バリ島から約2時間で世界最大のモスクへ!ジャカルタ観光スポット28選

東南アジアの中でも有数の商業都市として知られるジャカルタ。モスクへの観光だけでなく、インドネシアの歴史が学べる観光スポットがあるのをご存知ですか?今回は、インドネシアの中心都市ジャカルタの観光スポット情報をご紹介します。

今ならおトクなキャンペーン実施中!
\ CompathyGOバーチャル旅行、はじまりました! /


こんにちは。Compathy MagazineのライターのHIDEです。東南アジア南部に位置するインドネシア共和国は、日本から直行便で約8時間で訪れることができる国。その首都ジャカルタは、バリ島から日帰りで観光をするにもぴったりです。今回は、インドネシア最大都市であるジャカルタの観光スポットと旅行記ブログをご紹介します。

Photo credit: Mikako Izawa「Indonesia

インドネシアの首都であり最大都市!ジャカルタの基本情報

Photo credit: Yukiko Hayashi「Indnesia Jakarta,Lombok

インドネシアの首都ジャカルタは、政治や経済の中枢都市として国内の都市との重要な役割を果たしています。そのため、近代的な高層ビルや商業複合施設など発展を遂げ続けている姿を目の当たりにすることができます。

通貨はルピアで、10,000ルピア=84.70円(2017/2/20現在)と比較的物価が安いため観光先へのタクシー移動や飲食時には抵コストで旅を楽しむことができるのも醍醐味といえるでしょう。従来はインドネシア渡航時に入国ビザが必要でしたが、現在は30日以内であれば免除となっています。

ジャカルタ・スカルノハッタ国際空港から市内までの移動アクセス

Photo credit: Yukiko Hayashi「Indnesia Jakarta,Lombok

ジャカルタ・スカルノハッタ国際空港から市内までのアクセスを紹介します。交通手段としては、タクシー、シャトルバス、トランスジャカルタ(電車代わり)、バイクタクシーが挙げられます。目的地や予算などを考慮して、交通機関を選択してみてはいかがでしょうか?

タクシー

空港に到着すると、各タクシー会社の運転手が乗客を待っています。タクシー初乗りはRp.12,000で、市内中心地までの所用時間は約30~60分程度です。過度な料金請求や道を把握していない運転手でこともあるので、目的地までの地図や目印となる建物などを伝えるとよいかもしれません。おすすめのタクシー会社はBlueBardとPusukaです。

シャトルバス

Photo credit:By PERUM DAMRI [Public domain], via Wikimedia Commons

エアポートシャトル(ダムリバス)が5:00~24:00の間に15分から30分間隔で運行しています。市内中心部までの所要時間は約40~80分で、料金はRp.30,000です。観光地へ向かうときには、シャトルバスの乗り継ぎが必要なことも多いので、時間に余裕があるときに利用することをおすすめします。

トランスジャカルタ

トランスジャカルタというジャカルタ中心部へのアクセスに便利な市営バスは、日本の路面バスと同様に地元の人々の生活の足となっています。運賃は一律料金となっていますが、E-チケット(電子チケット)を購入して移動する方が支払いの手間を省くことができます。大きな荷物を抱えている時や夜間に女性一人での利用はあまりおすすめしません。

オジャック

過度な料金請求をされることもあるので、定額として提示されている金額の支払いで安心して乗車したいという方にはむかないかもしれません。タクシーに乗車した場合よりも高い金額の支払いになることもありますが、価格交渉をすれば格安での乗車も可能です。

1 2 ... 17
今ならおトクなキャンペーン実施中!
\ CompathyGOバーチャル旅行、はじまりました! /


HIDE

HIDE

初めまして。compathy magazineライターのHIDEです。 旅行を通じて人生を楽しむヒントをお伝えしていきます! 大学卒業後は、英語講師、翻訳、ライターなどのお仕事を経験しているため、日本語と英語でコミュニケーションを取ります。 お休みの日は、ウインドウショッピング、読書、水泳などをして過ごすことが多いです。 旅はあなたの人生を豊かにする最高の手段。 一緒に人生を謳歌していきましょう!



関連する旅行カテゴリ

# ジャカルタの観光 # アジア # ジャカルタ # ジャカルタの旅行記・ブログ # インドネシアの観光 # アジアの旅行記・ブログ # インドネシアの旅行記・ブログ # 観光 # インドネシア # アジアの観光

関連する旅行記事