これは便利!様々な立場でシンガポールの図書館を使いこなそう!

今回は滞在の人も旅で来た人も活用できる図書館についてご紹介します。シンガポールの図書館は旅行者にも、長期滞在者にとっても、多くの魅力がある施設です。シンガポールで生活している人たちの日常を楽しんでみてください。

こんにちは。Compathy MagazineライターのSeinaです。
私は家族とシンガポールで生活しています。

シンガポールにはたくさんの図書館があります。今回は滞在の人も旅で来た人も活用できる図書館についてご紹介します。

シンガポールの図書館の歴史

Photo by Seina Morisako「Singapore Days


シンガポールの図書館は島全土にあります。シンガポールに住み、シンガポール市民権や永住権を持っていれば、無料で図書館の会員になることができます。

シンガポールで最初に誕生した公立図書館はヒューレット記念図書館です。シンガポール最初の学校であるラッフルズ・インスティチューションの敷地内に、1923年に建てられました。その後、図書館はスタンフォード・ロードに移設され、数年前に解体されてしまいましたが、新しい国立図書館の建物が、ビクトリア・ストリートのブギス・ジャンクションとブラサバサ・コンプレックスの間に建てられて、地域の人の交流の場になっています。

この16階立ての図書館には、公共の貸し出し図書館と参考図書館、ドラマセンターが入っています。シンガポールの歴史や文化を展示したエキシビションがたびたび開催されており、そのほとんどが無料。エキシビションの内容は、写真や家族の系譜、地図、戦史など、さまざまな領域に及びます。

図書館で本を読みたいとき、借りるためにしなくてはいけないこと

Photo by Seina Morisako「Singapore Days


いざ、図書館で本を読みたいとき、わたしたちは何をしなくてはいけないのでしょうか? 答えは簡単です。何もありません。図書館で本を読むだけなら滞在者だけでなく、旅行者でもOK。

しかし、本を「借りる」となると話は変わってきます。シンガポール国民、並びに永住権取得者は本を無料で借りることができますが、駐在員などは無料で借りることはできません。

入会金(10.5SD)、年会費(42.8SD)が必要です。これらの費用で最大8点の本を最長3週間借りることができます(オーディオや楽譜、雑誌などは別ルール)。詳細は図書館のWEBサイトを参照してください。

本を読むだけじゃない図書館の活用法

Photo by Seina Morisako「Singapore Days


シンガポールの図書館は街のあらゆる場所にあります。図書館の規模や特色はその地域に準じている場合が多いです。たとえばチャイナタウンの図書館には中国関係の本が充実しています。レイアウトも中華を感じるデザインでとても居心地がいいです。

自習や勉強をする場所でもありますが、地域のコミュニティスペースでもあります。ここではイベント(ほとんどが無料)が数多く行われています。

子育て世代は旅行者でも図書館は使える

Photo by Seina Morisako「Singapore Days


子育て世代なら旅行者でも、そうでなくてもシンガポールの図書館はとても利用価値があります。子供の本が読めるエリアはこのような子供が寝転がってくつろげるエリアがあり、トイレも綺麗です。おむつを替えるスペースも充実しています。もちろんここにもたくさんの本や雑誌が置いてありますので、情報を集めることができます。

図書館に行ってみよう

シンガポールの図書館は旅行者にも、長期滞在者にとっても、多くの魅力がある施設です。しかしあくまでも、この施設は居住している人のためのもの。公共の場であることを忘れずに丁寧に、周囲の状況をみながら使いましょう。

図書館にはシンガポールで生活している人たちの日常が存在しています。ぜひ日常を楽しんでみてください。

ライター:Seina Morisako

Compathyでこの旅の旅行記を見てみましょう

*Seina Morisako「Singapore Days

Seina Morisako

Seina Morisako

アジアの現代アートと伝統芸能をこよなく愛すシンガポール在住のブロガー。海外子育て中故「子連れ旅」、「教育 in 外国」等少し変わった視点込で色々追いかけています。ブログ:別客气



関連する旅行カテゴリ

アジア シンガポール シンガポールの観光 シンガポールの習慣 シンガポールの教育 シンガポールの海外トピックス

その他のオススメ記事

関連する旅行記事