芸術の都に行く時には何を準備すればいい?ウィーンの天気や服装・観光スポットまとめ

中央ヨーロッパに位置するウィーンは言わずと知れた音楽の都です。中世にまで遡る名建築の数々は今もなお街を彩り、多くの観光客を魅了してやみません。今回はウィーンの天気や服装のヒント、おすすめの観光スポットをご紹介します。

今ならおトクなキャンペーン実施中!
\ CompathyGOバーチャル旅行、はじまりました! /


こんにちは。Compathy MagazineライターのPankoです。 数多くの有名クラシック音楽が生まれた都市、ウィーン。かつてオーストリア帝国で絶大な力を発揮したハプスブルク家によって、栄華がもたらされました。冬は寒いですが、1年を通して過ごしやすい気候です。見応えある建築物が多いので、いつ行っても楽しめますよ。今回はまず、現地の天気や、それに見合った服装をご紹介します。旅をさらに充実させるために、おすすめのブログや季節ごとのイベント、観光スポットもご案内していきますので内容盛りだくさんです!ぜひ事前の準備にお役立てくださいね。

 

■目次

1ページ目
 - オーストリアの首都!ウィーンの基本情報と年間天気の特徴について
 - 今日現在のウィーンの天気は? 最高・最低気温・風速などをリアルタイムにチェック
 - ウィーンの週間・10日間の天気予報: 気温・湿度・降水確率・風速など
 - オーストリア・ウィーンの過去の年間天気:月間の最高気温・最低気温・降水量一覧グラフ
 - オーストリア・ウィーンの季節別の気候・天気の特徴とおすすめの服装

2ページ目: ウィーン出発前に!季節別おすすめ旅行記ブログ4選
3ページ目: 芸術文化が花開く!ウィーンの年間行事・イベント一覧
4ページ目: 芸術と文化が実る街!ウィーンのおすすめ観光スポット5選

 

オーストリアの首都!ウィーンの基本情報と年間天気の特徴について

ウィーンは、オーストリアの首都です。都市単独で一つの連邦州をとっているため、ヨーロッパ有数の世界都市と言われています。日頃ニュースでよく耳にする、OPECやIAEAなどの国際機関が多数置かれていることもその理由のひとつでしょう。

気候は大陸性気候区分に属し、年間を通して湿度が低いのが特徴です。また、日本と同様に四季がありますが、春と秋が短く、冬は北海道よりやや寒くなります。このため、気候が長期にわたって比較的安定している、5月から8月にかけてが観光のベストシーズンです。

 

今日現在のウィーンの天気は? 最高・最低気温・風速などをリアルタイムにチェック


下記の「The Weather Channel」のページでは、ウィーンの今日現在のリアルタイムの天気を確認できます。
ウィーンの気候・天候状況を確認するために活用してみましょう。

■ウィーンの今日・現在の天気
>> ウィーンの今日の天気

 

ウィーンの週間・10日間の天気予報: 気温・湿度・降水確率・風速など

こちらのページでは、今日以降10日間の長期天気予報が確認できます。
これからウィーンへの旅行を予定・準備されている方は、暑さ・寒さ、最適な服装の検討に活用してみましょう。

■ウィーンの週間・10日間の天気
>> ウィーンの10日間の天気

 

オーストリア・ウィーンの過去の年間天気:月間の最高気温・最低気温・降水量一覧グラフ

参照:気象庁2016年データ

 

オーストリア・ウィーンの季節別の気候・天気の特徴とおすすめの服装

ウィーンの春:4月・5月の気候・天気とおすすめの服装

4月と5月はウィーンの春にあたります。 春と言えども、4月は最低気温が0℃を下回る日があります。1日の気温差も大きいため、重ね着が基本です。セーター着用でも大袈裟にはなりません。日中はだいたい5℃~10℃くらいで推移しますので、ストールをバッグにしのばせておくといいですよ。

5月になると日中は15℃程度に上昇しますが、雨の降る日が多くなります。折り畳み傘は常に持ち歩くとよいかもしれません。最低気温は10℃程度ですので、長袖トップスにスプリングコードなどの組み合わせがおすすめです。

 

ウィーンの夏:6月・7月・8月中旬の気候・天気とおすすめの服装

6月から8月はウィーンの夏にあたります。 1年の中で最も気候が安定しており、旅行にぴったりのシーズンです。 ただし、急に寒くなることもありますので、荷物が多くなってしまうと思ってもトレーナーやカーディガンがあると便利です。

また、6月は15℃~20℃程度のため、長袖1枚で過ごすことができます。寒さに弱い方は首に巻くものがあると安心ですよ。

7月は26℃程度まで暑くなりますので、半袖Tシャツで十分です。日差しが強いので、紫外線対策を万全にしましょう。 8月は年によって35℃程度まで上昇するため、体温調整が欠かせません。屋内はクーラーが非常に効いているはずですので、長袖のシャツやカーディガンを常に持ち歩きましょう。

 

ウィーンの秋:8月末・9月の気候・天気とおすすめの服装

8月末と9月はウィーンの秋にあたります。 夏の盛りを終えて、だんだん気温が低下していきますので、服装に一番悩む時かもしれません。 8月末は半袖で行動できますが、雨が降ると急に気温が下がる可能性があります。サッと羽織れるパーカーなどがあると便利ですよ。

6月と同じくらい降水量も多いので、雨具もお忘れなく! 9月は冬に向けて次第に寒くなります。この頃から朝晩の冷え込みが厳しくなるため、コートやジャケットで暖をとるようにしてください。

 

ウィーンの冬:10月・11月・12月・1月・2月・3月の気候・天気とおすすめの服装

10月から3月まではウィーンの冬にあたります。 最低気温が10℃を下回るようになり、3月までは厳しい寒さの日々が続きます。日照時間が短いので、真冬仕様の服装が必須です。 10月中旬までは、長袖に軽めのジャケットで対応できます。下旬からはぐっと冷え込みがきつくなりますので、セーターやタートルネックが良いでしょう。

11月と12月は日本の1月・2月と同じような気候です。小物をうまく使って足や首を冷やさないことが大事です。 1月から3月は最低気温が氷点下を下回る日もあります。あったかい素材のインナーから上着まで、しっかりと着込んでください。

 

芸術の都!オーストリアの気候情報まとめ

大自然に囲まれたウィーン。芸術の都として観光を楽しむだけでなく、アウトドアも盛んなのはご存知ですか?アウトドアで楽しむためにも、「音楽だけじゃなくアウトドアも!オーストリアでのおすすめの服装&気候」でオーストラリアの気候情報をチェックしてみてはいかがですか?

 

1 2 ... 4
今ならおトクなキャンペーン実施中!
\ CompathyGOバーチャル旅行、はじまりました! /


Panko

Panko

日本酒での晩酌をこよなく愛するOLです。よろしくお願いします。



関連する旅行カテゴリ

# ウィーン # オーストリア # ウィーンの天気・気候 # 観光 # 天気・気候

関連する旅行記事