神々の住む国ネパール!おすすめのお土産と買い物スポットランキング4選

ヒマラヤ山脈のふもとの国ネパール。様々な宗教が混在していて、人間よりも神々の方が多く住んでいるともいわれています。今回は、そんなネパール旅行のおすすめのお土産と、買い物のおすすめスポットをランキング形式で紹介します。

Compathy Magazine編集部が送る
\ 今月のおすすめ記事! /

こんにちは。Compathy Magazineライターの川島です。海外旅行に行ったら、あげる人のことを考えながら、その国ならではのお土産を選ぶのも楽しみの1つですね。定番のものから、ちょっと変わったお土産まで、ネパールのお土産にもいろいろあります。本記事では、ネパール旅行の時のおすすめのお土産と、お土産ショッピングにおすすめのスポットをランキング形式でお届けします。ぜひ参考にしてみてください。

Photo credit: tommy via flickr cc

世界最高峰エベレストを有する国・ネパールの基本情報

By Komora (Own work) [CC BY-SA 3.0], via Wikimedia Commons

世界最高峰のエベレストを持つヒマラヤ山脈がある南アジアの国ネパール。ここには多くの言語、民族、宗教が交差して独特の魅力を放っています。ネパールは北を中国チベット自治区と、他3方をインドと接しています。国土の面積は北海道の約1.8倍、人口は約2,700万人です。

2006年の民主化運動によって絶対君主制から象徴君主制へ、王政から連邦民主共和制に移行しました。農林業が盛んで、食糧作物としてトウモロコシや小麦を挙げることができます。また、ネパールには歴史的建造物の名所が点在しているため、”カトマンズの渓谷”のようなユネスコの世界遺産に登録されている首都カトマンズを中心に観光客で賑わいをみせています。

ネパールに観光にきたら持ち帰りたいおすすめお土産ランキング4選~食べ物・飲料編~

1. お茶・紅茶:ネパールの人々の日常生活に根付いている紅茶!

出典: 楽天

食べ物・飲料編のランキング1位は「お茶」です。ネパール人は紅茶が大好き。紅茶は”チヤ”と呼ばれています。お店や家庭によって違いはありますが、チヤは水と牛乳で紅茶を煮出したあと、マサラ(香辛料)を加えて飲むというのがお約束。

お茶といえば多くの人が思い浮かべるダージリンはインドのダージリン地方のお茶ですが、そのダージリン地方と国境を接した向かいにあるのがネパールのお茶の名産地イーラム地方やダンクタ地方です。

紅茶といえばダージリンティーを思い浮かべる方もいらっしゃるのではないでしょうか?ダージリンティーはインドのダージリン地方のお茶です。そのダージリン地方と国境を接したイーラム地方やダンクタ地方は、ネパールのお茶の名産地です。手ごろな値段でコンパクトなパッケージのお茶は、ばらまき用のお土産にぴったり。自分用にも少し買って帰って、ネパール旅行を思い出しながら飲むのも良いですね。

2. ヒマラヤ岩塩:色々な用途として活用できる!

Photo credit: pixabay

ランキング2位は「ヒマラヤ岩塩」。塩といえば、海水からとれるもの。世界一の高さを誇るエベレストのあるネパールの山岳地帯から、どのようにして塩を製造しているのでしょうか?太古の昔、ヒマラヤ山脈周辺地域は海であったと言われています。度重なる地殻変動で陸地となった海底は、さらに長い時を経て隆起しヒマラヤ山脈になりました。そして、陸地に封じ込められた海水は岩塩層となって、ヒマラヤ山脈のふもとに残されているというわけです。

岩塩は、壮大な地球の歴史の産物なのですね。ヒマラヤ岩塩には白とピンクと黒があり、用途によって異なる形状での販売がなされています。食用から入浴用など、様々な使い方をすることができる岩塩。お料理好きな人には食用を、お風呂好きには入浴用のバスソルトをお土産にしてはいかがでしょうか。

1 2 ... 5
Jumpei Kawashima

Jumpei Kawashima

1992年生まれ。横浜に育ち、古都鎌倉の高校に通い、大学は超都会の渋谷、イギリスのロンドン留学時はなぜか日本食のイベントを立ち上げて料理人、現在はライター・編集をしております。 ブログ:一期一会



関連する旅行カテゴリ

# お土産 # ネパールの観光 # アジア # アジアのお土産 # ネパールのお土産 # 観光 # ネパール # アジアの観光

関連する旅行記事