行く前にチェック!シドニーのアートシーンをお得に楽しめる3つの場所

シドニーはあらゆる方面でアートに溢れるとても美しい都市です。ただ、本当に物価が高い。しかし物価高だからといって諦めることはありません!今回はシドニーでアートをお得に楽しめる3つの場所をご紹介します。

Compathy Magazine編集部が送る
\ 今月のおすすめ記事! /

こんにちは。Compathy MagazineライターのSeinaです。
私はシンガポールで生活しています。シンガポールととても関係の深いオーストラリア。シンガポール国内でとても人気のある観光地です。

今回私たち家族はシドニーを訪問しました。旅の目的はアート鑑賞です。シドニーは物価が高いことが有名。リーズナブルにアートも楽しみたい人に向けて、シドニーでアートをお得に楽しめる3つの場所をご紹介します。

美術館の無料ゾーンを活用しよう


シドニーにはたくさんの美術館があります。調べてみると「特別展のみ入場料が必要」というシステムが多いことに気がつきました。

今回訪れたニューサウスウェールズ州立美術館は驚くほど広く、そして多くの展覧会が開催されているのですが(一部の展覧会を除いて)無料で楽しむことができるのです。その広さは正直驚きを隠せません。「無料だからすぐ見終わるだろう」と思っていたら大間違い! 時間に余裕を持って訪れることをおすすめします。

シドニーのログブック「We love Sydney」にも写真をまとめているので、ぜひご覧ください。

ビーチのアートを楽しもう


Tamako Moritaさんのログブック「シドニー再訪問!現代アートを満喫する旅♪」では、ボンダイ・ビーチで楽しめる様々な現代アートを紹介しています。

Moritaさんが訪れたのは1997年から開催されている「Sculpture by the sea」という最も人気のあるアートイベント。100以上の彫刻を鑑賞しに約52万人の人が訪れるそうです。こちらは基本無料で楽しむことができます。そして彫刻を万全に保つために公式ホームページで寄付も受け付けています。

レトロ感満載の入園料無料遊園地を楽しもう!


Erika Anne Nagaokeさんのログブック「【シドニー】愛され″ルナパーク″絶景楽しむ大人気無料遊園」のルナパークもおすすめの場所です。シドニーっ子には有名な「ルナパーク」。ミルソンズポイント(Milsons Point)の駅から歩いて5分ハーバーブリッジの方に歩いたところにあり、入園料は無料です。

乗り物はレトロ感満載で、観覧車や絶叫マシンもありますが規模はとても小さいです。乗り物には毎回チケットを買って乗るのですが、パーク内の雰囲気がありすぎなので、写真を撮るだけでも楽しめるでしょう。

ちなみにとても「寂れた」遊園地なので「ここで家族で1日楽しもう!」というのは難しいです。2〜3時間を目安に散策気分で訪れる感じがいいでしょう。

シドニーはあらゆる方面でアートに溢れるとても美しい都市です。ただ、本当に物価が高い。しかし物価高だからといって諦めることはありません!色々工夫して、ぜひシドニーの街を楽しんでください。

オセアニアをお得に楽しむ旅を計画する前に、実名制の旅行記Compathyで「行ってみたい!」ところをチェック! (「行ってみたい!」の使い方はこちら)。

ライター:Seina Morisako

Seina Morisako

Seina Morisako

アジアの現代アートと伝統芸能をこよなく愛すシンガポール在住のブロガー。海外子育て中故「子連れ旅」、「教育 in 外国」等少し変わった視点込で色々追いかけています。ブログ:別客气



関連する旅行カテゴリ

# シドニーの観光 # オーストラリア # シドニー # オセアニア # オーストラリアの旅行記・ブログ # オーストラリアの観光 # オセアニアの観光

関連する旅行記事