ライン川にたたずむ憩いの街!ケルンのおすすめ観光名所・スポットと旅行記ブログまとめ

ケルンは、ライン川沿いにたたずむ、ドイツ第4の都市。それほど都会的な街ではなく、自然と文化が融合し、おいしいビールがある魅力的な街です。今回は、大聖堂だけではない、ケルンのおすすめ観光名所・スポットをご紹介します。

こんにちは。Compathy Magazineライターのsawamadoです。
大聖堂で有名なライン川ほとりの街、ケルン。多くの観光客が訪れるこの街を訪れようと、現在計画を立てている方もきっと多いことでしょう。
ただケルンは知れば知るほど、ケルン大聖堂以外にも魅力がたくさん詰まった街だということが分かります。今回はそのケルンの定番観光スポットから、知る人ぞ知る名所をたっぷり紹介したいと思います。

Photo credit: kazue「ドイツケルン

ビールが美味しい!カーニバルが楽しい!ケルンの基本情報

ケルンはベルリン、ハンブルグ、ミュンヘンに次ぐドイツ第4の都市。ドイツのハブ空港のひとつ・フランクフルトから約2時間、また周辺諸国からも、ブリュッセルからは1時間半、アムステルダムからも2時間半とアクセスがしやすくなっています。
ケルン旅行のベストシーズンは天気が安定する6月〜9月にかけてですが、冬の大規模なクリスマスマーケットや2月開催のケルン・カーニバルなど、季節を問わずさまざまな魅力が溢れています。

ケルンを訪れたらぜひ、ここでしか飲めないビール”ペフゲン・ケルシュ”を味わってください。フルーティで深みがある味わいに、わざわざこのビールのためにケルンを訪れるファンもいるのだとか。挑戦すれば旅の貴重な思い出になること間違いなしですよ!

ケルンの見どころから穴場まで!おすすめ観光名所・スポットランキング14

1. ケルン大聖堂:現地ツアーでも定番!迫力満点の世界遺産

ゴシック建築として世界最大、世界遺産にも登録されている「ケルン大聖堂」。高さ157mの尖塔は、記念写真を撮ろうとしても全体を写しきれないほどの大きさです。電車でケルンに近づくと、ケルン大聖堂がどんどん迫ってくる様子に息を飲むことでしょう。

内部に入ってみると、そびえ立つ支柱や高い天井にも圧倒されますが、見どころは南側の窓に設置されたステンドグラス。ガラス1万枚以上で作られた、絵画のように美しいガラスは圧巻の一言です。
ケルン大聖堂上部の展望台からはケルン市街が広がる絶景が広がっていますが、533段もある階段を登ることになるため、体力に自信のある方におすすめ。また夜にはライトアップも行われるので、昼とは全く違ったロマンチックな姿を楽しむことができますよ。

ケルン大聖堂
住所:Domkloster 4, 50667 Köln, ドイツ
電話番号:22117940555
営業時間:<ケルン大聖堂内>11月~4月 6:00~19:30  5月~10月 6:00~21:00                        
入場料:無料 ミサの時間に注意。
公式サイト:ケルン大聖堂

 

2. ルートヴィヒ美術館:近現代アートの世界に浸る!ケルン大聖堂の周辺に位置する美術館

© Raimond Spekking / , via Wikimedia Commons

ルートヴィヒ美術館」は、ケルン大聖堂に隣接する場所にある美術館。ライン地方屈指の実業家、ピーター・ルートヴィヒと妻のイレーネが、自身のコレクション350点を寄贈したことから新たに開館した現代美術館です。
ロシアアバンギャルドやポップアート、シュルレアリズムに長けていて、同時に2001年に寄贈されたピカソの作品774点も一堂に見ることができます。ピカソの作品収蔵数としてはバルセロナ、パリに次ぐ世界第3位の規模で、日本ではお目にかかれない数々の作品は、一見の価値ありです。

ルートヴィヒ美術館
住所:Heinrich-Böll-Platz, 50667 Köln, ドイツ
電話番号:022122126165
営業時間:10:00~18:00
定休日:月曜日
公式サイト:ルートヴィヒ美術館

 

sawamado

sawamado

日本で生まれ、フランス、スイスと移り住み、今はデンマークに落ち着きました。新しい発見や美味しいもの、かわいい雑貨を求めて旅をするのが好きです。そして旅することの価値や楽しさを多くの人に伝えていければ嬉しいです。



関連する旅行カテゴリ

# ケルンの観光 # ケルン # ドイツの観光 # 観光 # ドイツ

関連する旅行記事