【イギリス・映画ロケ地】ノッティングヒルの恋人のロケ地〜ポートベローマーケット前編〜

映画『ノッティングヒルの恋人』のロケ地「ポートベロー・マーケット」へ行ってきました。毎週、土曜日に開催されているマーケットです。アンティークが有名なだけあって、目に止まった古本のカヴァーは薄汚れているのになぜかかっこよく見えたり、スターウォーズに出てきそうなお皿やフォーク、スプーンなどの金物類も販売されていました。

今ならおトクなキャンペーン実施中!
\ CompathyGOバーチャル旅行、はじまりました! /


こんにちは!Compathy MagazineのMari,kです。
今回は映画ノッティングヒルの恋人で有名になったポートベロー・マーケットをご紹介します。日用品から食器類、アクセサリー、アンティーク、野菜、フードショップ、カフェなど様々なお店が1kmも続いているこのマーケットは、朝から観光客やアンティークのディーラーさんが集まる有名な観光スポットです。

映画ノッティングヒルの恋人

これは1999年の映画で本屋の店長ウィリアム(ヒュー・グラント)とハリウッド女優のアナ(ジュリア・ロバーツ)が偶然出会い恋に落ちるラブストーリー。映画の後半でウィリアムがポートベロー・マーケットを歩くシーンが印象的です。

映画が上映されてからすでに18年も経っているのにもかかわらず、未だにロケ地を巡りに来る観光客がいるのはすごいことですよね。

マーケットまで、どうやっていくの?

マーケットまでの行き方
最寄りの駅は「Notting Hill Gate Station」です。地下鉄の3番出口を出てそのまま道なりに真っ直ぐ歩くとすぐに交差点があります。そこを右折してください(標識があります)。

右に曲がったらそのまま真っ直ぐ歩くと、さらに標識があるので左へ曲って進みます。そうするとマーケットの入り口に到着できます。この日は入り口で演奏をしていました。

住所:Portobello Road, W11
電車のライン:Central、Circle、Districtの3つの線が通っています。
下車駅:Notting Hill Gate 駅
開催日:毎週土曜日(ポートベローロードのお店は平時も営業しています)
営業時間:9:00〜18:00(平日も営業しているお店もあります)

ポートベロー・マーケットの歴史

ポートベロー・マーケットの歴史はビクトリア女王の時代まで遡ります。1800年代から始まったこのマーケットが注目されるようになったのは1950年頃から。アンティークのマーケットとして世界中から注目を浴びるようになり、この頃からアンティークディーラーも訪れていたそうです。

人混みを避けてゆっくり楽しむための裏技

営業時間は朝9:00からと公表されていますが、実際は朝7:00から開いています。現在もこのマーケットにはアンティークディーラーが集まります。ディーラーが買い付けにくる朝7:00から9:00の間は観光客が少ないので、人混みが苦手な人はこの時間を狙うと良いでしょう。

朝からゆっくりマーケットを堪能してからの朝食をとるのもおすすめです。

マーケットの長さってどのくらい?

マーケットは約1kmの長さがあるため、お店に立ち寄ったりする時間も含めて最低でも3時間はかかるでしょう。私は「原宿の竹下通りくらいの長さかなー」と思って行ったので、歩いても歩いても終わりが見えず、途中で休憩を入れながらマーケットを楽しみました。

おわりに

後編はマーケットの中をご紹介していきたいと思います。春休みにロンドンへ遊びに行く方はノッティングヒルのポートベローマーケットもぜひ観光リストに入れてみてはいかがでしょうか。

Photo by:Mari Torochach
ライター:MARI KANEKO
*Mari Torochach「映画ノッティングヒルの恋人でお馴染みポートベロー・マーケットへ行ってみました。
*Mari Torochach「大英博物館で国宝発見
*Mari Torochach「ハリー・ポッターが好きなんです!行きたかったキングスクロス駅!

今ならおトクなキャンペーン実施中!
\ CompathyGOバーチャル旅行、はじまりました! /


Mari. K

Mari. K

ダンサー・ヘアーメイクアップアーティスト・フォトグラファーなどのフリーランスを紹介するISLAND STAGEを2017年に設立。 自身もダンサーやヘアメイクとして国内外で活動していました。(主に中南米やアメリカ) カリブ海トリニダード・トバゴではソカのコンテストでチームリーダーとして活躍し、グループのメンバーと協力し世界ランキングベスト16位に入賞。国内ではダンスショーレストランの立ち上げ、ダンスプロデュース、CMアクトコンサルト、イベント主催、アーティストバックダンサーなどの実績があります。 現在は拠点をイギリスに移し、Compathy Magazineを通じて世界の音楽や文化を日本の皆さんに伝える活動もしています。



関連する旅行カテゴリ

# イギリスのお土産 # イギリスの文化 # イギリスの観光 # イギリスの海外トピックス # イギリスのショッピング・買い物

関連する旅行記事