ブリスベン空港から市内へのアクセス・乗り換え・過ごし方と施設情報まとめ

ブリスベン空港は、ブリスベン市内から北東約13kmに位置するクィーンズランド州最大の国際空港になります。今回は、そのブリスベン空港から市内までのアクセス、乗り換え方法、おすすめの過ごし方、便利な施設について紹介します。

AfterコロナのNewスタンダード?
\ CompathyGOバーチャル旅行、はじまりました! /


こんにちは。Compathy MagazineのHIROです。オーストラリアではシドニー、メルボルンに次ぐ第3の都市ブリスベン。サーファーズ・パラダイスの様なビーチリゾートとは異なる落ち着いた雰囲気の都市です。そのブリスベン市内から車で約30分の距離にあるのがクィーンズランド州の玄関口ブリスベン空港です。
今回は、そのブリスベン空港について徹底的にお伝えし、その魅力に迫ってみたいと思います。

 

■目次

1ページ目: ブリスベン空港の基本情報とアクセスについて

2ページ目: ブリスベン空港で提供されているサービス一覧

 

オーストラリアのブリスベン空港について

Photo credit: Hiroki Kudo「オーストラリア3都市めぐり

国内外から多くの航空便が行き交うクィーンズランド州最大の国際空港がブリスベン空港です。
空港内の電光掲示板で表示される航空コードは「BNE」。
日本からカンタス航空とJALの共同運航便が毎日1便運航しており、オーストラリア国内便も多数運行しています。そのため、空港内には国際線ターミナルだけではなく、国内線ターミナルもあります。ターミナル間はエアトレインに乗り継ぎ、約3分で移動することができるので便利です。

ブリスベン空港/Brisbane Airport
住所:11 The Circuit, Brisbane Airport QLD 4008 オーストラリア
空港コード:BNE
電話番号:0734063000
公式サイト:ブリスベン空港

 

ブリスベン空港の地図マップ

 

ブリスベン空港から市内への交通アクセスと移動手段

タクシー

Photo credit: David Jackmanson via flickr cc

到着ロビー正面をでたところにタクシー乗り場があり、タクシーが並んでいるのですぐに見つけられます。
イメージとしては日本の空港に並んでいるタクシーとほぼ同じです。
市内中心部までは約30分、運賃は約$45+空港利用料$3.4。土日祝、深夜に関しては割増があり、高速道路を利用した場合、高速料は別途必要です。
最近、海外で主流になっているUberという配車サービスがあり、アプリ登録をすれば初期登録クーポン$20がもらえますので、タクシーも割安で利用することができますよ。

 

電車(エアトレイン)

Provided by foursquare-icon-16x16

ブリスベン空港から国内線・国際線間の移動はもちろん、ブリスベン市内、ゴールドコースト市内まで移動できる電車がエアトレインです。到着ロビーの案内表示に従って移動すると乗り場が見えてきます。乗り場には券売機があるので、そこでチケットを購入する様にしましょう。
国内線・国際線のターミナル間の移動は$5、約3分で移動できます。ブリスベン市内へは$17、約25分で移動することができ、ゴールドコースト市内のロビナ駅へは$35.9、約103分で移動することができます。

 

バス

ブリスベン空港にはコニクション・エアポート・トランスファーという目的地まで搬送してくれる乗り合いのバンがあります。乗り合いのため、同乗者の目的地によっては遠回りになることもあるので注意してください。
乗車方法は各ターミナル到着ロビーのサービスカウンターで行き先を告げるだけです。ブリスベン市内へは約$15~。たまたま同じ時間帯に到着した人たちと一緒に目的地に向かうのも、海外の旅の醍醐味と言えるのではないでしょうか。

 

送迎サービス:観光スポットや市内のホテルへ直接向かうなら!

便利な移動方法に空港からブリスベン市内のホテルやサーファーズ・パラダイスへ送迎してくれる専用車チャーターがあります。ブリスベン空港からホテルまでの送迎だけでなく、日本語ガイド付きでブリスベン市内観光までしてくれるものもあります。
ブリスベン空港から日本語市内観光、その後サーファーズ・パラダイスのホテルまで送迎してもらい$450~です。せっかく移動するのであればブリスベン市内の観光もしてみたい、という方にはうってつけのサービスです。

 

ブリスベン空港で乗り継ぐときは?国際線から国内線への行き方

Provided by foursquare-icon-16x16

ブリスベン空港には国際線と国内線があり、乗り継ぎを不安に思う方もいるのではないでしょうか。しかし、移動は意外に簡単にできます。国際線の税関を抜けると「Domestic Transfers」と言う看板があり、その方向へ向かいます。手荷物は到着したホールの右側の奥にある国際線乗り継ぎカウンターで預けます。
出口をでると無料のシャトルバス乗り場が見えますので、これに乗って国内線ターミナルへ向かえばいいのです。
移動費も無料、10分に1本くらいの感覚で運行しており、約15分ほどで国内線まで移動できますのでとても便利です。

 

ブリスベン空港の過ごし方とおすすめスポット

おすすめの免税店でブランドのお土産を買おう!

Provided by foursquare-icon-16x16

ブリスベン空港内には多くの免税店があり、お土産選びには事欠きません。
免税店は「DUTY FREE」や「TAX FREE」、なかには漢字で「免税」と書いているお店もあるのですぐに分かると思います。
特におすすめは、オーストラリアブランドブーツの「UGG」や「Billabong」などのサーフブランド。メイドインオーストラリアなので、日本よりも安く、豊富な種類から選ぶことができます。
ほかにもお菓子やお酒、ワインなどラインナップも多いので、時間に余裕を持ってショッピングを楽しんでくださいね!

 

ラウンジを利用して空き時間も快適に!

提携のクレジットカードに加入することで取得できるプライオリティパス。ブリスベン空港でも2016年からプライオリティパスを使用して、PLAZA PREMIUM LOUNGEを利用できる様になりました。国際線利用者のみに限られますが、5:00から23:00の時間帯で最長3時間まで利用することができます。
ソフトドリンクは無料、アルコールは有料となります。Wifi、シャワー室なども利用できるので、空港での時間を快適に過ごすことができますよ!

1 2
AfterコロナのNewスタンダード?
\ CompathyGOバーチャル旅行、はじまりました! /


HIRO

HIRO

10数ヶ国の海外経験と留学カウンセラーとして約9年勤務しております。 うち半分は海外で現地カウンセラーをしておりました。私の経験が、何かのお役に立てると嬉しいです。 ブログ:http://ryuugakushiyo.com/



関連する旅行カテゴリ

# オーストラリア # ブリスベンの観光 # オセアニアの空港 # オセアニア # ブリスベン # ブリスベンの空港 # オーストラリアの空港 # オーストラリアの観光 # オセアニアの観光

関連する旅行記事