365日いつでも夏を感じれるカリブ海への持ち物 〜費用と必需品〜

南国と言えば日本から近いアジア圏内、グアム、ハワイなどのアメリカ圏領土を思い出しますよね。しかし今回は日本から半日かけて行くコバルトブルーの海、広く青い空のカリブ海へ行く時の持ち物を皆さんにご紹介します。同じ南国でも必要な物が少し異なるのではないでしょうか。まずは基本的な必需品をリストにしてみました。

Compathy Magazine編集部が送る
\ 今月のおすすめ記事! /

こんにちは!Compathy MagazineのMari.kです。
ここ数年でアメリカ・マイアミ発のカリブ海クルーズが人気上昇中ということもあって、昔よりカリブ海に旅行する人も増えていますね。カリブ海といってもイギリス、フランス、アメリカなどの領土だったこともあり、独立してからの歴史が浅い国が多く、行く場所によって公用語や文化、食も異なります。

国民も明るいイメージのあるカリブ海への旅行の前に、必要な費用と必需品を見直しましょう。

まずは海外旅行や南国で必要な物をリストアップしてみました

Photo credit: Do8y via flickr cc

機内

パスポート/エアチケット/現金/クレジットカード/機内用枕/筆記用具

海・ビーチ

水着セット(タオル・サンダル)/日焼け止め/リップ/ボディクリーム /ヘアーコンディショナー

部屋・ホテル

洋服/帽子/サングラス/歯ブラシ/部屋用バスタオル/ハンドタオル/蚊取り線香部屋用スプレー/

女性

メイク落とし・化粧水・乳液(女性)/生理用品

男性

髭剃り/カミソリ

日本食品

(※特に必要ない人は持って行かなくてもOK)
日本米/塩コショウ/小さめ料理酒/コンソメ/醤油/ポン酢/めんつゆ/素麺

機材

カメラ/携帯/その他レンタルWi-fiなど

風邪薬/ビタミンC/ポカリスエットの粉/救急セット

その他

ジップロック/洗剤/使い捨てスリッパ/水筒/電子辞書

カリブ海で必要な費用はどのくらい?

今回はカリブ海を楽しむために必要な費用を、飛行機代金抜きで考えてみました。飛行機代とホテル代金がセットのパッケージツアーの方はホテル代を抜いた金額を参考にしてください。

カリブ海で贅沢しちゃうおう

Photo credit: Aurimas via flickr cc

食費は行く場所によって値段が異なります。少し綺麗なレストランだと、一人3000円〜5000円くらい。それに比べ、ローカル向けのレストランやショップに行けば700円くらいが相場(※国によって異なります)。

リゾート地で朝、昼、晩、全て外食で考えている方は1日の食事15000〜200000円ぐらいをみておくといいでしょう。ホテル代金も国によって異なりますが、綺麗な場所だと大体1泊15000円〜になります。繁忙期は値段がもっと上がることも。1日多く見て40000円〜(食費、宿、その他)程度と思っておけばOKです。

現地感を楽しみ、安い旅をしたい

Photo credit: Roger W via flickr cc

安く旅をしたい人は1回の外食は700円〜1000円くらいで考えてください。ほとんど都内のレストランのランチ料金と変わりません。朝、昼、晩の外食で1回1000円と考えると、全部で3000円。宿もゲストハウスを選べば1部屋1日5000円と考えましょう。

1日多く見て10000円(食費、宿、その他)。部屋は1泊の部屋料金なので友達と割れば安くなります。

さらに安くカリブ海で過ごしたい人は

日本から持ってきた調味料を使って自炊をすれば、一気に生活費用を抑えることができます。日本で生活していても自炊は安あがりですよね。私は毎回ゲストハウスに泊まっているのでいつも自炊をしています。

大体1ヶ月間の滞在で食費は月に1万円程度。もし1週間くらいの短い滞在でしたら3000円くらいで抑えられるかもしれません。

カリブ海のビーチを巡る

カリブ海に行ったら様々なビーチを巡りたいですよね。そんな時は水着が最低2着はあると便利です(水着が乾かない場合があるので)。また、タオルも日本で売っているすぐに乾くプール用のタオル(セームタオル)もオススメです。

小さいバッグが便利アイテム

Photo credit: Yosomono via flickr cc

カリブ海は国によって治安状況は様々。私が行く国はあまり治安は良いほうではないので、バッグの大きさや持ち方はすごく注意しています。今までで一番使い勝手が良かったバッグは肩かけタイプで脇で挟めるほどの小さいものです。

中にエコバッグを入れておくとスーパーの帰りに荷物を入れて帰ることもでき、歩いている際には手ぶらに見えるので、日本の携帯やちょっとしたお金も入れておけます。

おわりに

今回はカリブ海へ行く際の必要なものをリストアップしてみました。基本的なものをピックアップしたので、それ以外で自分が必要だと思うものを紙に書き出してみるのもよいかもしれません。個人的におすすめなのは蚊取り線香。日本ものはよく効くので持っていくとよいでしょう。

Photo by: Roger W
ライター:MARI KANEKO

*Mari Torochacha「コバルトブルーの海に囲まれた国バルバドスの世界遺産
*Mari Torochacha「ジャマイカで女子旅!レゲエ音楽とコーヒー農園
*Mari Torochacha「海外セレブも参加するトリニダードのカーニバルに挑戦

Mari. K

Mari. K

ダンサー・ヘアーメイクアップアーティスト・フォトグラファーなどのフリーランスを紹介するISLAND STAGEを2017年に設立。 自身もダンサーやヘアメイクとして国内外で活動していました。(主に中南米やアメリカ) カリブ海トリニダード・トバゴではソカのコンテストでチームリーダーとして活躍し、グループのメンバーと協力し世界ランキングベスト16位に入賞。国内ではダンスショーレストランの立ち上げ、ダンスプロデュース、CMアクトコンサルト、イベント主催、アーティストバックダンサーなどの実績があります。 現在は拠点をイギリスに移し、Compathy Magazineを通じて世界の音楽や文化を日本の皆さんに伝える活動もしています。



関連する旅行カテゴリ

# 海外トピックス # 持ち物・準備 # 観光

関連する旅行記事