水と緑に恵まれた街、ハノイの天気・服装情報とおすすめ観光スポットまとめ

ベトナム北部の首都ハノイは、政治と文化の街と呼ばれ独特の雰囲気が漂っています。今回は、季節ごとの気候の特徴や服装選びのポイント、イベント情報、おすすめの旅行記から観光スポットについてご紹介します。

AfterコロナのNewスタンダード?
\ CompathyGOバーチャル旅行、はじまりました! /


こんにちは。Compathy Magazineライターの斎藤ゆかです。
ベトナム北部に位置する首都ハノイは、南部のホーチミンに次ぐ国内第2の都市です。
政治と文化の街と呼ばれ独特の雰囲気が漂うハノイには、ベトナム建国の父、ホーチミンにまつわる施設や歴史的建造物「オペラハウス」などがあり、日本でも人気の高い観光スポットです。

南北に縦長いハノイでは、北部と南部で気候が大きく異なるのが特徴です。湿度も高く、さらに南国のイメージが強い国だけに現地の天気や服装が非常に気になるところではないでしょうか?そこで今回は、季節ごとの気候の特徴や服装選びのポイントについて詳しくご紹介します。この記事を参考にハノイで快適な旅を楽しむ準備を始めましょう!

 

■目次

1ページ目
 - ハノイの年間の気候・天気の特徴について
 - 今日現在・明日の天気は?ハノイの最新週間天気予報・気温・降水確率(10日間)
 - ハノイの過去の年間天気:月間ごとの平均気温と降水量一覧グラフ

2ページ目: ベトナム・ハノイの季節別の気候・天気の特徴とおすすめの服装
3ページ目: 現地の日常を感じる!ハノイの季節別おすすめ旅行記ブログ3選
4ページ目: ハノイのおすすめの観光スポット

 

緑溢れるベトナムの首都!ハノイの年間の気候・天気の特徴について

ハノイは北ベトナムの典型的な気候である「温暖冬季少雨気候」の影響で、夏は高温多湿、冬は温暖で乾燥した天気になるのが特徴です。

日本と同じく四季はありますが、春と秋は短く、1年の半分以上は夏の気候になります。6~8月は猛烈に暑くなり、連日最高気温が30℃近くまで上がります。
さらに湿度はなんと80%を超えるため、観光にはあまりおすすめできません。旅のベストシーズンは10~11月といわれており、この時期は暑さが弱まり乾季に入るので過ごしやすい日が続きます。

ハノイでの服装は、4~10月までが夏服、11~3月までが春秋物が適しているでしょう。春秋物の服装は、薄手の長袖シャツが1枚あれば充分です。

季節の変わり目は寒暖差が大きくなるので、脱着しやすい服装を心掛けてください。
年間を通してほとんど夏服で問題ありませんが、天候に応じてカーディガンなどで調節してください。

また、5~9月には雨が多い時期になるので、傘やレインコートなどの雨具を必ず携帯してくださいね。

 

今日現在・明日の天気は?ハノイの最新週間天気予報・気温・降水確率(10日間)


下記の「The Weather Channel」のページでは、ハノイの今日現在のリアルタイム、週間など長期の天気を確認できます。
ハノイへの旅行前に、気候・天候状況を確認するために活用してみましょう。

■ハノイの天気予報
>> ハノイの天気予報

 

ハノイの過去の年間天気:月間ごとの平均気温と降水量一覧グラフ

参照:気象庁2016年データ

1 2 ... 4
AfterコロナのNewスタンダード?
\ CompathyGOバーチャル旅行、はじまりました! /


斎藤ゆか

斎藤ゆか

Compathy Magazineライターの斎藤ゆかです。



関連する旅行カテゴリ

# ハノイの観光 # ハノイ # ハノイの天気・気候 # ベトナムの観光 # ベトナムの天気・気候 # 観光 # 天気・気候

関連する旅行記事