!?リゾートや歴史を感じさせるフィリピンの旅行記

セブ島はフィリピンで一、二位を争う有名な島なので数多くのガイドブックが存在します。しかし、島民の目線から見た旅行記は少ないのではないでしょうか。今回はフィリピンを紹介している素敵な旅行記を紹介します。

こんにちは、Compathy Magazineライターの新田浩之です。
日本からも近く東南アジアの穴場とも言えるフィリピン。ベトナム、マレーシアと比較するとあまり目立たない国なのかもしれません。しかし、フィリピンには美しいリゾートから歴史を感じさせるスポットまで、たくさんの魅力があります。それでは、フィリピンを紹介している素敵な旅行記を見ていきましょう。

1. ハワイにも劣らないフィリピンのリゾート地


最初に紹介するのは青い空と真っ白の砂がまぶしいTomoko Aonoさんの旅行記です。Tomoko Aonoさんはフィリピンの隠れスポット、カラバオ島を訪れました。どの写真も素敵で、あまりリゾート地に縁がない私でも「行ってみたいなぁ」という気にさせてくれる旅行記です。

Tomoko Aono「ボラカイ・・・のお隣の隠れスポット!カラバオ島で、地球と遊ぶ一日!」

2. ビーチから語学留学まで、様々な楽しみを紹介した旅行記 


次に紹介するのはKANAさんの旅行記です。KANAさんは2014年にセブ島を訪れ、様々な体験を通じてフィリピンを満喫したようです。ビーチはもちろん、クラブ、クルーズ、語学留学など様々な楽しみ方を紹介しています。

KANA「【フィリピン・セブ島旅行記】格安語学留学&夜遊び&ビーチPARTY&無人島クルーズ!」

3. 島民目線で書かれた貴重な旅行記 


セブ島はフィリピンで一、二位を争う有名な島なので数多くのガイドブックが存在します。しかし、島民の目線から見た旅行記は少ないのではないでしょうか。Takenobu Matsuoさんはセブ島に住んでいた経験の持ち主。美しい写真とダイレクトに伝わる一言メッセージが印象的な旅行記です。

Takenobu Matsuo「元フィリピンセブ島住人の国内旅行記録 セブ島周辺」

4. フィリピンで学びたい世界の現実 


最後に紹介するのはNakano Takayukiさんの旅行記です。Nakano TakayukiさんはフィリピンのNGOツアーを通じてスラム街を訪れました。旅行記からはスラム街の様子がそのまま伝わってきます。また、ツアーを主催しているNGOのリンクも貼り付けているので、ぜひチェックしてみましょう。

Nakano Takayuki「当たり前って何か?を考える。国際協力に触れたい一歩目。フィリピンのNGOスタディーツアー。」

フィリピンへ行く前に、実名制の旅行記Compathyで「行ってみたい!」ところをチェック! (「行ってみたい!」の使い方はこちら

Hiroshi Nitta

Hiroshi Nitta

国鉄が民営化された年、1987年生まれ。神戸市在住。中東欧、ロシアを中心に民族問題や戦争の記憶に興味があります。趣味は鉄道(乗り鉄とダイヤ)と読書です。ロシア連邦全共和国を制覇することを夢見ています。ブログ:Tabi-PROG



関連する旅行カテゴリ

# フィリピンの写真 # フィリピンのニュース・コラム # フィリピンの大自然・絶景 # フィリピンの観光 # フィリピンのエンターテイメント # フィリピンの旅行記・ブログ # フィリピンの海外トピックス # フィリピン

関連する旅行記事