ロンドンで新生活!IKEAで生活家具を揃えよう

日本でも大人気の大型ホームセンターIKEAはスウェーデン発祥の家具屋さんになります。物も安くてお洒落な物が多く、ここロンドンでも愛されています。今回はロンドンで一番大きいと言われているTottenham hall駅からバスで10分のIKEAをご紹介します。

Compathy Magazine編集部が送る
\ 今月のおすすめ記事! /

こんにちはCompathy MagazineのMari.kです。
先日ロンドン市内で一番大きなIKEAへ家具を探しに行ってきました。私は日本にいたときもIKEAには数ヶ月に一回は見に行くほどの家具が好き。海外でIKEAに行くのは初めてということもあり、日本と違うところはあるのか、そういったところも含めて、ロンドンのIKEAについてご紹介したいと思います。

市内からIKEAへの行き方

Victoria Line (ビクトリア線)のNorth方面行きに乗りましょう。Tottenham hall駅からバスで約10分の場所にあります。King’s Cross station(キングスクロス駅)からはVictoria Lineで北に向かって4駅でTottenham hall駅に着くことができます。

バス乗り場

Tottenham hall駅から192番のバスに乗りましょう。降りる場所は「Glover/Ikea」のバス停になります。約10分に1本くらいの間隔で運行しています。帰りも同じ192のバスに乗りますが、行き先は「Tottenham hall」行きに乗ってください。

IKEAに到着


到着すると日本でも馴染みのある大きなIKEAの青い建物と旗がお出迎え。入り口は正面向かって右側にあります。

営業時間


営業時間が入り口の右手に飾られていました。時間、曜日などを確認してから行きましょう。オンラインでも確認できます。

内装はどうなっているの?

内装や商品はあまり日本のIKEAとかわりませんが、ベットの販売コーナーは日本の方が細かく表示があった気がします。ショールームは色分けされていてカラフルな部屋からモノトーンの部屋までサンプルが仕切られ並んでいます。

その中で気に入る商品があった場合、番号の紙が商品に書いてあるので控えておきましょう。全体的なショールームの印象としては温かみのあるイメージの部屋が多かったです。

食品購入


スウェーデンの冷凍食品が販売されています。販売場所はレジの後右側なので、食品を購入する際はレジに入る前に食品場所で商品を選びましょう。IKEAは1階が入り口と駐車場、2階、3階がショールームになっているのですが、道順は3階から2階へ下り、レジに行くようになっています。

2階の最終地点にレストラン・カフェがあり、冷凍販売している食品を食べられます。時間がある方は休憩を兼ねてスウェーデン料理を試してみるの良いでしょう。

支払い


支払い方法はクレジット、現金などが使用できます。またレジは無人のレジもありセルフで行える場所もあるので効率が良いです。セルフの場合は全て終了後、レジから出てきたレシートをセルフレジから出るときに必要になるので必ず機会から受け取りましょう。

購入した商品を発送

購入した商品を家まで配送してくれるシステムがあります。送料は25ポンド〜になります。

その場で買わなくても大丈夫


オンラインでの販売もしているので、気になるも商品の番号を控えておけば家に帰ってからでも注文できます。

目を引く商品がいっぱい


写真のグラスが可愛かったので、思わず撮ってしまいました。サボテン柄や、モダンなグラスなどがバラ売りされているので、形や柄がバラバラなグラスで揃えるのもオシャレかなと思います。ただ安さだけを求めるなら1ポンドショップとかでも買い揃えられますが、オシャレなグラスや家具を安く揃えたいならIKEAがおすすめです。

日本でもお馴染みホットドック


これは、IKEAに行ったら帰りの楽しみの一つ! 60Pの安いホットドックが買い物後に食べれます。日本にも100円ホットドックがありますが、変わらず美味しくて大満足でした。

おわりに

IKEAでの買い物は目的をしっかり持って行かないと他の物まで買ってしまいますよね。今回IKEAに行って日本と比較してみたところ、ロンドンと日本のIKEAではそこまで大差はありませんでした。

だた、少し違った点は最後のホットドックを買う場所でのメニューが日本より多かった事くらいでした。日本とロンドン、違う場所にいても同じ物がそれそれの家庭で使われていると思うと不思議ですよね。日本で愛用していたIKEAのアイテムでしたらロンドンでも手に入るので、安心して引っ越しできます。

ロンドンで新生活を迎えたり、内装を変えようと考えている方は是非IKEAへ行ってみてくだい。

Photo by:Mari Torochacha
ライター:MARI KANEKO from Island Stage Japan

*Mari Torochacha「大英博物館で国宝発見
*Mari Torochacha「ハリー・ポッターが好きなんです!行きたかったキングスクロス駅!
*Mari Torochacha「映画ノッティングヒルの恋人でお馴染みポートベロー・マーケットへ行ってみました。

Mari. K

Mari. K

ダンサー・ヘアーメイクアップアーティスト・フォトグラファーなどのフリーランスを紹介するISLAND STAGEを2017年に設立。 自身もダンサーやヘアメイクとして国内外で活動していました。(主に中南米やアメリカ) カリブ海トリニダード・トバゴではソカのコンテストでチームリーダーとして活躍し、グループのメンバーと協力し世界ランキングベスト16位に入賞。国内ではダンスショーレストランの立ち上げ、ダンスプロデュース、CMアクトコンサルト、イベント主催、アーティストバックダンサーなどの実績があります。 現在は拠点をイギリスに移し、Compathy Magazineを通じて世界の音楽や文化を日本の皆さんに伝える活動もしています。



関連する旅行カテゴリ

# ロンドン

関連する旅行記事