5つの気候がある?ヒマラヤ山脈で有名なネパールの気候情報とおすすめの服装

南アジアに位置する国、ネパール。標高ごとに異なる5つの気候のため、訪れる際には準備をしっかりとしておきたいところです。気候情報に合わせて、適した服装についてご紹介していきます。

Compathy Magazine編集部が送る
\ 今月のおすすめ記事! /

こんにちは。Compathy MagazineライターのHIDEです。世界一標高の高い山として有名なヒマラヤ山脈のある国、ネパール。トレッキングやジャングルサファリなどの自然を身近に感じられるアクティビティを楽しむことができます。今回は、自然あふれるネパールに訪れる前にチェックしておきたい気候情報とおすすめの服装についてご紹介します。

ネパールの気候とは?年間気候と気候帯の特徴

ヒマラヤ山脈のあるネパールの気候に、どのようなイメージをお持ちでしょうか?標高が高いから涼しいというわけではなく、カトマンズやポカラなどの標高約1,000メートルほどの観光地では、モンスーンなどの影響により高温多湿な気候となっています。

標高別に気候が5つに分類されるため、訪れる地によって気候が異なることを調べておくとよいでしょう。ポカラなどの標高1,200メートル以下は亜熱帯性気候、首都カトマンズなどの標高1,200~2,400メートルは温帯性気候、標高2,400~3,600メートルは寒帯性気候、3,600~4,800メートルは亜極地気候で4,800メートル以上の高山は極地気候となります。

ネパールは大きく2つの時期に分けられ6~9月の雨季と10~5月までの乾季となり雨季のポカラやタライ平野は蒸し暑く感じられますが、首都のカトマンズはカラッとした暑さになります。乾季の時期にはヒマラヤ山脈が見える事があり、3~4月と10~11月はトレッキングにはベストシーズンといえるでしょう。

ネパール(カトマンズ)の過去の年間気候:月間の平均気温と降水量一覧グラフ

※参照:気象庁2016年データ

ネパール旅行のベストシーズンは?季節別の気候・天気の特徴とおすすめの服装

ネパールの雨季:6月・7月・8月・9月前半の気候とおすすめの服装

6月
6月前半のスコールは夜間に降ることが多いので、日中は比較的少ないといえます。中旬頃から本格的な雨季に突入するので、高山植物を楽しむのであれば前半がおすすめ。服装は、短パンや半袖のような夏服で十分です。後半は薄手の上着と折りたたみ傘があると便利です。

7月
雨季の時期ですが日本の様に一日中雨が降り続く事は無いので基本的な服装は夏服で問題ないでしょう。携帯雨具や薄手の上着があると、突然の雨でも安心です。

8・9月
基本的には半袖で過ごすことはできますが、虫対策や雨対策として長袖の薄い上着などがあると便利な時期となります。折り畳み傘や雨合羽などの携帯可能な雨具があるとよいでしょう。

ネパールの乾季:9月後半・10月・11月・12月・1月・2月・3月・4月・5月の気候とおすすめの服

9月後半~10月
雨季も終わりかけ乾季に入る時期で寒暖差が激しくなってきます。半袖で過ごすこともできますが、体温調節ができるよう薄手の上着は用意しておいたほうがよいでしょう。

11月
9月や10月頃の気温とは異なり、平均気温も下がってきて日中は長袖のシャツが必要になってきます。朝晩の冷え込みが激しくなるので、少し厚手のジャケットなども用意しておくとよいかもしれません。

12月
中旬頃から朝霧が頻繁に発生し国内線運航に影響がでる時期となります。特に年末年始には大幅な遅れや欠航などが過去にあるので天候の情報収集が重要となります。

1月・2月
1月や2月になると、徐々に気温の上昇を肌で感じることができるようになります。日中は長袖シャツ1枚で過ごすことが出来るようになりますが、朝晩の冷え込みで体調を崩さないように体温調整は常に心がけましょう。

3月
3月は、1月や2月以上に暖かくなりはじめます。市内観光時には、日中であれば半袖でも十分に過ごすことができるようになります。しかし、まだ寒さが残る時期ですので着脱可能なジャケットなどがあると重宝することになるでしょう。

4月・5月
雨季前の4月・5月は、年間で一番暑い時期をむかえます。熱中症対策として十分な水分補給や、日焼け止め対策などの準備をしていくと安心です。

ネパールの首都!カトマンズの天気・気候情報

By Royonx (Own work) [CC0], via Wikimedia Commons

カトマンズは、スワヤンブナート寺院やダルバール広場が有名観光地として知られています。また、1979年にユネスコ世界遺産にカトマンズ盆地全体をカトマンズ渓谷として登録されました。標高1,320メートルにある都市で6月~9月はモンスーンの影響で雨季をむかえるため、雨が降り湿度も高くなります。中でも8月はスコールのようなドシャ降りの雨が多く降る時期となります。

11月~2月の乾季が旅行のベストシーズンになります。トレッキングを楽しむなら空気が澄んでいて美しいヒマラヤの絶景を眺められ10月~12月がおすすめです。まだ寒さも厳しくないので最適な時期でしょう。11月~3月の日中の服装は、基本的に日本と同様であると考えておくと服装の準備がしやすいかもしれません。

 

今日現在のネパール・カトマンズの天気は? 最高・最低気温・風速などをリアルタイムにチェック


下記の「The Weather Channel」のページでは、ネパール・カトマンズの今日現在のリアルタイムの天気を確認できます。
ネパール・カトマンズの気候・天候状況を確認するために活用してみましょう。

■ネパール・カトマンズの今日・現在の天気
>> ネパール・カトマンズの今日の天気

 

ネパール・カトマンズの週間・10日間の天気予報: 気温・湿度・降水確率・風速など

こちらのページでは、今日以降10日間の長期天気予報が確認できます。
これからネパール・カトマンズへの旅行を予定・準備されている方は、暑さ・寒さ、最適な服装の検討に活用してみましょう。

■ネパール・カトマンズの週間・10日間の天気
>> ネパール・カトマンズの10日間の天気

 

ネパール第2の都市!ポカラの天気・気候情報

By Wolfgang Beyer (Own work) [GFDL, CC-BY-SA-3.0 or CC BY-SA 2.5-2.0-1.0], via Wikimedia Commons

標高800メートルにある都市で、アンナプルナ山群やベグナス湖にペワ湖など美しい湖がつくりだす非常に美しい都市です。トレッキングを楽しむ人々たちの間では有名で、ネパールのリゾート地として栄えています。山あいの高地に囲まれている都市なので、年間の降水量が約4,000ミリ程にもなり国内最大となりますが、一年中穏やかな温暖気候です。

晴れていれば市内からヒマラヤ連峰のダウラギリやマルナス、アンナプルナなどの絶景を楽しんでみてはいかがでしょうか?服装は年間を通して温暖なため、長袖のシャツで日中は過ごせます。しかし、11月~2月頃までは朝晩の冷え込みが激しいので上着の準備は必須となります。

 

今日現在のネパール・ポカラの天気は? 最高・最低気温・風速などをリアルタイムにチェック


下記の「The Weather Channel」のページでは、ネパール・カポカラの今日現在のリアルタイムの天気を確認できます。
ネパール・ポカラの気候・天候状況を確認するために活用してみましょう。

■ネパール・ポカラの今日・現在の天気
>> ネパール・ポカラの今日の天気

 

ネパール・ポカラの週間・10日間の天気予報: 気温・湿度・降水確率・風速など

こちらのページでは、今日以降10日間の長期天気予報が確認できます。
これからネパール・ポカラへの旅行を予定・準備されている方は、暑さ・寒さ、最適な服装の検討に活用してみましょう。

■ネパール・ポカラの週間・10日間の天気
>> ネパール・ポカラの10日間の天気

 

1 2
HIDE

HIDE

初めまして。compathy magazineライターのHIDEです。 旅行を通じて人生を楽しむヒントをお伝えしていきます! 大学卒業後は、英語講師、翻訳、ライターなどのお仕事を経験しているため、日本語と英語でコミュニケーションを取ります。 お休みの日は、ウインドウショッピング、読書、水泳などをして過ごすことが多いです。 旅はあなたの人生を豊かにする最高の手段。 一緒に人生を謳歌していきましょう!



関連する旅行カテゴリ

# ネパールの天気・気候 # 天気・気候 # ネパール

関連する旅行記事