世界三大カーニバル開催地トリニダード・トバゴに到着!

トリニダードに到着しました。イミグレーション、税関申告書、荷物受け取り、タクシーについてご紹介します。これからトリニダード・トバゴのカーニバルへ来る人は是非参考にしてみてください。

Compathy Magazine編集部が送る
\ 今月のおすすめ記事! /

こんにちはCompathy MagazineのMari.kです。
トリニダードに到着しました。今回は入国時のイミグレーション、税関申告書、荷物受け取り、タクシーについてご紹介します。

トリニダードの空港の大きさはアメリカ、カナダ、イギリスのように広すぎないので迷うことはありませんが、カーニバルシーズンになると到着してから出るまでにかなりの時間がかかります。

ポート・オブ・スペインのピアルコ空港に到着


カーニバルの2週間前にトリニダードへ到着。里帰りの人やカーニバルへの参加者でイミグレーションに時間がかかりました。こちらの空港は日本からの直行便はありませんので他国から乗り継ぎで行きましょう。

イミグレーションについて

Photo credit: Mark Morgan via flickr cc

イミグレーション(出入国管理)で聞かれる内容は、滞在理由、宿泊先、トリニダードへ来たのは何回目か? などの内容が聞かれます。到着前に飛行機内で、税関申告書を書くのでイミグレーションでパスポートと一緒に渡しましょう。

イミグレーションカードチェック後に申告書の複写を渡され、これは荷物検査時に使用します。失くさないように注意しましょう。

イミグレーション後

自動ドアを通って荷物受け取りへ行きましょう。

携帯
現地の携帯会社、Be mobileとDigicelが荷物受け取り場所へ行く道にあるので、携帯がほしい方はこちらで購入ができます。SIMフリーの携帯を持っている人は200TT(日本円で5000円しない程度)から購入が可能です。

空港での両替
イミグレーションチェック後に両替所があります。現在は日本円からのトリニダード・トバゴドルには両替ができないので、一度USDに替えてから両替しましょう。

荷物のピックアップ

両替、携帯、免税店を通り進むと「荷物受け取り」のサインが出てくるので、サインを左に曲がり自動ドアを抜けると荷物受け取り場所があります。

荷物検査

スーツケースを受け取ったら、次はスーツケースの検査です。イミグレーションでもらった税関申告書の複写の紙が必要になるので用意しておきましょう。

タクシーの乗り方と値段

Photo credit: David Stanley via flickr cc

オフィシャルタクシーを使いましょう。見分け方は出口を出ると白いシャツを着た(白とは限りませんが綺麗なシャツを着ています)人が「タクシー?」と訪ねてくるので、乗る前にオフィシャルかどうかを確認しましょう。

値段は250TT〜300TT程度でポートオブスペイン内まで行ってくれます。支払いはドライバーに直接支払います。特にチップは渡さなくて大丈夫です。

おわりに

ピアルコ空港へ到着後、空港を出るまで2時間は見ておきましょう。カーニバルシーズンは空港はかなり混雑してます。荷物も自分の物かどうか確認をしてから持っていきましょう。

Photo by:Mari Torochacha
ライター:MARI KANEKO

*Mari Torochacha「コバルトブルーの海に囲まれた国バルバドスの世界遺産
*Mari Torochacha「ジャマイカで女子旅!レゲエ音楽とコーヒー農園
*Mari Torochacha「海外セレブも参加するトリニダードのカーニバルに挑戦

Mari. K

Mari. K

ダンサー・ヘアーメイクアップアーティスト・フォトグラファーなどのフリーランスを紹介するISLAND STAGEを2017年に設立。 自身もダンサーやヘアメイクとして国内外で活動していました。(主に中南米やアメリカ) カリブ海トリニダード・トバゴではソカのコンテストでチームリーダーとして活躍し、グループのメンバーと協力し世界ランキングベスト16位に入賞。国内ではダンスショーレストランの立ち上げ、ダンスプロデュース、CMアクトコンサルト、イベント主催、アーティストバックダンサーなどの実績があります。 現在は拠点をイギリスに移し、Compathy Magazineを通じて世界の音楽や文化を日本の皆さんに伝える活動もしています。



関連する旅行カテゴリ

# 飛行機・航空券 # 世界の空港/日本国内の空港 # 乗り物・交通

関連する旅行記事