観光のベストシーズンは?インドの気候と地域別のお天気情報まとめ

インドはタージ・マハルや30を超える世界遺産と、スパイシーなグルメで人気の観光地。今回はそんなインドの季節ごとの気候やおすすめの服装、地域別のお天気、旅行のベストシーズンについて紹介します。

今ならおトクなキャンペーン実施中!
\ CompathyGOバーチャル旅行、はじまりました! /


こんにちは。Compathy Magazineライターのhamです。
インドに海外旅行と聞けば暑くて時には大雨も降って大変、というイメージを持たれる方が多いかもしれません。しかし、インドにも雨もあまり降らず気温も高くなく過ごしやすい季節があるんです。さらに国土も広く、北はヒマラヤに接した気候から南は熱帯性の気候まで幅広いのが特徴です。
インドはタージ・マハルやエローラ石窟群など数多くの世界遺産があり、スパイシーなグルメでも有名ですね。今回はそんなインドの魅力を楽しめるよう季節別や地域別の気候、適切な服装を紹介します。

 

■目次

1ページ目
 - 気候帯・気候区分が6つもある!?インドの年間気候と天気の特徴ついて
 - インド・デリーの過去の年間気候:月間の平均気温と降水量一覧グラフ
 - インド・ムンバイの過去の年間天気:月ごとの平均気温と降水量一覧グラフ

2ページ目: インドの月別の天気や気候の特徴とおすすめの服装一覧
3ページ目: デリーとムンバイの気候・最新天気予報

 

気候帯・気候区分が6つもある!?インドの年間気候と天気の特徴ついて

日本でも北海道と沖縄の気候が全く違うように、さらに国土の広いインドでは様々な気候が存在します。
そんなインドの気候は6つに分けられるとされています。ヒマラヤに接した北部の高山性ツンドラ氷河気候や西部に乾燥砂漠気候、中部のサバナ気候、ムンバイあたりの熱帯モンスーン気候、南西部や島々の湿潤熱帯気候、雨季と乾季がはっきりとわかれたサバナ気候です。

地域によって気温や降水量が様々なので、目的地によって選ぶべき服装も変わってきます。

また、インドには日本とは違った四季があり、1月~2月の冬、3月~5月の夏、6月~9月のモンスーン(雨季)の季節、10月~12月のモンスーン明けの季節に分けられます。しかし、大きく乾季と雨季の2つに分けることができます。

 

インド・デリーの過去の年間気候:月間の平均気温と降水量一覧グラフ

※参照:気象庁2014年データ
※ニューデリー近隣都市のため参照

 

インド・ムンバイの過去の年間天気:月ごとの平均気温と降水量一覧グラフ

※参照:気象庁2014年データ

1 23
今ならおトクなキャンペーン実施中!
\ CompathyGOバーチャル旅行、はじまりました! /


ham

学生時代は国内外を自転車で走り回り、卒業後は大手カフェチェーンで10年勤務し独立しました。現在は京都で観光事業の立ち上げ準備やライターなど様々な活動をしています。 ブログ:http://ameblo.jp/55kyoto



関連する旅行カテゴリ

# インドの天気・気候 # 天気・気候 # インド

関連する旅行記事