慌てる前にチェックしておこう!知っておきたいシンガポールのトイレ事情

シンガポールの繁華街などの高級エリアでは日本と同じようにトイレはしっかり整備されていることが多いです。では、その他の場所ではどのような感じなのでしょうか?移動するときは「いつでもすぐトイレに飛び込めるわけではない」ことを意識しましょう!

今ならおトクなキャンペーン実施中!
\ CompathyGOバーチャル旅行、はじまりました! /


こんにちは。Compathy MagazineライターのSeinaです。
私は家族とシンガポールで生活しています。シンガポールでの生活も随分慣れてきたのですが、唯一まだ慣れないのが「街のトイレ事情」です。

基本トイレ事情は合格です

https://www.compathy.net/tripnotes/17416#episode-267415

Photo by Seina Morisako「Singapore Days

シンガポールは東南アジアの中では清掃がかなり行き届いている国です。なのでホテル、ショッピングモールなどのトイレは日本人の感覚でもほぼ問題なく使えると思います。紙も他の東南アジア諸国と違い、使用済みの紙を流すことができます。

そして最近の多くのトイレは使用後、使用者が席を立つと自動で水が流れます。しかしシステムが壊れている場合もあるので使用後は自分でボタンを押して流しましょう(流さないと罰金という情報もありますが、私は実際に罰金になった人を目撃したことはありません)。

マレー系の人も多いので紙ではなく水で洗浄するためのシャワーも備えつけられています。ベビーベットが備え付けてある場所も多いです。場所によっては子供用のトイレもあります。

しかし、これはあくまで繁華街などの高級エリアでのこと。その他の場所ではどのような感じなのでしょうか?

見つけたいときに見つけられない!

https://www.compathy.net/tripnotes/17416#episode-267414

Photo by Seina Morisako「Singapore Days

シンガポールで移動するときにMRTという電車を利用することは多いと思います。目的地に着いて、活動する前にちょっとトイレへ…。しかしトイレを探しても見つからない! 理由は不明ですが、駅の改札近辺にトイレがない駅も少なくありません。

そして繁華街より住宅エリアに近いショッピングモールなどではトイレの標識に沿って歩いても場所が遠く、なかなかたどり着くことができません。移動するときは「いつでもすぐトイレに飛び込めるわけではない」ことを意識して行動していたほうが無難です。

使いたいときに使えない!

https://www.compathy.net/tripnotes/17416#episode-267424

Photo by Seina Morisako「Singapore Days

ホーカーセンターや郊外のショッピングモールなどではトイレを使用する際、入口でおばちゃんにお金を払う場合があります。20セント程度なので特に高いものではないのですが、小銭がないとお釣りをくれない場合も…。トイレ用のコインは少しでも常備しておきましょう。

そして入場料を払ってトイレに入り、無事に事が済んでから「個室内に紙がない」と気づいた時! まさに青天霹靂です。なぜか手を洗う場所に紙があり、そこから紙を取って個室に入るシステムが公共トイレには数多く見られます。入る前に紙がどこにあるか確認しましょう。

紙を忘れた状態に陥ったときのためにウエットティッシュは鞄に入れておくほうが安心です。ちなみにシンガポール国内で買うウエットティッシュは流せないものもあるので注意しましょう(その場合は横のゴミ箱に捨てましょう)。

どっちがどっちなのかわかりづらい

https://www.compathy.net/tripnotes/17416#episode-267416

Photo by Seina Morisako「Singapore Days

さぁトイレが見つかりました。しかしここで注意してほしいことがあります。「どっちが男女かとてもわかりにくい」のです! デザインが優先されているのか、それとも区別の意識があまりないのか、一瞬で男女を見分けることができません。両方同じデザインであることも多く、時間を争う際、瞬時の判断を間違える可能性があります。落ち着いて確認しましょう。

トイレ以外の要素があるトイレも

https://www.compathy.net/tripnotes/17416#episode-267417

Photo by Seina Morisako「Singapore Days

ここまで注意すべき点ばかりを挙げてきましたが、それだけはありません。実はシンガポールのトイレはすごく有能に使えるポイントもあります。公共の美術館やホールなどではトイレの出口付近に座って休憩ができ、なおかつ充電ができる場所があることも! 

公共の美術館は無料のWi-Fi飛んでいる場所も多く、旅の途中、充電しながらメールチェックする場所の1つとしてもおすすめです。鞄に小銭とウエットティッシュをあらかじめ用意して、もしもの際にぜひ安心してお使いください。

ライター:Seina Morisako

Compathyでこの旅の旅行記を見てみましょう

*Seina Morisako「Singapore Days

今ならおトクなキャンペーン実施中!
\ CompathyGOバーチャル旅行、はじまりました! /


Seina Morisako

Seina Morisako

アジアの現代アートと伝統芸能をこよなく愛すシンガポール在住のブロガー。海外子育て中故「子連れ旅」、「教育 in 外国」等少し変わった視点込で色々追いかけています。ブログ:別客气



関連する旅行カテゴリ

# シンガポールの観光 # シンガポールのトラブル・注意事項 # シンガポールのニュース・コラム # シンガポールの文化 # シンガポールの持ち物・準備 # シンガポールの習慣 # シンガポールの海外トピックス # シンガポール

関連する旅行記事