安いカナダのLCCウェストジェット航空の情報をお届け〜ロンドンからトロント〜

ウェストジェットはカナダ西部の地方航空会社で、カナダを代表するLLC飛行機。日本からウェストジェットは運行はしていませんが、カナダからのアメリカ、カナダ国内の乗り継ぎで利用されている人も多いのではないでしょうか。今回はウェストジェットの預け荷物、チェックイン、機内食などについてご紹介します。

Compathy Magazine編集部が送る
\ 今月のおすすめ記事! /

こんにちは!Compathy MagazineのMari.kです。
先日、値段が安いと噂のカナダのLCCウェストジェット航空のロンドン〜トロントの往復チケットを購入しました。なんと一人往復392.50USドル(約44500円)! 日本からカナダへ行くとなると往復10万ほどかかるのが普通なので、得した気分でした。

ウェストジェットはなんで安いの?

Photo credit: Paul Hamilton via flickr cc

ウェストジェットはロンドンのガトウィック空港から出発しているカナダのLCC(格安航空会社)飛行機。LCCなので通常のエアーカナダの様な飛行機とはサービス面が異なります。1時間45分以内のフライトの場合は軽食は販売のみだったり、5時間以内のフライトでも軽食が提供されなかったりは当たり前です。

ウェストジェットのマイレージ提携会社

アメリカン航空、アドバンテージ航空、デルタ航空、アエロフロート航空など、その他の航空会社はこちらで確認してください。

ウェストジェットの口コミまとめ

Photo credit: Matus Laslofi via flickr cc

良い評価(口コミ)
・「国を渡る5時間以上の長時間のフライトの機内はエンターテインメントが充実していて、コストも安く良かった」
・「シートのクッションが快適、クッキーや無料の飲み物が提供された」
・「5時間以内の距離のフライトコストが安かった。そして、なによりもスタッフがフレンドリーなので楽しかったです」
などのコメントがあり、比較的良い評価でした。

悪い評価(口コミ)
5時間以内の短い距離でのフライトを体験した人の評判はあまり良くない印象でした。
例えば、
・「機内の飲みのなどのサービスがなかった」
・「スタッフの対応があまり良くなかった」
・「安いと思って買ったのに荷物に25ドルもかかった」
などのコメントが多くありました。

値段が安いのでサービスの部分では他の飛行機会社と比べると、どうしても少し劣ってしまいます。そこが我慢できれば特に問題なくフライトを楽しめそうですね。

預け荷物について

Photo credit: PROLawrence via flickr cc

カナダ、アメリカ内では1つ目のスーツケースから25〜29.59ドルかかります。それ以外の国からのフライトの場合は1つ目のスーツケースは無料。2つ目のスーツケースは35〜41.30ドルです。3つ目以降はこちらをご覧ください。

機内の食事

アメリカとカナダ国内での移動時は食事は基本的に出ません。5時間以内のフライトの場合はドリンク・食事は自分で用意して搭乗しましょう。私のフライトは8時間のフライト予定なので、食事は出ると思いますが心配なので軽食は持って搭乗しようと思います。

オンラインチェックインで安心

ここ数年でオンラインチェックインというのが、どこの飛行機会社でも主流になってきていますよね。利点は出発24時間前から座席を選ぶことができるのと、チェックインカウンターに並ばずにチェックインできるので電車の遅延や事故なのどトラブルで到着がギリギリになってしまいそうな場合でもオンラインチェックインをしておけば安心です。

ウェストジェット・オンラインチェックイン」から入って詳細を記入していきましょう。

「Departure City」出発する場所
「First name」名前
「Last name」苗字
「Reservation code」約番号
上記を記入して右下のContinueをクリックしましょう。

ウェストジェット緊急連絡先
カナダ電話 : 1-888-937-8538
アメリ電話 : 1-855-547-2451
営業時間:24時間営業
ウェストジェット公式サイト:https://www.westjet.com

おわりに

初めて乗る飛行機は下調べがあると全然違いますよね。ウェストジェットを利用される際の参考にしてみてください。次回利用した時は、機内の食事やサービスをもう少し細かく紹介しようと思います。

Photo by:Paul Hamilton
ライター:MARI KANEKO

*Mari Torochacha「大英博物館で国宝発見
*Mari Torochacha「ハリー・ポッターが好きなんです!行きたかったキングスクロス駅!
*Mari Torochacha「映画ノッティングヒルの恋人でお馴染みポートベロー・マーケットへ行ってみました。

Mari. K

Mari. K

ダンサー・ヘアーメイクアップアーティスト・フォトグラファーなどのフリーランスを紹介するISLAND STAGEを2017年に設立。 自身もダンサーやヘアメイクとして国内外で活動していました。(主に中南米やアメリカ) カリブ海トリニダード・トバゴではソカのコンテストでチームリーダーとして活躍し、グループのメンバーと協力し世界ランキングベスト16位に入賞。国内ではダンスショーレストランの立ち上げ、ダンスプロデュース、CMアクトコンサルト、イベント主催、アーティストバックダンサーなどの実績があります。 現在は拠点をイギリスに移し、Compathy Magazineを通じて世界の音楽や文化を日本の皆さんに伝える活動もしています。



関連する旅行カテゴリ

# 旅の知恵・ノウハウ # 飛行機・航空券 # 世界の空港/日本国内の空港 # 乗り物・交通

関連する旅行記事