まだ間に合う!トリニダード・トバゴのカーニバルに参加しよう

今回はカリブ海トリニダード・トバゴのカーニバルについて。トリニダード・トバゴのカーニバルは年によって異なりますが、基本的に毎年2月に行われます。カーニバルと聞くとブラジルのリオのカーニバルを思い浮かべる人が多いと思いますが、トリニダード・トバゴのカーニバルはリオのカーニバルとは音楽や楽しみ方が違います。ソカという音楽を体感すると最後。一生の趣味になってしまうくらい中毒性のあるカーニバルです。

Compathy Magazine編集部が送る
\ 今月のおすすめ記事! /

こんにちは!Compathy MagazineのMARI.K です。
今回はカリブ海トリニダード・トバゴのカーニバルについて。トリニダード・トバゴのカーニバルは年によって異なりますが、基本的に毎年2月に行われます。カーニバルと聞くとブラジルのリオのカーニバルを思い浮かべる人が多いと思いますが、トリニダード・トバゴのカーニバルはリオのカーニバルとは音楽や楽しみ方が違います。ソカという音楽を体感すると最後。一生の趣味になってしまうくらい中毒性のあるカーニバルなんです!

まずは知ろう! トリニダード・トバゴってどこにあるの?


まず国の位置を知っておきましょう。トリニダード・トバゴは、カリブ海の最南端にある島国でトリニダード島とトバゴ島の2つの島から成ります。カーニバルが有名ですが、ドラム缶から作った打楽器「スティールパン」やリンボーダンスの発祥の地でもあります。また天然ガス、アスファルト、石油なども輸出している国です。

概要情報
国名:トリニダード・トバゴ共和国
首都:ポート・オブ・スペイン
政体:共和制国家
国民人口:134.1万人
民族構成:アフリカ系黒人、インド系、混血、その他
宗教:キリスト教(カトリック、英国国教会)ヒンドゥー教、イスラム教など
日本と時差:13時間(日本の方が13時間進んでいます)
ビザ:3ヶ月以内の観光目的の場合、現在はビザ無しで入国できます。パスポートの有効期限が6ヶ月以上あることが条件です。
通貨と為替レート:トリニダード・トバゴ・ドル
TTドル(2016年11月11日現在)1USドル6.71TTドル
※日本円からTTドルへの両替はできないので一度USドルに両替しましょう。
公用語:元々イギリスの植民地だったこともあり公用語は英語ですが、訛りが強いので聞き取りにくいです。

トリニダード・トバゴのカーニバルって?

Photo credit: IZATRINI.com via flickr cc

このカーニバルはトリニダード・トバゴで行われる年に一度のお祭りです。カトリックのカレンダー通りにイースターの46日前の「灰の水曜日」前日の月曜、火曜日に開催と決められています(毎年2月〜3月頭の間の月曜日か火曜日に行われます)。

カーニバルを含めた前一週間をカーニバルウィークと呼び、フェスティバル、ホームパーティー、早朝ボートパーティー、ビーチパーティーなどの行事があり、誰もが楽しめるお祭りです。

カーニバル「MAS(マス)」と「BAND(バンド)」

カーニバルに参加するために知っておきたい言葉が2つあります。それは「MAS(マス)」と「BAND(バンド)」という言葉。「MAS(マス)」とはカーニバルコスチュームのことで「BAND(バンド)」はカーニバル団体のことです。MASを購入しないとカーニバルに参加できませんので、カーニバルに参加したい人はMASを購入しましょう。

どこでMASが見られるの?

Photo credit: charioteer via flickr cc

MASはBANDのホームページで予約する人がほとんどですが、実際にMASの実物を見てから購入もできます。MAS CAMP(マスキャンプ)と呼ばれるMASが飾られているBANDごとの施設があるので訪ねてみてください。MAS CAMPの営業時間と場所はBANDのホームページで確認してから行きましょう。前年と場所が変わっている場合もあります。

MAS購入方法と支払い

Mas購入方法

インターネットからの購入、又は現地に到着してからMAS CAMPを巡って気に入ったMASをその場で購入するという2つの方法があります。

インターネットからの予約のメリット

各BAND別の公式サイトからできます。確実に自分が気に入ったMASやBANDがあるなら前もってネットから予約をすることをおすすめします。

現地で購入するメリット

MASにこだわりが無く、とりあえずカーニバルに参加したい場合は、現地に到着してからMAS CAMP巡りをすることをおすすめします。MASを現物で見ることができたり、ヘッドピースなどコスチュームの一部を試着できたりします。

支払い場所とMAS受け取り

MASの支払いはMAS CAMPで出来ます。MASはカーニバルの2、3日前に指定場所での受け渡しになるので、必ず支払い証明書を持参して行きましょう。

支払い方法

クレジット・カードで支払いができますが、稀に現金のみしか受け付けないMAS CAMPもあるので事前に確認しましょう。現地通貨以外にもUSドルも使えることが多いです。

カーニバルマンデーの早朝はJ’ouvert(ジュベー)

カーニバルが始まる月曜日の早朝にJ’ouvert(ジュベー)が行われます。このJ’ouvertは泥やペンキ、パウダーなどを塗り合うパレードで朝日が昇るまで行われます。
J’ouvertもCarnivalと同様に、BANDがあるので、時間がある方はJ’ouvertのMAS CAMP巡りもしてみてください。

カーニバルMAS BAND 6選

1. YUMA(ユーマ)

2016年に初めて参加しました。カーニバル中に最も印象的だったのが日射病にならないように霧のミストを大きなホースの様な物でマスカレーダー(参加者)に向けて噴射していたことです。

カーニバルトラックは、ミュージックトラック4台、ドリンクトラック3台、トイレ1台と合計8台で、大きいBANDでした。大きな広場での休憩は、中華、チキン、フィッシュのボックス・ランチから選ぶ事が出来ました。MASはオシャレで、値段は日本円で7万〜12万くらいでした。
Yuma Vibe: http://www.yumavibe.com/

2. FANTASY(ファンタジー)

人気のあるBANDで、私もいつかは参加したいと思うのですが、MASがすぐに売り切れになってしまいます。ファンタジーのMASは可愛い!  2017年のコスチュームは既に売り切れですが、繊細、ゴージャス、そして色味も品があり女性だったら一度は着たいなぁと思うはず。

値段は8万円代から。高いものは16万円弱になります。他のBANDに比べるとMASの値段は高いですが、その分本当に素敵です。
Fantasy: http://www.mycarnivalfantasy.com/

3. TRIBE(トライブ)

Photo credit: IZATRINI.com via flickr cc

2014年に参加しました。MASは毎年即完売で、過去にはBEYONCEやJZも参加したこともありました。MASの値段はファンタジーと同じくらいです。参加者の多いBANDなので友達やグループで参加した場合、はぐれると見つけ出せない可能性があります。

実際私も友達とお昼過ぎにBAND内ではぐれてからカーニバルが終わった20時頃まで会えませんでした。トライブに参加される方ははぐれた時の集合場所を決めておくと良いでしょう。
Tribe: http://www.carnivaltribe.com

4. DREAM TEAM(ドリームチーム)

2015年に参加したのですが、現地の人たちが多く参加しているBANDです。セキュリティは他のBANDに比べると緩かったですが、小規模なBANDなので、細い道から広い道まで、街中の様々な道をスムーズに通ることができて、スピード感と一体感が有り現地感を楽しめました。

私を含め3人で参加したのですが、スタッフが「大丈夫?」「飲み物は?」など声を掛けてくれて嬉しかったです。BANDの大きさから見ても友達を見失ったりしないので安心です。MASの値段もリーズナブルで5万円代くらいから購入できます。
Dream Team TnT: http://www.dreamteamtnt.com

5. ISLAND PEOPLE(アイランドピープル)

このBANDは通称IP(アイピー)と呼ばれ現地の人たちや外国人に親しまれています。アジア人にも優しいBANDで、私は2006年から2009年まで4年間IPに参加しました。毎年カーニバル中に再会する人が居て「君、今年もいるね!」なんて事もあり、リピーターが多いBANDだなと思いました。

2009年に日本で初めてトリニダード・トバゴのカーニバル・バンドとして、翌年カーニバルのMAS発表会であるローンチを行った事もあります。私にとってはすごく思い出のあるBANDでカーニバルの楽しみ方をこのBANDで知りました。初めて参加する人にはおすすめのBANDです。
Island People: http://www.islandpeoplemas.com

6. RONNIE AND CARO(ロニーアンドカロ)

現地の人たちが多く参加しているBANDで、今まで様々なBANDに参加してきましたが参加者に対してホスピタリティの良いBANDでした。カーニバルも終盤に入る夕方時に、スタッフが参加者の体を考え飴やお菓子を一人一人に配り、皆を盛り上げる現地DJの掛け声や選曲も色々なアーティストの曲をかけていて良かったです。

ロニーアンドカロのMASは、はっきりした色味の物が多いため晴天の下で鮮やかで綺麗でした。2010年に、日本でローンチが行われました。
Ronnie & Caro Carnival Band: http://www.ronnieandcaro.com

その他のBAND 12選

Bliss: Website: http://2017.blisscarnival.com/
Harts: http://www.hartscarnival.com
Flirt: http://www.flirttt.com/
Legacy: http://www.legacycarnival.com
MacFarlane Carnival: http://www.macfarlanecarnival.net
Petlemas: http://www.petlemas.com/
Papparazzi: http://paparazzicarnival.com/
Roam: http://www.roammas.com/
Spice Carnival: http://www.spicecarnivalband.com/intro/intro.html
Utopia Mas: http://www.utopiamas.com/
Trini Revellers: http://www.trinirevellersmas.com
Wee International: http://www.weeint.net/

おわりに

いかがでしたか?トリニダード・トバゴに行ってみようと思っている人はカーニバルに参加してみては? カーニバル情報も大切ですが
外務省の海外安全ホームページなどで現地情報や治安もしっかり調べてから行きましょう。楽しいトリニダード・トバゴの旅にしてください。

Photo by:IZATRINI.com
ライター:MARI KANEKO
監修:伊藤みちる

*Mari Torochacha「海外セレブも参加するトリニダードのカーニバルに挑戦
*Mari Torochacha「コバルトブルーの海に囲まれた国バルバドスの世界遺産
*Mari Torochacha「ジャマイカで女子旅!レゲエ音楽とコーヒー農園

Mari. K

Mari. K

ダンサー・ヘアーメイクアップアーティスト・フォトグラファーなどのフリーランスを紹介するISLAND STAGEを2017年に設立。 自身もダンサーやヘアメイクとして国内外で活動していました。(主に中南米やアメリカ) カリブ海トリニダード・トバゴではソカのコンテストでチームリーダーとして活躍し、グループのメンバーと協力し世界ランキングベスト16位に入賞。国内ではダンスショーレストランの立ち上げ、ダンスプロデュース、CMアクトコンサルト、イベント主催、アーティストバックダンサーなどの実績があります。 現在は拠点をイギリスに移し、Compathy Magazineを通じて世界の音楽や文化を日本の皆さんに伝える活動もしています。



関連する旅行カテゴリ

# ニュース・コラム # 世界の文化 # 海外トピックス # お祭り・フェスティバル # 観光

関連する旅行記事