芸術と自然が共存する都市!シュツットガルトのおすすめ観光スポット15選

ドイツ南西部の文化や経済の中心地、シュツットガルト。町中に美術館や宮殿が点在し、訪れる観光客を魅了します。楽しめる季節のイベントが豊富なのもポイント。今回は、シュツットガルトでおすすめしたい観光スポットをご紹介します。

こんにちは。Compathy MagazineライターのPankoです。ドイツのシュツットガルは普段あまり耳にしない地名ですが、サッカー好きならご存知の方も多いのでは?
外観が美しい美術館や宮殿が、街の至るところに点在し、何通りもの散策を楽しめる魅力の都市です。他にもおすすめしたいスポットがたくさんあり、ぜひ足を運んでいただきたい観光スポット16選をご紹介します。これを読めば、旅行気分が盛り上がること間違いなしです!

工業と農業の発展都市!シュツットガルトの基本情報

シュツットガルトは、ドイツ南西部に位置するバーデン=ヴュルテンベルク州の州都で庭園都市。南西部の文化・経済を担う存在として有名です。メルセデスベンツが誕生したのものこの都市で、他にもポルシェやダイムラーなど、世界的な大企業の本社がおかれています。
街中に美術館や劇場など、文化系の建物が複数あるのも特徴のひとつ。こんなふうに都会的な一方で、ブドウの栽培が盛んな側面も。ワインも生産していますので、旅行のお土産におすすめです。
日本からは直行便がなく、フランクフルト経由で空路を約45分の距離です。

シュツットガルト周辺の見どころを押さえよう!おすすめ観光地・観光スポットランキング

1. メルセデス・ベンツ博物館:160台の自動車が展示されている博物館!

メルセデス・ベンツの誕生の地でもあるシュツットガルトには、メルセデス・ベンツの博物館があります。「メルセデス・ベンツ博物館」は中心部から少し郊外にはずれたところに位置し、2006年のサッカー・ワールドカップ開催と同じタイミングでオープンした施設です。
メルセデス・ベンツは117年以上の自動車の歴史があり、ここでは生い立ちから現在までの歴史の他、製造技術について学べます。数多くの車が展示され、思わず欲しくなってしまうかもしれませんよ。車に興味の薄い方でも楽しめますので、行ってみてくださいね。
ベンツに関するお土産やショップもあるので、お土産探しにもおすすめですよ。

メルセデス・ベンツ博物館(Mercedes-Benz Museum)
住所:Mercedesstraße 100, 70372 Stuttgart, Germany
営業時間:(火〜日)9:00〜18:00(チケット販売終了時刻は17:00)
休館日:月曜日
料金:10ユーロ
電話番号:07111730000
公式サイト:メルセデス・ベンツ博物館(Mercedes-Benz Museum)

 

2. ポルシェミュージアム :ポルシェの伝統を継承・展示するための一大拠点!

Photo credit: pixabay

「ポルシェミュージアム」は、「Stuttgart Central Station」よりSバーンに乗り、「Neuwirtshaus (PorschePlatz)」で下車したところあります。2009年オープン以来、観光客に大人気の施設です。
ポルシェと言えば、とびきりオシャレな外見に惹かれる方も多いのでは?創業当時売りにしていたスポーツカーから現在に至るまで、憧れの車をたっぷり目で楽しめるのが魅力です。
館内のレストラン「クリストフォーラス」ではおいしいステーキが食べられると評判の高級ステーキハウス。見学後、名車の余韻にひたりながらいただくのも乙ですね!

ポルシェミュージアム(The Porsche Museum)
住所:Porscheplatz 1, 70435 Stuttgart
営業時間:9:00〜18:00(最終入場は17:30まで)
休館日:月曜日
料金:8ユーロ
電話番号:071191120911
公式サイト:ポルシェミュージアム

 

3. 宮殿広場:シュツットガルト市民の憩いの場!

By Felix König (Own work) [GFDL or CC BY 3.0], via Wikimedia Commons

宮殿広場が位置するのは市の中心部。もとはヴュルテンブルク王の住まいだった宮殿を囲むように広がります。宮殿は第二次世界大戦で崩壊したため、復元されたものが現在の姿です。
芝生の敷かれた広場は、ゆったりと平和なムードがたっぷりで気持ちいいです。今やシュツットガルト市民の憩いのスポットとなって愛されています。噴水の心地よい水音を聞きながら、昼下がりのおしゃべりなんて素敵ですよね。
散策の一休みにもぴったり。思い思いの時間を過ごしてみてはいかがでしょうか。

宮殿広場(Palace Square/Schlossplatz)
住所:Schloßplatz, 70173 Stuttgart
公式サイト:宮殿広場

 

4. ヴィルヘルマ動物園:大型の動物園・植物園がある複合施設!

Photo credit: pixabay

「ヴィルヘルマ動物園」は、「Stuttgart Central Station」より電車のUバーンに乗り、「Wilhelma」駅より徒歩約1分です。動物園と植物園が一体となっているため、1日かけて遊ぶのがおすすめ。
訪れる時間帯は朝イチが良いでしょう。朝は動物達が園内を散歩していて、運がよければ象のファミリーに遭遇できるかも?他にも動物の触れ合いコーナーなど、家族皆が笑顔になれる仕掛けがたくさん!鳥類や爬虫類のブースも充実していますので、ぜひ訪れてみてください。

ヴィルヘルマ動物園(Wilhelma Zoo and Botanical Garden)
住所:wilhelma, 13, 70376 Stuttgart
営業時間:(メインエントランス)8:15〜16:00(チケット販売)9:00〜16:00(2月)
料金:(大人)16ユーロ(学生 18歳〜28歳)10ユーロ(子供 6歳〜17歳)8ユーロ
公式サイト:ヴィルヘルマ動物園

 

5. 州立美術館:ポストモダニズムの建築様式に19世紀以降の近現代美術を展示!

Julian Herzog [GFDL or CC BY 4.0 ], via Wikimedia Commons

モダンな外観が特徴的な「州立美術館」は、中心部のほど近くに位置します。施設は旧館と新館に分かれ、時代ごとに作品を鑑賞できるのがポイント。
着いたらまずは旧館へどうぞ。グリューネヴァルトなど、中世から19世紀頃までの作品が楽しめます。見終わったら新館へ向かいましょう。20世紀をテーマに、ピカソやゴッホなど、世界でも有数の作品がたっぷり展示されていますよ。あなたのお気に入りの1枚を探してみるのも楽しそうですね。
場内は撮影禁止で、手荷物も預けなくてはいけません。

州立美術館(Staatsgalerie Stuttgart)
住所:Staatsgalerie Stuttgart, Konrad-Adenauer-Str. 30 - 32, 70173 Stuttgart
営業時間:10:00〜18:00 (木)10:00〜20:00
休館日:月曜日
料金:7ユーロ
公式サイト:州立美術館

 

6. ソリテュード宮殿:後期バロック様式の白亜に輝く美しい宮殿!

By Harke (Own work) [GFDL or CC BY-SA 3.0 ], via Wikimedia Commons

「ソリテュード宮殿」は、西郊外の丘陵上に位置します。辺りを緑に囲まれた、美しい白亜の宮殿。ヴュルテンブルク王国が栄華を極めた、カール・オイゲンの時代に建てられたものです。一般公開している館内では、きらびやかな調度品が見どころのひとつ。また、高台にあるため、ため息ものの眺望が楽しめるのが魅力です。
他にも音楽や舞台など、若手芸術家の発表に活用されるスポットでもあります。ちょっとした遠足気分で、少し足を伸ばしてみませんか?

ソリテュード宮殿(Solitude Palace/Schloss Solitude)
住所:Solitude 1, 70197 Stuttgart
営業時間:(火〜土)10:00~12:00・13:30~17:00(日)10:00〜17:00
休館日:月曜日
料金:3.5ユーロ
電話番号:07251742770(8:00〜20:00)
公式サイト:ソリテュード宮殿

 

7. ワイン醸造博物館:シュツットガルトのワイン史が学べる博物館

ブドウ栽培が盛んなシュツットガルト。ここで作られる「ヴュルテンベルガーワイン」は、国内では珍しく、赤が多いことで有名です。
市の高台に位置する「ワイン醸造博物館」では、この地域のワインについて、歴史や製造工程が学べます。館内は12のブースに分かれ、2000年に及ぶ歴史を丁寧に紹介。年代もののワイン樽なども展示され、飽きずに楽しめるのが魅力です。
見学後はワインショップに行ってみましょう。16箇所の地域のワインが一度に手に入りますよ。試飲もできますので、お好みの1本を探してみてはいかがでしょうか。

ワイン醸造博物館(Weinbaumuseum Stuttgart)
住所:Weinbaumuseum Stuttgart, Uhlbacher Platz 4, 70329 Stuttgart
営業時間:(3月〜10月 木)14:00〜20:00(金)14:00〜20:00(土)11:00〜18:00(日・祝)11:00〜18:00
料金:(大人)3ユーロ(14歳以下)無料
公式サイト:ワイン醸造博物館

 

1 23 »
Panko

Panko

日本酒での晩酌をこよなく愛するOLです。よろしくお願いします。



関連する旅行カテゴリ

# シュツットガルトの観光 # ドイツの観光 # 観光 # ドイツ # シュツットガルト

その他のオススメ記事

関連する旅行記事