まるで万華鏡!光の洪水が生み出す別世界「シャー・チェラーグ廟」

今回は万華鏡のような光の世界が広がる「シャー・チェラーグ廟」についてご紹介します。イラン人は人が良く、町もきれいで美人も多く、自然も文化も豊かで魅力にあふれた国家です。意外と安全な美しきイランへ行ってみませんか?

Compathy Magazine編集部が送る
\ 今月のおすすめ記事! /

こんにちは、Compathy MagazineライターのMayumiです。
モスクと言えば、玉ねぎドームに幾何学模様の壮麗な建物というイメージが多いかもしれません。しかし、イランにはそんな常識を覆す、万華鏡のような光の世界が広がるモスクが存在します。今回はその「シャー・チェラーグ廟」についてご紹介します。

「シャー・チェラーグ廟」とは

イラン南西部シラーズに位置する「シャー・チェラーグ廟」。「シャー・チェラーグ」とはペルシア語で「光の王」の意味。その名の通り、そこは一面光り輝く鏡モザイクに覆われた、光の洪水というにふさわしいリアル万華鏡。きらびやかにも程がある非現実的すぎる世界なのです。

「シャー・チェラーグ廟」の歴史

モスクの主は9世紀に亡くなったシーア派の一派、十二イマーム派の第7代イマーム(指導者)であるムーサー・カーズィムの息子、ムハンマドとアフマド兄弟。当初は普通のモスクでしたが、14世紀に芸術をこよなく愛する時の皇太后によって現在の姿に改装されたそうです。

計算された幾何学模様と気が遠くなるような緻密な鏡細工の奇跡のコラボ。ムスリムでなくても誰もがひれ伏してしまうほどの圧倒される神々しさです。

開いた口が塞がらない美しさ Photo Credit : Mayumi Kawai「リアル万華鏡!この世のものとは思えない光の洪水「シャー・チェラーグ廟」

「シャー・チェラーグ廟」に入るときの注意点

入場無料、かつ24時間市民に開放されているこのモスクは、原則ムスリムのみが入場可能です。ただし、他宗教の外国人も一定の条件をクリアすれば入場できます。まずは門番に相談してみましょう。すると本部から英語ガイドが派遣されるので、ガイドに従ってモスク内を見学できます。

また、すべての入場口が男女に分けられ、ボディチェックと荷物検査が行われます。大きな荷物は持ち込めないので、必要最低限のものだけ持参しましょう。

さらに女性は、頭から足首まですっぽり隠れるチャドルを身にまとう必要があります。チャドルは入口で無料でレンタル可能。また、モスク内は原則撮影禁止ですが、ガイドが許可した場所であれば撮影できます。しかし、ムスリムの女性を無断で撮ることは厳禁ですので注意しましょう。

イラン入国への注意点

イランは危ない国だという先入観を持つ人も少なくないですが、国境地帯を除いて主要都市は観光可能です。ただし、観光ビザは必要なのでご注意を。事前に駐日イラン・イスラム共和国大使館での取得も可能ですが、主要空港で30日滞在可能のアライバルビザが取得できます。

ただし、今後アメリカ入国の予定がある方は要注意。2016年1月よりビザ免除プログラムの改定及びテロリスト渡航防止法が施行されたことで、イランを含むイラク、スーダンまたはシリアを訪問した者はESTAではなく通常のUSAビザが必要となります。また、ビザを持っていても、アメリカの入国審査で必ず別室で職務質問を受けます。

イランのアライバルビザ申請書 Photo Credit : Mayumi Kawai「リアル万華鏡!この世のものとは思えない光の洪水「シャー・チェラーグ廟」

おわりに

イランはネット規制でSNSにアクセスできず、クレジットカードも使用不可、特に女性は外国人でもスカーフ着用で露出を控えた服装の徹底など不便を強いられますが、イラン人は人が良く、町もきれいで美人も多く、自然も文化も豊かで魅力にあふれた国家です。

ぜひ先入観を取っ払って、意外に安全な美しきイランへの探訪をおすすめいたします。

ライター:Mayumi

Compathyでイランの旅行記・旅行情報を見る

*Yasutomo Fujii「死ぬまでに見たいと思ったモスク!!
*Takashi Omura「美しいモスク!

Mayumi

Mayumi

自称ミステリーハンター。ガイドブックに乗っていないマニアックな秘境を訪ね歩くのが好き。地球上にある心震える絶景をお届けします!!



関連する旅行カテゴリ

# イラン

関連する旅行記事