ロンドンの人気観光スポット・ロンドン塔を攻略しようPart4〜完結〜

ロンドン塔内は思った以上に広かったので1日余裕を持って見学にいくと良いでしょう。お昼すぎに見学が終わった場合は近くに観光スポットのタワーブリッジなどもあるので周辺の散歩もおすすめです。ロンドンの旅を楽しんでください。

今ならおトクなキャンペーン実施中!
\ CompathyGOバーチャル旅行、はじまりました! /



こんにちはCompathy MagazineのMari.kです。
ロンドン塔の目玉と言ってもよいタワーがロンドン塔の中心にあるホワイトタワーとクラウンジュエルズです。当時使われていた鎧や剣、そして建物の名前通り王冠などが展示されています。今回はこの2つの塔の内部についてご紹介します。

ホワイトタワーの内部へ

入口は正面から階段を上がった2階の位置にありますが、実はここが一階です。ホワイトタワーの一階の入口から昔使用されていた鎧や縦、剣などの展示が部屋中に展示されています。

何百年も前に利用されていた様に見えないほど、保存状態が綺麗で現代に作られたようにも感じました。130cmくらいの子供用の鎧も展示されており、見学中の子供も子供の鎧に指を刺し、はしゃいでいました。自分と同じ背丈の鎧があったら想像してしまいそうですよね。

王様の剣

王の剣は一本づつに繊細な柄があったり、取っ手の部分のデザインもこだわって作られていました。真っ直ぐな剣や弧をえがいた剣があり、展示されている剣の後ろには当時剣を使っていた王様の名前と写真が書いてありました。

ホワイトタワーのコイン

基本的に鎧や剣、縦などの当時に利用されていた物がメインに展示されています。その中で順路の途中にコインが販売されていました。「なぜこんなところに?」と思う場所にあったのですが、後にも先にもコインの販売はここでしかなかったので、記念に買いたい方は是非ここで購入してみてください。2枚で2ポンドでした。

日本からの贈り物

突然日本の兜が目の前に現れ驚きました。下の説明書きを読んでみると豊臣秀忠からの贈り物でした。豊臣の時代にイギリスとの外交が進んでいたのではないでしょうか。日本との繋がりが当時からあったことが分かりますよね。

デザイン性の高い拳銃

展示の後半になってくると拳銃が出てきました。位の高い人が持つ拳銃は剣同様にデザインにも凝っていました。今の時代でも何かのサンプルになりそうなくらい素敵な絵というか、柄がびっしり描かれています。

最後の締めくくりはクイズでおさらい

外壁の時と同じで展示の最後は今まで見学した場所のまとめの様な場所で、体験型の兵士訓練様のクイズやゲームなどがありました。タッチパネルで兵士の服を着せるゲームや、弓を引いて的に放つゲーム、馬に乗って剣でキャベツを切るゲームなどがあり、子供も大人も楽しめるエリアでした。女の子よりも男の子がゲームに列を作って順番待ちしていました。

地下の大砲

地下に到着すると目の前に5mくらいの大砲や玉、拳銃が倉庫みたいに列で展示されていました。地下という事もあり、どことなく今までの展示室より冷たい感じと空気が違いました。

大砲はアニメの『ワンピース』に出てきそうなユーモアなデザインのものもありました。と言っても大砲は大砲なので、当時この大砲を使われてたと思うとちょっと恐ろしさを感じました。

おみやげ

大砲を抜けると、お土産やさんが現れます。ここでしか買えないロンドン塔シャツや塔の家紋の様な刺繍がされたマットなども売られていました。一番個人的に良いなと思ったのはエコバッグ。以外としっかりしてあったのでロンドン暮らしでは絶対欠かせないのがエコバッグなので、ロンドンで買い物する際などはエコバッグがおすすめです。

ロンドン塔の出口付近にもお土産やさんがあるのですが、ホワイトタワーでしか販売されてないお土産もありました。

クラウンジュエルズタワー

ここは撮影が厳重に禁止なっている場所なので一枚も写真をとれませんでしたが、エリザベス女王の王冠やステッキ、女王就任の映像などの展示や上映がありました。中にはたくさんの宝石があり、輝く石は紫、クリスタル、パール、ゴールド、その他の宝石で数十個展示されている王冠を輝かせていました。

おわりに

ロンドン塔内は思った以上に広かったので1日余裕を持って見学にいくと良いでしょう。お昼すぎに見学が終わった場合は近くに観光スポットのタワーブリッジなどもあるので周辺の散歩もおすすめです。ロンドンの旅を楽しんでください。

Photo by:Mari Torochacha
ライター:MARI KANEKO from Island Stage Japan

*Mari Torochacha「大英博物館で国宝発見
*Mari Torochacha「ハリー・ポッターが好きなんです!行きたかったキングスクロス駅!
*Mari Torochacha「ロンドンの大人気観光スポットロンドン塔を徹底攻略!

今ならおトクなキャンペーン実施中!
\ CompathyGOバーチャル旅行、はじまりました! /


Mari. K

Mari. K

ダンサー・ヘアーメイクアップアーティスト・フォトグラファーなどのフリーランスを紹介するISLAND STAGEを2017年に設立。 自身もダンサーやヘアメイクとして国内外で活動していました。(主に中南米やアメリカ) カリブ海トリニダード・トバゴではソカのコンテストでチームリーダーとして活躍し、グループのメンバーと協力し世界ランキングベスト16位に入賞。国内ではダンスショーレストランの立ち上げ、ダンスプロデュース、CMアクトコンサルト、イベント主催、アーティストバックダンサーなどの実績があります。 現在は拠点をイギリスに移し、Compathy Magazineを通じて世界の音楽や文化を日本の皆さんに伝える活動もしています。



関連する旅行カテゴリ

# ヨーロッパ # ロンドン # ロンドンの観光 # イギリスの観光 # イギリス # ヨーロッパの観光

関連する旅行記事