南米最大の注目都市!サンパウロの季節別天気服装とおすすめ観光情報まとめ

サンパウロは、南米最大の規模を誇るブラジルの1都市。1年を通して温暖な気候が特徴ですが、1日の中の寒暖差や変わりやすい天気には注意が必要です。今回は、サンパウロの季節ごとの天気・服装とおすすめ観光情報を紹介します。

Compathy Magazine編集部が送る
\ 今月のおすすめ記事! /

こんにちは。Compathy Magazineライターのmakiです。
南米ブラジルの南東部に位置するサンパウロは人口、経済ともに南米最大の都市。その規模にふさわしく、さまざまな魅力的が溢れる人気の街です。1,100万人を超える人口は”人種のるつぼ”と呼ばれるほど多様な人種で構成されており、また日系移民が多く住むリベルダージと呼ばれる日本人街があることでも知られています。
今回はそのサンパウロについてのお天気と季節ごとの服装、加えて数ある魅力的なイベントやおすすめ観光スポットをご紹介します。

北欧有数の世界都市!ブラジル・サンパウロの基本情報と年間天気について

Photo credit: Diego Torres Silvestre via flickr cc

人口1,100万人を超えるメガシティであるサンパウロは、ブラジルでは首都リオデジャネイロを凌ぎ、また南半球においても最大の規模を誇る世界都市。ブラジルの南東部に位置しており、サンパウロ州の州都としての顔も持ちます。
南アメリカ最大の経済・流通の中心地であるサンパウロの市街地は、高層ビルが立ち並び近代的な大都会! 日本やアメリカ、スペインやドイツなど世界中の大企業や金融機関が古くから多数進出し現地でオフィスを構えています。
サンパウロにはイタリア系、ポルトガル系、ドイツ系、日系などを中心に世界中の人種が集まっており、その様はまさに人種のるつぼと呼ぶにふさわしいでしょう。多種多様な文化が混在し南米を代表する文化の発信地として注目される都市ですね。

サンパウロは温暖湿潤気候に属し、1年を通じて変化に富む気候が特徴。夏は気温が30℃を超えることもありますが、冬は10℃以下になり霜が降ることもあります。一方で平均最低気温は常に10℃を超えているので、日本の東京と比べても年間を通して暖かい気候を感じることができまよ。

 

今日現在のサンパウロの天気は? 最高・最低気温・風速などをリアルタイムにチェック


下記の「The Weather Channel」のページでは、サンパウロの今日現在のリアルタイムの天気を確認できます。
サンパウロの気候・天候状況を確認するために活用してみましょう。

■サンパウロの今日・現在の天気
>> サンパウロの今日の天気

 

サンパウロの週間・10日間の天気予報: 気温・湿度・降水確率・風速など

こちらのページでは、今日以降10日間の長期天気予報が確認できます。
これからサンパウロへの旅行を予定・準備されている方は、暑さ・寒さ、最適な服装の検討に活用してみましょう。

■サンパウロの週間・10日間の天気
>> サンパウロの10日間の天気

 

サンパウロの過去の年間天気:月間の平均気温と降水量一覧グラフ

※参照:気象庁2016年データ

ブラジルの気候情報まとめ

サッカーやカーニバルが有名なブラジル。2016年のリオオリンピックも記憶に新しい、旅行先としても選択肢の一つに入れてみたくなる国です。ブラジルに向かう前に、「まさに今が旬!ブラジルの気候とおすすめ観光都市のまとめ」を参考にしてみてはいかがですか?

サンパウロの季節別の気候・天気の特徴とおすすめの服装

Photo credit: Diego Torres Silvestre via flickr cc

サンパウロの春:9月・10月・11月の気候・天気とおすすめの服装

サンパウロは南半球に位置するため、北半球の日本とは季節が逆転します。そのため日本では秋にあたる9月・10月・11月はサンパウロでは春になります。
標高800mとやや高地にありますが、この時期は1日の平均気温が20℃前後と過ごしやすい気候が特徴。日中は半袖でも過ごせるほど気温が上昇するので、サンパウロ旅行のベストシーズンと言えるでしょう。冬が明け日没は18~19時すぎとだんだんと長くなり気温も暖かくなる一方、朝晩はまだ肌寒さを感じる日が続きます。特にまた気温の上がりきらない春先の9月はジャケットやカーディガンなど1枚羽織れるものを持っておくと安心です。

サンパウロの春は、ブラジルの国花である”イペー・アマレロ”の黄色い花が咲き乱れる季節でもあります。ブラジルでは春の訪れを感じさせてくれる花として親しまれているので。この時期にサンパウロを訪れる人はぜひチェックしてみましょう。

サンパウロの夏:12月・1月・2月・の気候・天気とおすすめの服装

12月・1月・2月のサンパウロは1年で最も暑い時期である夏を迎えます。最高気温は35℃を超えることもあり日差しも強くなります。またこの時期は1日に四季があると言われるほど気象の変化が激しいのも特徴ですので、寒暖差に備えた服装を用意したいですね。
夏は1年でもっとも日の長い時期でもあり、日没は20時前と屋外で活動できる時間も長くなります。訪れる際の服装は基本半袖Tシャツなど夏服で大丈夫ですが、日差しが強いためサングラスや帽子、日焼け止めなどの紫外線対策は必須です。また比較的湿度が低いため、日の当たらない場所ではかなり涼しく感じることも。羽織ものを持っておくと良いでしょう。

またこの時期は突然のスコールが降ることも多く、特に1月~2月は1年で降水量の多い時期でもあります。突然の雨に備えて、傘やかっぱなどの雨具なども準備しておきたいですね。

サンパウロの秋:3月・4月・5月の気候・天気とおすすめの服装

日本では春を迎えるこの時期、サンパウロでは気温がだんだんと下がり秋の季節に突入です。平均気温が20℃前後と過ごしやすく、春と同じくサンパウロ旅行のベストシーズンと言えるでしょう。
この時期の朝晩は10℃前後まで冷え込むこともあるので、ジャケットやカーディガンなど羽織ものを用意しておくと安心です。
5月頃の晩秋になれば、気温が10℃近くになることもあり、防寒対策も必要になってきます。日没も5時半前後となり、いよいよ冬を到来思わせる季節。初秋の3月頃と比べて気温も下がってきますので、この時期に訪れる際は寒暖の差に対応できるセーターやカーディガン、外出の際はジャケットなどの重ね着がおすすめです。

サンパウロの冬:6月・7月・8月の気候・天気とおすすめの服装

6月・7月・8月の時期に冬を迎えるサンパウロで特に注意が必要なのは乾燥です。平均気温は15℃前後ですが、かなり乾燥していることに加え、建物内ではあまり暖房を使う習慣もないため体感温度はかなり寒く感じます。
服装は日本の冬同様セーターやコートなど防寒着を用意しておくことが必要です。また1日のなかで寒暖の差があるので、脱ぎ着で体温調節のしやすい服装がおすすめです。
かなり乾燥しているため、水分補給やお肌の乾燥対策なども準備しておくと安心でしょう。

1 2
maki

maki

今までに行った国は20カ国。 各国で素敵な人たちに出会い、興味深い文化や歴史を知り、息を呑む風景を目の当たりにしました。その経験は五感をフル回転させて新しい視点を持たせてくれました。 一人一人が豊かな時間を過ごすこと、それは世界中が幸せになる一歩!! と願いを込めて記事をお届けしたいと思います。



関連する旅行カテゴリ

# サンパウロの観光 # サンパウロの天気・気候 # ブラジル # ブラジルの観光 # サンパウロ # 観光 # 天気・気候

関連する旅行記事