大自然を望むグランドキャニオン!季節の天気や服装・イベント・観光スポットまとめ

グランドキャニオンはアメリカアリゾナ州北部にある渓谷。大自然の景色がすばらしく、多くの観光客が訪れる名所。そんなグランドキャニオンの現在・1週間の天候、年間を通じた季節・月ごとの天気やおすすめの服装、イベントや観光スポット情報などをご紹介します。変わりやすい大自然のグランドキャニオンへの旅行前の準備に活用しましょう!

Compathy Magazine編集部が送る
\ 今月のおすすめ記事! /

こんにちは。Compathy MagazineライターのTENSAIKOALAです。
グランドキャニオンといえば、大きな渓谷を思い出す方も多いでしょう。このグランドキャニオン国立公園は、世界遺産にも登録されています。ラスベガスからも近く、一度は訪れたいところです。しかし、グランドキャニオンには多くのビューポイントがあり、それぞれの場所で異なる見どころがあることを知らない方も多いのではないでしょうか。

また、1年を通じてさまざまなイベントも行われているので、くり返し訪れたいところでもあります。今回は、そんなグランドキャニオンの季節ごとの気候や天気、服装、ビューポイントなどをまとめました。グランドキャニオンへの旅行の計画をたてるときには、ぜひこの記事を参考にしてください。

 

■目次

1ページ目: 世界遺産・グランドキャニオンの基本情報と年間天気について、今日・明日の天気は?グランドキャニオンの週間天気予報・気温・降水確率(10日間)

2ページ目: グランドキャニオン(アリゾナ州)の過去の年間天気、グランドキャニオンの季節別の天気や気候の特徴とおすすめの服装

3ページ目: グランドキャニオンのイベント一覧

4ページ目: グランドキャニオン国立公園内の絶景スポット3選 その1

5ページ目: グランドキャニオン国立公園内の絶景スポット3選 その2

 

世界遺産・グランドキャニオンの基本情報と年間天気について

グランドキャニオンはアメリカアリゾナ州西北部にある渓谷で、雄大な自然美を見ることができます。その広大な渓谷の大きさと言えば全長450㎞、幅は最大部分で29㎞、深さ1,600mにもなり、まさに圧巻の渓谷です。この景色は何百年もの年月をかけて、コロラド川によって大地が水蝕されてできたまさに自然の不思議です。
そんな、グランドキャニオンを含むグランドキャニオン国立公園は1979年に世界遺産に登録され、アメリカ有数の観光名所でもあります。グランドキャニオンは比較的行きやすい場所にあり、ラスベガスからの日帰りツアーも人気です。

グランドキャニオンはノースリム(北壁)とサウスリム(南壁)に分かれています。標高も異なり、サウスリムでは2,134m、ノースリムは2,499m。もちろんで気候や天気は異なります。サウスリムは比較的気候・天気が穏やかで、年間を通して観光できます。ノースリムはサウスリムより標高が高く降雪量が多いため、冬場は閉設されます。

 

今日現在のグランドキャニオンの天気は? 最高・最低気温(摂氏)・風速などをリアルタイムにチェック


下記の「The Weather Channel」のページでは、グランドキャニオンの今日現在のリアルタイムの天気を確認できます。
グランドキャニオンの気候・天候状況を確認するために活用してみましょう。

■グランドキャニオンの現在の天気
>> アメリカ・グランドキャニオンの今日の天気

 

グランドキャニオンの週間・10日間の天気予報: 気温(摂氏)・湿度・降水確率・風速など

こちらのページでは、今日以降10日間の長期天気予報が確認できます。
これからグランドキャニオンへの旅行を予定・準備されている方は、暑さ・寒さ、最適な服装の検討に活用してみましょう。

■グランドキャニオンの週間・10日間の天気
>> アメリカ・グランドキャニオンの10日間の天気
1 2 ... 5

tensaikoala

大阪在住。旅行先の博物館で、その街の歴史を知るのが好きです。



関連する旅行カテゴリ

# グランドキャニオン # アリゾナの天気・気候 # 海外旅行・国内旅行 # アメリカ合衆国の天気・気候 # 天気・気候 # アメリカ合衆国の観光

関連する旅行記事