世界で最も読まれている『Lonely Planet』もオススメする国・ネパールの旅行記まとめ

世界中からたくさんの旅行者を引きつけるネパール。震災が記憶に新しいですが、ネパールを訪れることがネパールの人々や文化を支援することに繋がります。ぜひ皆さんも美しい自然やあたたかい人々との交流を求めてネパールを訪れてみてください。

Compathy Magazine編集部が送る
\ 今月のおすすめ記事! /

こんにちは。Compathy magazineライターのItsukiです。
2015年4月に起こった大地震もまだ記憶に新しいネパールですが、世界で最も読まれている旅行ガイドブック『Lonely Planet』が選んだ2017年の「Top Countries」で5位、また「Best Value」では堂々の一位に輝いています。

世界一高いエベレストを擁し、あたたかい人も多いネパール。世界中からたくさんの旅行者を引きつけるこの国の魅力を3つの旅行記とともに紹介しましょう。

ヒマラヤ山脈トレッキング

世界最高峰のエベレストの登頂は敷居が高いものですが、ヒマラヤ山脈のトレッキングは挑戦する人も少なくありません。Daisuke Taniwakiさんはランタン国立公園のトレッキングに挑戦しています。日本一高い富士山よりも高い山々を歩く経験は素晴らしいものがあるでしょう。

ちなみにネパール第2の都市・ポカラもヒマラヤ・トレッキングの出発地としても知られています。

Daisuke Taniwaki「神々の山嶺Himalaya (Langtang Lirung)

山々だけではない! 世界遺産のチトワン国立公園

Tomoka Aonoさんが訪れたのはネパールに現在4件ある世界遺産のひとつ、チトワン国立公園。インドにも近いタライ平原にあるこの自然公園は山国のイメージのあるネパールのまた違った魅力を見せてくれます。象に乗ったり、ボートに乗ったりしながら、珍しい野生の動物が見れることも!

Tomoka Aono「命がけ!?ネパール・チトワン国立公園ジャングルツアー

震災前のカトマンドゥ盆地

Daichiさんがネパールを訪れたのは大震災のあった1ヶ月前の2015年3月。首都カトマンドゥ周辺にあるカトマンドゥ盆地にある歴史的建築物などもネパールの世界遺産に数えられていました。地震により崩壊してしまったのが非常に残念ですが、私もこの写真の頃の姿が再び見られることを強く願っています。

また、Daichiさんの旅行記の中では、他に美しいポカラの様子や素朴であたたかい人々の写真も見ることができます。ネパールの魅力がつまった旅行記は必見です。

Daichi「癒しのネパール

ネパールはいまだ震災の傷が癒えきっていない状態ではあります。しかし、『Lonely Planet』の一文にもありますが、ネパールを訪れることがネパールの人々や文化を支援することに繋がります。ぜひ皆さんも2017年、美しい自然やあたたかい人々との交流を求めてネパールを訪れてみてください。

参照リンク:Lonely Planet Best in Travel 2017 Top Countries
Lonely Planet Best in Travel 2017 Best Value

ネパールへ行く前に、実名制の旅行記Compathyで「行ってみたい!」ところをチェック! (「行ってみたい!」の使い方はこちら

紹介したネパール旅行記はこちら

*Daisuke Taniwaki「神々の山嶺Himalaya (Langtang Lirung)
*Tomoka Aono「命がけ!?ネパール・チトワン国立公園ジャングルツアー
*Daichi「癒しのネパール

Itsuki Teramoto

Itsuki Teramoto

ネコとワインが好きです。 南欧大好き! 歴史や人々との交流を求めて旅を続けるItsukiです。



関連する旅行カテゴリ

# ネパール

関連する旅行記事