壮大な歴史を彷彿とさせる!世界を魅了するマーブル模様の絶景5選

今回は壮大な地球の歴史を彷彿とさせるような美しいマーブル模様の絶景を4つご紹介します。もし今の自分に迷いがあったり、何かの答えが欲しいときは、こうした非日常の空間に身を置くこともおすすめします。

今ならおトクなキャンペーン実施中!
\ CompathyGOバーチャル旅行、はじまりました! /


こんにちは、Compathy MagazineライターのMayumiです。
地球が誕生したのは46億年前。地表は隆起や沈下、浸食を繰り返して、地球の歴史を地層に刻んでいます。今回はそんな壮大な歴史を彷彿とさせるような美しいマーブル模様の絶景を5つご紹介します。

THE WAVE(ザ・ウェーブ)

「世界一の秘境」として名高い、米国アリゾナ州にある「THE WAVE(ザ・ウェーブ)」。1億9千万年前の砂漠が化石化し、鉄砲水や風雪による浸食をうけて現在のような奇跡のマーブル模様に。自然保護の観点から、抽選による1日20人までの入場制限は有名な話。その稀少性によって秘境感がパワーアップしています。

マーブルカテドラル

チリとアルゼンチンの国境にまたがるヘネラル・カレーラ湖の「マーブル・カテドラル」。何百万年かけて湖水の浸食により世にも美しいマーブル模様の大理石の大聖堂を生み出しました。目の覚めるようなエメラルドグリーンの湖水が反射して岩壁を照らし、奇跡のような青の美しさを放っています。

張掖丹霞地貌

張掖丹霞地貌 Photo by Mayumi

かのマルコ・ポーロも訪れたという、かつてのシルクロードの要衝・中国甘粛省張掖(ちょうえき)。その約50㎞離れたところに「張掖丹霞地貌」は存在します。異なる鉱物を含んだ地層が堆積して生まれたマーブル模様の山は「七彩山」としても知られ、実は2002年に発見されたばかりの知る人ぞ知る絶景です。

ウェーブ・ロック

ウェーブ・ロック Photo Credit : Yoko Nakajima「西オーストラリア・大自然をドライブ  <前編>

西オーストラリア・パース南東部にある「ウェーブ・ロック」。その名の通り、その姿はまさに波乗りのテンションが上がりそうな巨大な岩のウェーブ。何億年という時をかけて地上に隆起した花崗岩が浸食され、今の姿になったと言われています。高さ15m、幅110mの地形を生かし、岩の向こうにはダムが作られています。

バングルバングル

バングル・バングル Photo by Mayumi

西オーストラリアの北部にある世界遺産「パーヌルル国立公園」、通称バングルバングルは、約3億5千年前の砂岩が地殻変動により隆起と浸食を繰り返して生まれた奇岩地帯。オレンジと黒の縞模様の地層は他では見られない実にユニークな地形。数十年前まで原住民アボリジニしか知らなかった秘境中の秘境です。

おわりに

気の遠くなるような年月をかけて生み出された圧倒的な自然を前にすると、人間の歴史は瞬きほどに一瞬で、その存在はちっぽけなことを思い知らされます。だからこそ、自分の人生を見つめなおすチャンスを与えられる気がします。

もし今の自分に迷いがあったり、何かの答えが欲しいときは、こうした非日常の空間に身を置くこともおすすめします。

マーブルの絶景を旅する前に、実名制の旅行記Compathyで「行ってみたい!」ところをチェック! (「行ってみたい!」の使い方はこちら

ライター:Mayumi

関連旅行記

■THE WAVE:Mayumi「大地がうねる!!地球に刻まれた地上のBIG WAVE「THE WAVE」
■マーブル・カテドラル: Mayumi「息をのむ美しさ!大理石でできた天然の大聖堂「マーブルカテドラル」
■張液丹霞地貌:Seki「中国1人旅 in甘粛省、ウィグル
■ウェーブ・ロック:Yoko Nakajima「西オーストラリア・大自然をドライブ  <前編>

今ならおトクなキャンペーン実施中!
\ CompathyGOバーチャル旅行、はじまりました! /


Mayumi

Mayumi

自称ミステリーハンター。ガイドブックに乗っていないマニアックな秘境を訪ね歩くのが好き。地球上にある心震える絶景をお届けします!!



関連する旅行カテゴリ

# ニュース・コラム

関連する旅行記事