北欧の自然と歴史が感じられるヘルシンキの天気やおすすめ旅行記ブログを紹介

北欧を代表する人気の観光地、フィンランドの首都ヘルシンキは小さいですがオシャレで落ち着いた雰囲気の港街です。今回はそんなヘルシンキの天気や気候、おすすめ旅行記ブログ、季節のイベントやおすすめスポットを紹介します。

こんにちはCompathy Magazineライターのfuku-chanです。北欧の人気都市フィンランドのヘルシンキは、映画「かもめ食堂」の舞台にもなったオシャレでゆったりとした雰囲気の歴史ある港町です。ヘルシンキは北欧の国の中でも穏やかな気候で四季に応じて様々な自然を楽しむことができます。

今回はそんなヘルシンキの天気や気候、おすすめ旅行記ブログ、季節のイベントやおすすめスポットを紹介。ヘルシンキへ旅行をする際にチェックしておきたい情報満載なので、ぜひ参考にしてみてください。

北欧フィンランドの首都・ヘルシンキの基本情報と年間天気の特徴

Photo credit: Ito Nanasa「ヘルシンキ

北欧フィンランドの首都、ヘルシンキはバルト海に面した人口約60万人の小さな港町です。日本からヘルシンキ行きの直行便もあり、人気の観光都市で、映画「かもめ食堂」の舞台となったオシャレで可愛い街並みや落ち着いた雰囲気が魅力です。フィンランドは四季の差がはっきりとしており、国土の1/3が北極にあるので、冬は寒く長く続きます。夏は暖流の影響で緯度が高いわりに比較的暖かく穏やかです。1年を通じて日照時間の差が大きく、冬至のころは6時間と短く、6月末の夏至のころは最長19時間になります。

 

今日現在のヘルシンキの天気は? 最高・最低気温・風速などをリアルタイムにチェック


下記の「The Weather Channel」のページでは、ヘルシンキの今日現在のリアルタイムの天気を確認できます。
ヘルシンキの気候・天候状況を確認するために活用してみましょう。

■ヘルシンキの今日・現在の天気
>> ヘルシンキの今日の天気

 

ヘルシンキの週間・10日間の天気予報: 気温・湿度・降水確率・風速など

こちらのページでは、今日以降10日間の長期天気予報が確認できます。
これからヘルシンキへの旅行を予定・準備されている方は、暑さ・寒さ、最適な服装の検討に活用してみましょう。

■ヘルシンキの週間・10日間の天気
>> ヘルシンキの10日間の天気

 

ヘルシンキの過去の年間天気:月間ごとの平均気温と降水量一覧グラフ

※参照:気象庁2016年データ

季節別ヘルシンキの天気の特徴とおすすめの服装

ヘルシンキの春:4月・5月の天気の特徴とおすすめの服装

ヘルシンキの春は日本と比べて少し遅く、4月頃から春の陽気が訪れます。気温は日本の初冬くらいで、最低気温が0度くらいになることもあるので、温かい上着をお忘れなく。4月の初めには雪が残っていることもありますので、滑らない靴や厚手のブーツなども必要です。

5月から気温もぐんぐん上がり、暖かい日には気温が20度近くなる日もありますので、Tシャツや長袖シャツ、カーディガンや薄手のフリースなど寒暖の差に対応できる服装を用意すると良いでしょう。

ヘルシンキの夏:6月・7月・8月の天気の特徴とおすすめの服装

ヘルシンキの夏は6月くらいから気温が上昇し、8月にピークを迎えます。日本と比べて雨も少なく、暖かさは日本の春から初夏くらいの陽気で過ごしやすいです。夏は日照時間が長くなり、6月の夏至には日の出が4時前で日の入りが23時頃となり最長19時間にもなります。少し足を伸ばして高緯度の街へ行き、白夜の幻想的な光景を楽しむのもおすすめ。

最も暑くなる8月には最高気温が30度になることもありますが、天気の悪い日や朝晩は肌寒く感じることもありますので、ジャケットやカーディガンなどの羽織るものを用意しましょう。

ヘルシンキの秋:9月・10月の天気の特徴とおすすめの服装

ヘルシンキの秋は春と同じく短く、気温も春と同じくらいの陽気です。9月の終わりになると気温がぐんぐん下がり、冬に近づき日照時間も短くなります。秋の寒さと共に木々も色づき、美しい紅葉の季節に。

秋は春と同じく、日本の初冬ぐらいのイメージです。厚いコートまでは必要ないですが、必ずしっかりとした上着はもって行きましょう。雪がある時期(3~4月、11月)に行かれる場合は滑らない靴のご用意もお忘れなく。年によってはかなり暖かい日もありますので、暖かい衣類ばかりではなく、Tシャツ、長袖シャツ、カーディガン、フリースなど寒暖どちらにも対応できるような洋服をそろえてください。

ヘルシンキの冬:11月・12月・1月・2月・3月の天気の特徴とおすすめの服装

フィンランドは緯度が高く国土の1/3が北極圏にあり寒いですが、暖流の影響があり、同じ緯度のカナダやアラスカと比べると比較的穏やかです。とはいえ、日本と比べるとかなり寒く、気温が0度前後の日が続きますので、防寒対策を忘れずに。凍てつく寒さになるので、長めのダウンコートや暖かいコート、帽子、手袋、マフラーを用意しましょう。

1月は一番寒くなり-15度になる日もあり、地表も凍り、雪に覆われますので足元は滑り止めのついた厚手のブーツやトレッキングシューズも必須です。また、冬は日照時間が短く、冬至のころには日の出が9時半ごろ、日没が15時頃になります。

フィンランドの気候情報まとめ

フィンランドの気候をどのように想像しますか?オーロラやサンタクロースなど冬のイベントを想像したかたもいるかもしれません。北極圏にある国だからといって、年間を通じて極寒ではありません。ベストシーズンを知って楽しむために「白夜にオーロラ!フィンランドの気候って?気候情報と都市別天気情報」を参考にしてみてはいかがですか?

旅の参考に!ヘルシンキの季節別おすすめ旅行記ブログ

雪のヘルシンキ!「『かもめ食堂』ロケ地巡り ヘルシンキ、トランジットの旅」Saera Jinさん(2月)

こちらは2月の真冬にフィンランド航空でロンドンから東京へ行く途中、トランジットでヘルシンキに1泊した様子をまとめたSaera Jinさんの旅行記ブログ。滞在時間24時間以下にも拘わらずヘルシンキ一人旅を目いっぱい楽しんでいます。夜に到着し、ヘルシンキのホテルに宿泊、ホテルの様子も詳しく紹介しています。雪が降る冬のヘルシンキの街並みを歩き、映画「かもめ食堂」のロケ地へ行ってランチを堪能しています。空港のショッピングなど、短い時間の滞在でも楽しめるヘルシンキの魅力が満載です。

旅行記ブログ:「『かもめ食堂』ロケ地巡り ヘルシンキ、トランジットの旅

「バルト三国+ヘルシンキの旅」Takafumi Satoさん(4月・5月)

Photo credit: Takafumi Sato「バルト三国+ヘルシンキの旅

こちらは、じわじわと人気を集めている、フィンランドの南にあるエストニア、ラトビア、リトアニアのバルト三国とヘルシンキを旅した様子をまとめたTakafumi Satoさんの旅行記ブログ。成田からフィンランドのヘルシンキへ、それから南下してバルト三国の各名所を巡っています。

季節は春で、すっきりとした青空とヘルシンキのウスペンスキー寺院や大聖堂が美しいですね。彼のブログは歴史的建造物の写真が見事で、まるで絵葉書のような美しい写真がたくさん紹介されています。

旅行記ブログ:「バルト三国+ヘルシンキの旅

「夏のフィンランドの旅」Yuichi Kudoさん(7月)

Photo credit:Yuichi Kudo「夏のフィンランドの旅

こちらは、夏のフィンランドを7日間に渡ってのんびりとフィンランドを旅したYuichi Kudoさんの旅行記ブログです。Yuichi Kudoさんは添乗員のお仕事や英語のガイドなどをしていて、世界各国を旅して回っており、様々な旅行記を紹介しています。

このブログではフィンランドの自然や田舎町、首都ヘルシンキの観光名所など、感想を交えて詳しい説明が書かれています。アウランコ国立公園やハナヤベシ湖、世界遺産ラウマ旧市街、古都トゥルクなどフィンランドの自然や田舎を満喫。まるでガイドブックのようなわかりやすい説明で、ブログを読んでいるだけでまるで旅している気分を味わえますね。

旅行記ブログ:「夏のフィンランドの旅

ヘルシンキの街並みを紹介!「北欧デビュー フィンランド」Keitasさん(10月)

こちらは10月の秋のフィンランド、ヘルシンキを訪れたKeitasさんの旅行記ブログです。ヘルシンキ駅をスタートしてヘルシンキ大聖堂やウスペンスキー寺院などヘルシンキの観光名所を巡っています。その後、船で世界遺産の島、スオレンミンナ島に渡り、要塞跡地などを見て廻ります。各地の紅葉と美しい街並みが見事でまるで絵葉書のような写真ばかり。思わず散歩がしたくなってしまいますね。ヘルシンキの良さがぎゅっと詰まったブログになっています。

旅行記ブログ:「北欧デビュー フィンランド

1 2
fuku-chan

fuku-chan

国内外問わず旅行大好き!全都道府県制覇まであと少し!いつか世界一周旅行もしたいと夢見るアラサー女子。おすすめの観光地情報をわかりやすくお伝えします。



関連する旅行カテゴリ

# ヘルシンキ # ヘルシンキの観光 # ヘルシンキの天気・気候 # 観光 # 天気・気候 # フィンランド

関連する旅行記事