大自然に恵まれた常夏の国!マレーシアの気候と観光のベストシーズン

美しい海が輝くビーチリゾートや野生動物が棲む大自然が魅力のマレーシア。常夏の国で、雨季の影響を強く受ける東海岸のリゾートを除けば、どの時期に行っても楽しめます。今回はマレーシアの気候についてエリアごとにご紹介します。

こんにちは。Compathy MagazineのK.G.です。
高層ビルが林立する首都クアラルンプールのほか、世界遺産にもなっているペナンやマラッカ、ビーチリゾートのランカウイ、野生動物の宝庫として知られる東マレーシア(ボルネオ島)など、マレーシアには魅力的なスポットが数多くあります。雨季でも1日中しとしとと雨が降り続くことはないので、観光に困るということはありません。

照りつける太陽の日差しにさえ気を付ければ、1年中が観光のベストシーズン!(ただし、東海岸の雨季を除く)
この記事ではマレーシア各地の気候を丁寧に解説していきますので、ぜひ旅のプラン作りに役立ててください。

ビーチリゾートの宝庫!マレーシアの気候の特徴とは?気候区分と基本情報

マレー半島とボルネオ島(北部)とで成り立っているマレーシア。マレー半島のすぐ北とボルネオ島のほぼ中央に赤道が通っており、日中の平均気温は27〜33℃前後と1年中夏のような気候です。

気温による気候帯では亜熱帯気候となりますが、正式な気候区分上では熱帯雨林気候に属しています。マレー半島の東海岸と西海岸、東マレーシア(ボルネオ島)、高原地帯では気候が異なりますが、1年は雨季と乾季に分けられます。ただ、地球温暖化のせいか、その境界は年々あいまいになりつつあるようです。

雨季はどのエリアでも日本の梅雨のようにしとしと1日中雨が降り続くということは少なく、ほとんどが短時間に激しい雨が降り注ぐスコール。スコールが降ると気温が少し下がるため、過ごしやすさを感じることもあります。そのような意味では雨季でも観光に適さないということはなく、1年中が観光のベストシーズンといえます。

なお、7月〜10月ごろはヘイズ(インドネシアの焼畑農業などによる煙害)が発生します。ヘイズが発生すると日中も薄く靄(もや)がかかり、鼻やのど、眼、肌などにアレルギーのような症状が出る場合もありますので、注意が必要です。

マレーシア(クアラルンプール)の過去の年間気候:月間の平均気温と降水量一覧グラフ

参照:気象庁2016年データ

1 23 »
K.G.

K.G.

主に広報宣伝関係の仕事をしたりしなかったり。趣味と実益(仕事)を兼ねて映像・写真等の編集などもやります。好奇心旺盛な人見知り。たまに凝り性な基本めんどくさがり屋。



関連する旅行カテゴリ

# マレーシアの観光 # マレーシアの天気・気候 # 観光 # 天気・気候 # マレーシア

関連する旅行記事